その他の記事

効果指標

CPMとは-その意味と計算方法、eCPMについて-

デジタルマーケティング業界には、アルファベットの三文字専門用語が嫌になるほど(笑)沢山存在します。今日は、その中の一つ、CPMについてまとめました。

CPMは、1,000impに対する広告コストのこと

CPMとは、Cost Per Milleの略語で、1,000imp(1000回の広告表示)に対する広告コストのことです。インプレッション単価ともいいます。
多くの広告がCPM課金形態を採択しており、インターネット広告における代表的な課金形態となっています。

CPM以外の課金形態としては、リスティング広告を代表とするクリック課金型のCPC課金形式や、アフィリエイト広告などで用いられる成果報酬形式(CPA課金方式)などがあります。※その他、期間保証型や掲載課金型なども存在します。

CPMの計算方法

CPMを算出するには、下記の計算式を用います。

計算式:広告出稿費用÷IMP×1,000=CPM

CPMの平均相場は目安で10円~600円程度です。

CPC課金とCPM課金、どちらが良いかは目的・条件によって異なる

CPC課金、CPM課金、どちらが良いかはそれぞれ広告主の置かれた状況によって異なります。一般的には、CPMはインプレッションを最大化したい広告において用いると良いとされています。ディスプレイ広告は認知効果も高い為、クリックが得られなくてもユーザーに視認されれば潜在的に効果を得ている可能性があります。一方、クリック数を最大化させたい広告においては、クリック数の最大化は一つの重要な指標となり得るため、CPC課金型の方が良いとされています。

目的・条件に応じて異なるというのが結論です。

eCPMとは?

eCPMとは、実際はCPM課金型ではない広告に対し、計算式を用いる事でCPMに換算してインプレッション単価を算出する指標です。

「課金形式に関係なく、インプレッションベースでどれだけのコストがかかるのか」を知る事が出来ます。

算出するには、下記の計算式を用います。

広告コスト÷インプレッション数×1,000

まとめ

如何でしたでしょうか?ネット広告における主流な課金形式であるCPMについてまとめました。自社商品・サービスや広告出稿の目的に応じて、正しいプランニングで広告の効果最大化を目指しましょう。

【関連記事】
CPCとは
ビューアビリティ(Viewability)とは
アドエクスチェンジとは

人気記事

  1. ブランディング広告とは-その意味とレスポンス広告との違い、事例に…
  2. リッチアドとは-その意味とインバナー広告との違いについて-
  3. シーケンス配信とは-デジタルマーケにおける意味と例、他の配信手法…
  4. PMPとは-その意味とRTBとの違い、取引方法について-
  5. セッションとは-デジタルマーケティングにおける意味、PVとの違い…
  6. CPAとは-その意味と計算方法、ROASとの違い-
  7. アドベリフィケーションとは-その意味と事例について-
  8. UU(ユニークユーザー)とは-その意味と類似指標との違いについて…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP