未経験からプログラマーになるには!転職成功法を5ステップで解説

今回は、未経験でプログラマーへ転職をする人のための転職ガイド記事です

近年IT業界は転職先として高い人気を誇りますが、人気を支える「プログラマー」もその中で人気の職種のひとつです。

しかし未経験からプログラマーへの転職は

「転職を成功させれるだろうか…」

「私の年齢でも大丈夫?」

この様な不安を浮かべる人も少なくないでしょう。

そこで本記事は下記内容をご紹介。

✔︎ 本記事を読むとわかること

・プログラマーの年収・将来性・待遇などの基礎知識
・未経験者が「上手に」プログラマーに転職する方法
・プログラマーエンジニアとの違いについて
・未経験転職者によくあるQ&A

 
読者の皆さんが【プログラマーについての基礎情報を理解】し【失敗しない対策を踏まえて転職活動がスタート】できる様に段階を踏んで解説していきます。

転職前の参考にぜひご覧ください。

未経験の業界への転職はdigireka!もおすすめ

未経験業種の転職はマーケティング業界経験者がコンサルタントとして在籍している「digireka!」もおすすめです。

各分野のトッププレイヤーからサポートを受けられる、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現。

未経験からプログラマーには転職できる?

結論として、未経験からプログラマーへ転職を叶えることは可能です。

しかし「未経験」という捉え方を、転職者側と採用側では違う認識をもっている人が多いので注意が必要です。

採用側が認識する未経験とは「プログラミングについて全くの知識がない人」ではなく、「知識はあるけど実務経験がある人」をさす場合がほとんどです。

したがって「未経験で転職ができる」というのは、事前にプログラミンの知識や用語に対する理解は最低限持った状態で活動を行えば可能と認識しておきましょう。

ときたま「入職後研修を行うので未経験OK」という求人もありますが、数でいうとかなり少数であり即戦力を求められる中途採用者であれば、内定率向上を考えると最低限の事前学習は必要となるでしょう。

未経験プログラマーの現実は?待遇と将来性を解説

では、未経験からプログラマーになると待遇や将来性はどのようになるのかをご紹介していきます。

平均年収

まず経験者を含むプログラマーの平均年収は20代で390万円、30代で458万円となります。

20代に視野を当てて解説してみると、経験者の月額給料はおよそ25〜27万円というイメージになります。

(引用:doda SE・プログラマの平均年収|エンジニア(IT・通信))

ではこれを未経験者に置き換えてみましょう。

ハローワーク(東京都中央区)の求人も参考にすると、未経験プログラマーの月給は経験者より1〜5万円程度下がり18〜22万円程度となります。

年収換算してみると300万円〜330万円程度になるのではと予想され、客観的にみても高水準とは言えません。

未経験となると年齢は関係なく一律のスタートになるケースが多いため、転職する年齢によっては大幅に年収ダウンする可能性も否めないでしょう。

しかし上記資料では30代後半になると500万円代の年収になることも期待でき、キャリアアップ次第では最大で1000万円代も夢ではない職業です。スタートは低いですが、年収面の将来性は高いと言えるのではないでしょうか。

将来性

「プログラマー」という職種に関しての将来性だけでいうとまだまだ需要も高く、将来性もある職種であると言えます。

しかし「未経験者からプログラマーへ転職する人」の将来性はその人次第となってしまうでしょう。

理由としては、エンジニア職は常に自身のスキルを磨き続け、流行りの手法を敏感にインプットする向上心と努力が強く必要とされる職業であるからです。

未経験ともなると、経験者以上の努力が必要となるため、向上心を持って仕事に臨めない方は途中離脱もあり得ます。

プログラマーとしての将来性を左右するポイントとして転職先を上手に選ぶことも必要です。

しかし転職後に努力を積み、いかにキャリアアップを図り将来性を高められるかは自分次第となる部分が大きいのです。

未経験エンジニアの詳しいキャリアプランについては>>増えすぎ?未経験エンジニアの事実と失敗しないキャリアプランを紹介にて詳しくご紹介しています。

未経験からプログラマー転職で失敗しないための対策4つ

未経験者でも事前学習を行えば転職は可能ですが、肝心なのは転職を「成功」させる」こととなります。

成功の観点は人によりことなりますが、転後も活躍できてプログラマーとして生活・ステップアップできて初めて成功したと言えるのではないでしょうか。

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、転職の事前対策として以下の4つのポイントを意識しましょう。

その①:事前知識をつける

前述でもお話ししましたが、未経験者の転職で事前知識をつけることは必須です。

事前知識とは大きく分けて【スクールに通う】【資格を取る】の2つに分かれます。

転職前の時間に余裕があるのであれば、スクールに通った後に認定資格をいくつかとると転職先もスムーズに決まります。

現在は様々なスクールがありオンライン対応はもちろん、修了後に転職サポートがついている物もあるためサポート内容も含め検討してみると良いでしょう。

近年はYouTubeなどで無料動画もあがっているので、金銭に余裕がなければ自己学習でも最低限の知識はつきます。しかし信頼性とサポート内容を考えると安くともスクールに通う方がメリットは大きいでしょう。

スクールに関しては高ければ良いというものではありませんが、自己投資と考え、無料ではなく有料ツールをつかうことをおすすめします。

その②:転職条件を整理しておく

未経験の転職で落とし穴となるのが転職の条件の整理です。

「未経験で受け入れてもらえるのなら」と条件を決めずに転職先を決めてしまうと、収入の大幅な低下・不規則な勤務時間・社会保険や残業代の有無を確認できず、転職後に条件のギャップを感じ失敗となるケースも。

もちろん雇用条件だけの話ではなく「将来どうなりたいか」「やりたい仕事内容」も事前に決めておかなければ、膨大な求人情報をみているうちにうやむやになってしまいます。

軸を決めない転職は失敗する確率が高いので、転職条件の整理はとくに時間をかけて行いましょう。

紙やデータに残しながら行うと、振り返りもできるのでおすすめです。

その③:情報収集を念入りに行う

転職活動で情報は命とも言えるほど大切なポイントです。

特に未経験プログラマーは経験・スキル重視の採用ではなく、将来性や人柄が重視される傾向にあります。

そのため「どの企業がどんな採用方針を置いているか」など、企業分析を綿密に行い企業ごとの対策を立てる人が転職の成功を勝ち取ることができるのです。

企業情報はインターネットで調べることができますが、未経験者が調べるには限界があるのが正直なところです。

そのため情報収集には

  • 転職セミナーに参加する
  • 特化型の転職エージェントでプロに相談
  • 転職口コミサイトを活用

など各分野に強いサービスを頼るのがベストでしょう。

自己流の分析や情報収集は転職後に「思っていたのと違う」というケースを招くこともあるので、利用できるサービスはうまく活用することがおすすめです。

その④:転職後の生活を想像しておく

こちらは転職先が決まってから入職までに行う対策ですが、転職後の生活に合わせた生活リズムを作っておきましょう。

転職後は少なくとも数ヶ月ほど慣れない業務に終われ、生活まで気を回す余裕がありません。

未経験ともなると、知らないことだらけでなおのこと時間と労力が削られるでしょう。

そのため、勤務中になるべく集中力を使うためにも生活を新しい職場へシフトしておくと、浮いた分の労力を仕事に回すことができるのです。

勤務時間や収入の変化があるのであれば毎月の支出を見直す・通勤方法が変われば通勤ルートの時間の確認など、事前にできることはたくさんあります。

転職失敗と繋がらないのでは?と思う方もいますが、生活と仕事は直結しています。騙されたと思って、転職先が決まればいくつかチャレンジしてみましょう。

未経験者がプログラマーへ転職するための5ステップ

事前の対策を理解した上で、未経験者がプログラマーへ転職するためのステップを5つにわけてご紹介していきます。

✔︎  未経験プログラマーが成功するための転職5ステップ
STEP1:プログラミングスクールに通う
STEP2:自己分析と経験の振り返り
STEP3:転職活動スタート!
STEP4:入職前の事前準備
STEP5:転職後の自己学習でキャリアアップ

ステップ①:プログラミングスクールに通う

まずは事前の知識をつけるため、プログラミングスクールを探しましょう。

・料金
・コース内容(どの言語にするか)
・カリキュラム
・修了までの期間
・転職サポートの有無

この様な点から、興味のある内容を元にスクールを選んで転職前の準備にとりかかります。

さらに同時進行で認定資格を受験する準備もできればベストでが、在職中の人は無理をせず自身のペースで行いましょう。

ステップ②:自己分析と経験の振り返り

次に「転職の方向性」を決めるために自己分析を行います。

・転職のきっかけ
・IT業界への志望理由
・今の収入と今後の希望
・職場環境の希望

これに加えてこれまでの経験の棚卸しも同時にすると職務経歴書の作成が非常にスムーズです。

ステップ②を雑にしてしまうと転職軸が決まらず時間ロスとなるので注意しましょう。

またこの作業は自身を客観視することが重要となってくるため、苦手な人はは友人・先輩・転職エージェントの利用をおすすめします。

ステップ③:転職活動スタート!

転職軸の整理ができたら、転職活動のスタートです。企業の情報収集を行いながら応募・選考に進んでいきましょう。

書類作成は企業ごとに対策を変え、事前の面接対策も必須です。

選考を受ける企業は数が多ければいいということではありませんが、内定率や選択肢を増やすことを考えると10社ほど受けるのが良いでしょう。

ここでもやはり転職のプロである転職エージェントを利用しない手はありません。

基本的に無料で利用できるものがほとんどなので、内定率を上げて選択肢を増やすためにもエージェントの利用はおすすめです。

ステップ④:入職前の事前準備

転職先が無事きまれば、入職に向け準備を整えていきましょう。

この頃には業務内容もはっきりしているはずなので、時間に余裕があれば業務内容に沿った知識をつけておくと転職後の業務がスムーズに行えます。

前述した通り生活の変化もあるため、転職後の負担を減らすためにも生活環境を整えておくこともおすすめです。

職場が変わって引っ越しを検討している人は、このタイミングで行うこともベストでしょう。

ステップ⑤:転職後の自己学習でキャリアアップ

転職後間もなくは業務に終われ忙しい日々を過ごすことになりますが、エンジニアは日々の努力がキャリアアップへと繋がります。

関連資格の取得や、新しい分野へ自分の知識を開拓したりすることで将来の選択肢も広がります。

プログラマーとして1年以上経過すれば、今後フリーランスへの転向も期待できるので、将来像も見えやすくなるため、目標も立てることができるでしょう。

未経験プログラマーへの転職でよくあるQ&A

最後は、未経験からプログラマーへ転職する際によくある質問に回答していきます。

Q:女性でもプログラマーに転職できる?

A:女性でも転職は可能です。

エンジニア業界は技術重視の世界なので、性別は関係なく、スキルさえもっていれば仕事も取れる業界です。

 
男性が多いイメージですが、近年は女性転職者も増えつつあるので性別を気にする必要はないでしょう。
プログラマーは時間の融通がききやすい・在宅勤務もできるなどの理由から女性の転職先としても人気がたかまりつつあります。
女性採用に力をいれている企業も増えており、業界として技術重視のため、むしろ男尊女卑がなく出産後も稼ぎやすい職業だと言えるでしょう。

Q:プログラマーとエンジニアの違いは?

A:プログラマーは数あるエンジニアの職種の中のひとつです。

エンジニアとはIT技術者の総称で、プログラマーはエンジニアという技術職の中のひとつの職種です。

 
未経験転職者によく出る疑問ですが、転職するなら各エンジニアの特色をよく理解しておきましょう。

エンジニア「と」プログラマーどちらがいい?ではなく、エンジニア「の中で」選ぶならプログラマーでいい?という疑問を持つならOKです。

エンジニアは種類もたくさんあり雇用形態や業務内容も異なるため、違いを理解しておくことをおすすめします。

プログラマーとエンジニアの違いについては、>>転職するなら?エンジニアとプログラマーの違いをわかりやすく解説にて詳しくご紹介しています。

Q:プログラマーへの転職は何歳までが限界?

A:年齢制限はありませんが30代半ばごろまでの転職がベストです。

将来のステップアップにかかる時間・学習にかかる労力を考えると、プログラマーへの転職はなるべく早い方が良いでしょう。

 
プログラマーはパソコンと向き合うので視力・腰痛・腱鞘炎など身体面に負担がかかることも。ステップアップする前に身体面が厳しい年齢では転職の難易度は上がってしまいます。

将来的に開発よりも上流工程(システムの案を考えたり、指示をだしたりする立場)へキャリアアップをするとしても、数年〜10年程度かかることや給料面を考えると30代後半までには転職しておくべきだと考えられます。

Q:未経験者へおすすめのプログラミング言語は?

A:「Java(ジャバ)」や「Python(パイソン)」などがおすすめです。

エアプリ開発などで多様される「Java Script」とGoogle三大言語である「Python」は、どちらも用途の幅が広いためプログラマーの入門編として是非マスターしましょう。

 
Microsoft社が開発したC言語もアプリ開発に多様されるのでおすすめです!

プログラミング言語はやりたい仕事がきまっているのならそれに付随するものを学ぶのがいいでしょう。

とりあえず何か知識をつけたい!というのであれば難易度が低く汎用性の高い言語をマスターしておくと臨機応変に対応ができます。

プログラマーの転職はdigireka!がおすすめ

プログラマーへの転職は、業界の転職に特化した「digireka!」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。

経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。

  1. プログラマー転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界に特化した高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 現役マーケターからの書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

プログラマーは近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

 

まとめ

今回は未経験からプログラマーになるための転職方法についてご紹介しました。

未経験業界への転職は不安が多いですが、プログラマーはスキルさえあればステップアップもしやすく、時間の融通がきくため女性も働きやすい職種です。

転職を成功させるには事前準備が必須となりますが、向上心の高い人にはピッタリの仕事なので、ぜひ転職エージェントも利用しながら自己分析をして適正を確かめ転職にチャレンジしてみましょう。

合わせて読みたい

日本国内の情報通信業は約6000社にものぼり年々増加の一途をたどっています。そしてそこに含まれるベンチャー企業の割合も、その限りではありません。「ベンチャー企業でやりがいをもって働きたい」「若いうちに活躍すると役員のポスト[…]


関連記事

業界未経験の方から、Webマーケティング業界に興味があって自分で調べたものの、結局よくわからないという話をよく耳にします。確かに、この業界は専門的な言葉や概念が多いのはもちろん、体系的にまとめられた情報も多くありません。今回はそんな悩み[…]

転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。