その他の記事

効果指標

CPAとは-その意味と計算方法、ROASとの違い-

デジタルマーケティング業界には、アルファベットの三文字専門用語が嫌になるほど(笑)沢山存在します。今日は、その中の一つ、CPAについてまとめました。

CPAとは、コンバージョン(CV)1件に対する広告コストのこと

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略語で、コンバージョン(CV)1件に対する広告コストのことです。

インターネット広告業界の中で最も重要視されている指標であり、インターネット広告の効果を測るうえでは外せない指標です。
CPAが高い=低利益
CPAが低い=高利益
という事になります。

CPAの計算方法

CPAを算出するには、下記の計算式を用います。

計算式:広告出稿費用÷総CV数=CPA
例えば、30万円をつかって広告を出稿したとして、コンバージョンが1000件であれば、CPAは300円になります。

ROAS、ROIとの違い

CPAと混同しがちなのが指標として、ROASROIが挙げられます。
ROASは、広告経由で発生した売り上げを広告費用で割った指標で、売上げベースで広告の費用対効果を示す指標です。

ROIは、投資した資本に対して得られる利益の割合を示す、利益ベースで広告の費用対効果を知るための指標です。

CPAは、広告を出稿する目的・ゴール地点であるコンバージョンベースで広告の費用体効果を測る指標となります。

まとめると、

ROI=広告費に対して得られた利益を示す
ROAS=売上げベースで広告の費用対効果を示す
CPA=コンバージョンベースで広告の費用体効果を示す

ということになります。

まとめ

如何でしたでしょうか?CPAは、広告の効果を測定するうえで非常に重要な指標です。一方、CPAに囚われてしまうと、潜在的な課題を発見できずに、最適な広告施策の運用が出来なくなってしまうこともあります。その他の重要指標も踏まえて、最適なKPIを設計することが大切です。

【関連記事】
ROASとは
ROIとは
CVとは

人気記事

  1. セッションとは-デジタルマーケティングにおける意味、PVとの違い…
  2. ネイティブアドとは-その意味と種類、インフィード広告との違いにつ…
  3. インフィード広告とは-その意味と効果を上げるポイントについて-
  4. DSPとは-デジタルマーケにおける役割とその仕組み、企業一覧-
  5. EFOとは-その意味と事例、改善ポイント、代表的なツール-
  6. ビューアビリティ(Viewability)とは-その意味とアドフ…
  7. MA(マーケティングオートメーション)とは-その意味と主要なMA…
  8. ブランドリフトとは-その意味と、調査方法、調査項目について-

友だち追加

最新記事

PAGE TOP