その他の記事

効果指標

CV(コンバージョン)とは-デジタルマーケにおける意味とその他の関連指標-

デジタルマーケティング業界において、もっとも基本的な指標と言っても過言ではないCV(コンバージョン)。今日は、CVについてまとめました。

CV(コンバージョン)とは、Webサイトにおける最終的な成果・ゴール地点のこと

CV(コンバージョン)とは、Webサイトにおける最終的な成果・ゴール地点のことです。コンバージョン
何を成果・ゴールに設定するかはwebサイト毎に異なります。
購買・登録・資料請求などがよくCV地点として設定されます。
webサイトのみならず、インターネット広告においても同義として用いられます。
その場合は、インターネット広告における最終的な成果・ゴール地点のことをいいます。

CVに関連するその他の重要指標

CVに関連するその他の重要指標として、下記が挙げられます。

・CV数- コンバージョンの獲得件数-
CVR-コンバージョン獲得率-
CPA-コンバージョン1件に対するコスト-

CV数はコンバージョンの獲得件数を示す指標です。
CVRはコンバージョンの獲得率を示す指標で、いくらCVが多くとも、CVRが低ければ、コンバージョン獲得効率が悪く、どこかに課題が潜んでいる可能性が高いということになります。CPAはコンバージョン一件に対するコストのことで、CPAが高ければ高いほど、広告予算を圧迫します。

まとめ

如何でしたでしょうか?CVはデジタルマーケティング業界において最も基本的な指標といえます。その他の関連指標と併せて、確実に理解しておきましょう。

【関連記事】
CVRとは
CPAとは
広告効果測定のポイントとは?基本を押さえて成果を挙げる方法とは

人気記事

  1. 広告IDとは-その意味と、OS毎の広告IDの名称について-
  2. CPCとは-その意味と計算方法、考え方-
  3. アドエクスチェンジとは-デジタルマーケにおける意味とアドネットワ…
  4. CRMとは-その意味とSFAとの違い、主要なCRMツール提供企業…
  5. CPOとは-デジタルマーケにおける意味とCPAとの違い、改善方法…
  6. リスティング広告とは-その意味とメリット、主要な運用代理店につい…
  7. ETLとは-その意味とEAIとの違い、代表的なツールについて-
  8. アドネットワークとは-デジタルマーケにおける役割とDSPとの違い…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP