その他の記事

効果指標

CPIとは-その意味と計算方法、考え方-

デジタルマーケティング業界には、アルファベットの三文字専門用語が嫌になるほど(笑)沢山存在します。今日は、その中の一つ、CPIについてまとめました。

CPIとは、1インストールあたりの広告コストのこと

CPIとは、Cost Per Installの略で、1インストールあたりの広告コストのことです。
リワード広告で用いられることが殆どで、主にアプリマーケティングにおいて用いられる指標となります。アプリ以外の商材やサービスにおける、「CPA」とほぼ同義の意味を持ちます。

CPIは広告施策のみならず、オフラインでのブランディングやアプリそのものの魅力、ユーザーレビューなども重要です。ユーザーレビューがあまりに低いと、CTRがどれだけ高くとも、CVRが低下してしまいます。そうすると、CPIが高騰してしまいます。アプリそのもののクオリティが非常に重要ということです。

CPIの計算方法

CPIを算出するには、下記の計算式を用います。

計算式:広告出稿費用÷インストール数=CPI

300,000円の広告出稿費用をかけてインストール数が3000だった場合、CPIは100円ということになります。

CPIに囚われるだけでなく、その後のユーザー課金に目を向けることが重要

アプリマーケティングにおいては、とにかくCPIを下げて、沢山のインストールを獲得することに重きが置かれがちです。しかし、アプリにおいては、ユーザーがアプリをインストールしたその後の課金金額が重要です。課金をせずにすぐにアプリを削除してしまうユーザーを沢山獲得しても意味はありません。

コストがかかっただけで、無駄な広告費を支払ってしまっている状態です。すなわち、質の高いユーザーを獲得することが本質的には重要で、そうすることでROASが最適化され、初めて意味のある広告施策になり得るということです。

その為には、データを活用し、最適なユーザーに対し最適な広告施策を打つことが非常に重要です。解析ツールを用いたユーザーのアプリ内での動作分析などを広告施策に活かし、ターゲティングに重きを置いた広告施策を実施することが大切です。

まとめ

如何でしたでしょうか?アプリマーケティングを行うマーケターにとっては、CPIは毎日耳にする重要指標です。デジタルマーケティングにおいては、短期的な費用体効果やコスト圧縮に目が向けられがちですが、それ以外の相関関係にある指標に目を向けて、本質的な課題解決を行う事が重要です。

【関連記事】
リワード広告とは
ブースト広告とは
ROASとは

人気記事

  1. ブースト広告とは-その意味とリワード広告との違い、アプリマーケテ…
  2. DWH(データウェアハウス)とは-その意味とデータベース・データ…
  3. PV(ページビュー)とは-その意味と類似指標との違いについて-
  4. ブランドリフトとは-その意味と、調査方法、調査項目について-
  5. LTVとは-デジタルマーケにおける意味と計算方法、事例について-…
  6. MA(マーケティングオートメーション)とは-その意味と主要なMA…
  7. ピギーバック(PiggyBack)とは-その意味と仕組み-
  8. リファラーとは-その意味とリファラが取れない要因、Googleア…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP