外資系広告代理店 世界売上高ランキングTOP10

外資系広告代理店への就職及び転職を検討している方に向けて、外資系広告代理店の売上高ランキングTOP10(日本含む)をまとめました。事業内容や規模について詳しく記載しておりますので、ぜひ比較検討の際の参考にしてみてください。

WPPグループ

売上高第1位のWPPグループは、イギリスのロンドンに本拠地を置く広告代理店グループで、売上高は約2兆円です。
111ヶ国において事業を展開しており、従業員は10万人以上です。

元々はワイヤー&プラスチック社という名前でワイヤー製買い物かごの製造を行っており、現在の社名はその略称になっています。

事業内容としては、広告及び投資管理事業、消費者インサイト事業、広報公務事業及びブランディング・アイデンティティ、ヘルスケア・専門通信事業といったものを中心に展開しています。

https://www.wpp.com/

オムニコムグループ

売上高第2位のオムニコムグループは、アメリカのニューヨークに本社を置く広告代理店グループで、売上高は約1.6兆円です。100ヶ国以上の国で事業を展開しており、従業員は7万人以上です。

「BBDO」や「TBWA」などの世界的な企業をグループ傘下に持っています。

事業内容としては、子会社を通じて、広告企画及び制作、ブランド・企業イメージ構築、モバイルマーケティング、データベース管理等といったマーケティング関連サービスの他、企業広報、投資家向け広報活動、人材募集等のコーポレートコミュニケーション関連サービスを展開しています。

https://www.omnicomgroup.com/

ピュブリシス・グループ

売上高第3位のピュブリシス・グループは、フランスのパリに拠点を置く広告代理店グループで、売上高は約1.1兆円です。100ヶ国以上で事業を展開しており、従業員は8万人以上です。

1926年に設立された老舗企業で、第二次世界大戦後に急成長を遂げました。

事業内容としては、クリエイティビティとテクノロジーを活用し、コミュニケーションズ、メディア、サピエント、ヘルスケアの4つのサービスを中心に展開しています。

https://www.publicisgroupe.com/en

インターパブリック・グループ

売上高第4位のインターパブリック・グループは、アメリカのニューヨークに拠点を置く広告代理店グループで、売上高は約8,300億円です。100ヶ国以上で事業を展開しており、従業員は5万人以上です。

キャンエリクソン、オクタゴン・ワールドワイドといった企業を傘下に持ち、日本の博報堂と業務提携を行っています。

事業内容としては、広告宣伝、マーケティングサービス、スポーツ・エンターテイメントマーケティング、コンサルティング等を展開しています。

https://www.interpublic.com/

電通

売上高第5位の電通グループは、日本の東京に拠点を置く広告代理店グループで、売上高は約6,900億円です。従業員は6万人以上です。

日本国内では最大規模の広告代理店で、売上高は国内2位の博報堂の約4倍であり、「広告界のガリバー」という異名を持っています。

事業内容としては、マーケティング、クリエイティブ、プロモーション、メディア、コンテンツ、PR、ショーケース等を展開しています。

https://www.dentsu.co.jp/

アクセンチュア

売上高第6位のアクセンチュアは、アイルランドのダブリンに拠点を置く企業で、売上高は約3,000億円です。

フォーチュン・グローバル500に選ばれており、世界120ヶ国以上の国の企業を顧客として持つ多国籍企業です。

事業内容としては、戦略、IT、デジタル広告などのコンサルティングの他、システム設計、開発、運用等のITサービスも展開しています。

https://www.accenture.com/ie-en

ハバス

売上高第7位のハバスは、フランスのパリに拠点を置く企業で、売上高は約2,600億円です。

母体となった元の企業は1835年に設立されたため、累計で180年以上となる老舗の企業です。

事業内容としては、広告、マーケティング、デザイン等を展開しています。

https://www.havas.com/

アライアンス・データ・システムズ

売上高第8位のアライアンス・データ・システムズは、アメリカのテキサスに拠点を企業で、売上高は約2,350億円です。

主にアメリカとカナダに顧客を持っています。

事業内容としては、顧客ロイヤルティー・プログラム及び航空会社マイル・プログラム、マーケティング戦略のコンサルティング、クレジットカード等を展開しています。

https://www.alliancedata.com/home/

IBM

売上高第9位のIBMは、アメリカのニューヨークに拠点を置く企業で、売上高は約2,340億円です。

戦略コンサルタント、組織変革プロジェクトマネージャー、UIデザイナー等幅広い職種の人材を抱えています。

事業内容としては、グローバルテクノロジーサービス、ITコンサルティング、ソフトウェア等を展開しています。

https://www.ibm.com/jp-ja?lnk=m

博報堂DYホールディングス

売上高第10位の博報堂DYホールディングスは、日本の東京に拠点を置く広告代理店グループで、売上高は約2,000億円です。

日本国内では、電通に次ぐ2番目の規模です。

事業内容としては、マーケティング、クリエイティブ、アクティベーション、PR、コンサルティング等を展開しています。

https://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

いかがでしたでしょうか。今回は、外資系広告代理店の売上高ランキングTOP10をご紹介しました。

ぜひ本記事を参考にしていただき、就職や転職の検討にお役立ていただければ幸いです。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    LINEの友達追加でも転職のご相談ができます。

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。