CPOとは-デジタルマーケにおける意味とCPAとの違い、改善方法について-

様々な広告効果が数値化されるデジタルマーケティング業界の中でも、CPAとCPOは重要な指標と言われています。
今日は特にECや健康食品などの通販業界で使われる事が多いCPOについてまとめました。

CPOとは、注文を1件獲得する為にかかる費用のこと

CPOとは、Cost Per Orderの略語で、注文1件を獲得するにあたり必要となる費用です。
後に記述しますが、類似指標であるCPAとほぼ同義の意味になります。
注文を獲得するために企業は、広告を出稿するなどの販売活動にかかる費用が必要になります。
その費用の合計と注文を獲得した総数で割った金額がCPO(=注文1件を獲得するにあたり必要となる費用)になります。
前述でも述べましたが、CPOは基本的に通販業界で用いられる指標です。

CPOの計算方法

CPOを算出するには、下記の計算式を用います。
計算式:広告出稿費用÷注文件数=CPO
例えば、商品Aを拡販するために100万円の広告費を使い、100件の注文を獲得した場合はCPOは10,000円になります。

CPAとの違い

類似指標であるCPA(=Cost Per Acquisition)との違いが議論に上がる事が多いですが、この2つの指標は厳密に定義されているわけではなく、ほぼ同義の意味と思っていただいて問題ないです。
しかしながら、ECや通販業界で実施される2ステップマーケティングにおいては、CPAとCPOを明確に定義している場合が多いです。
2ステップマーケティングとは、広告出稿時の新規ユーザー獲得にはサンプル品を購入させ、その後のCRMによって本商品や定期商品の購入に繫げるマーケティングのことです。
算出する指標が2つに分かれているため、この場合は広告出稿金額におけるサンプル購入数をCPAとして算出し、その後の定期購入者の総数をCPOとして算出しています。
基本的には目標とする指標が1つの場合はCPAを指標にしておき、
ECや通販業界等、新規顧客獲得よりも上位のオファーが存在する場合はCPAとCPOを指標としてマーケティング活動を行っていくと良いでしょう。
また、CPAやCPOといった概念を用いる際には、何をKPI(目標、ゴール)とするのか、チーム内で議論する必要があります。

CPOの改善において重要な関連指標まとめ

最終的なゴールとなる指標がCPOになりますが、そのCPOを算出するまでに様々な指標が絡んでいます。
そこでCPOを改善するために見ておきたい別指標をまとめました。
以下の指標が改善されればされるほど最終的な指標であるCPOも改善されますのでCPOの悪化で悩んでいる方は参考にしてみてください。

CPA

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略語で、コンバージョン(CV)1件に対する広告コストのことです。
こちらが改善されればされるほど、低単価で見込み客が獲得出来るので、その分CPOも良くなります。
CPAは下記に挙げている、CVRCTRによって変わってきますのでこちらも重要視すべき指標であり
目標とする指標が1つしか無い場合は、CPAが最重要指標になる事が多いです。

CVR

CVRとは、Conversion Rateの略語で、コンバージョン率のことです。
こちらが改善されればされるほど、商品が注文される可能性が高くなるので、その分CPOも良くなります。
CVRはLPに起因することが多く、細かい改善ポイントがたくさんあります。
CVRが高いLPを作成するポイントとしては、お客様目線で買いやすい・買いたくなると思えるようなLPを作成することです。

CTR

CTRとは、Click Through Rateの略語で、クリック率のことです。
こちらが改善されればされるほど、クリックが増えてお客様がLPに飛ぶ可能性が高くなるので、その分注文数も増えてCPOも良くなります。
CTRはバナーなどの広告クリエイティブに起因することが多いです。

まとめ

如何でしたでしょうか?
CPOは、デジタルマーケティング業界、特にEC・通販業界においては最重要指標になっています。
改善するための見直すべき指標はとてもシンプルですが、どれも細かいものでありすぐに劇的な改善は見込めません。
日々、仮説検証を立てて、ABテストを行い、自社独自の最適化されたバナー・LPを作成していく事がとても大切です。

【関連記事】

CPAとは
CVRとは
CTRとは

LPとは

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    LINEの友達追加でも転職のご相談ができます。

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。