インサイドセールスとは?仕事内容・年収・必要なスキル、採用、転職などを徹底解剖

転職活動をしている中で「インサイドセールス」という言葉を耳にすることがあります。近年よく使われる言葉となり、将来性も高く長く勤めることができる職業として、転職市場での需要も高まりつつあります。しかし、「インサイドセールス」とは聞いたことがあってもあまり内容を知らない方も多いのではないでしょうか?「テレアポと何が違うの?」「どんな職場で働くの?」と言う疑問をもつ方も少なくはありません。そこで今回は、インサイドセールスの仕事について徹底解説!年収や必要になるスキルも併せてご紹介します。

インサイドセールスへの転職に悩む方はぜひ参考にしてみてください!

インサードセールスとは?

結論:マーケティングの手法の一つ

インサイドセールスとは、マーケティング手法の一つであり、簡単に言うと内勤営業として考えられています。通常の営業職である「フィールドセールス」の対義語であり、多くの見込み客の中から制約・受注につながる顧客を獲得し、コミュニケーションを取りながら営業へとつなげることが目的です。

制約できる確率の高い顧客を営業へとつなげるのが役割

よくある「テレアポ」との違いと言うのは、営業内容の「質」や「量」が圧倒的に異なります。テレアポでは顧客を定めずに大多数へと営業電話をかけていくことが業務の主とされます。それに対してインサイドセールスでは、情報やニーズを細かく分析し、制約に繋がりやすい顧客に厳選して営業を行うのです。そのため、テレアポよりもより多くの成果や質を求められるのです。

コロナ化でも需要は衰えない職業

コロナウィルスにより、飲食業や旅行業などが経営難を見せる中でもインサイドセールスは需要が高まりつつあります。

理由としては以下の3つが考えられます。

・年齢
・体力に関係なく仕事ができる
・非対面なのでオンラインになっても需要は落ちない
・リモートワークでの仕事が可能

インサイドセールスはある程度の年齢でも働くことができ、ライフスタイルにあわせやすい仕事のため、働き方改革にも柔軟に対応することができます。

さらに、現在の社会に不可欠と言える「オンライン」への対応も元々が非対面での業務なので切り替えに時間はかからないでしょう。

電話とパソコンがあれば場所を選ばないインサイドセールスは、仕事内容や働き方の観点から見ても、将来性の高い職業だと考えられます。

参考:インサイドセールス、コロナ後も必要? 可能性を探る

インサイドセールスに求められるスキルは?

インサイドセールスの仕事をするには、無資格でも就職が可能です。

しかし通常の営業職同様に求められる能力は高く、基本的な社会人としての能力にあわせてインサイドセールスならではの4つのスキルが必要だと考えられます。

基本的な社会的スキル

適切な言葉使い・仕事をする上での時間管理能力・仕事を改善する能力や向上心など、社会人として仕事をする上で当たり前のスキルは、インサイドセールスをする上でも必要になります。中でも時間管理能力は、多くの顧客リストや情報の中から見込み客の分析をする上では必要不可欠の能力となるでしょう。それ以外にも、勤めている企業の商品知識やアピールポイントなど、会社によって求められるスキルもあります。

まずはこの基本的なスキルを身につけることからはじめましょう。

非対面で信頼を勝ち取るスキル

インサイドセールスが通常の営業と大きく違うことが「非対面」であることです。対面とは違い、相手の考えや表情を読み取ることが難しいため、その中で信頼や好印象を得る必要があるため、洞察力の高さが求められます。

この「非対面」での営業に馴染むことができなければインサイドセールスでの仕事はかなり難しいと考えられるため、転職に悩む方は判断材料としてのポイントにしましょう。

コツコツとした作業ができるスキル

インサイドセールスでは、多くの情報を分析・入力して顧客の見込み度を判断します。そのため、コツコツとしたデータ収集作業が苦手な方には少し難しい仕事になります。収集した情報をさらにデータ化して営業へ渡す業務などもあるため、エクセルやワードのの基本操作も求められるでしょう。

営業的な発想と対応ができるスキル

インサイドセールスは、名前の通りインサイド(内側)でする仕事のため「事務職」と勘違いされる場合があります。しかし、仕事に求められるスキルは外に出ている営業職と同等にあり、「成果をあげること」「コミュニケーションスキル」「傾聴力(ヒアリング力)と情報分析能力」など事務職とは全く異なります。

「内勤で事務作業や補助の仕事ができる」と考えている場合は、別の職業への転職を考えましょう。

インサイドセールスの収入は?

インサイドセールスの年収は、就職する企業によって異なりますが、300万円〜600万円程度が相場だと言われています。

一概に言うのは難しいですが、これまでの社会人経験や能力により転職後の年収は左右左されるでしょう。

能力や成果次第で年収アップが狙える

インサイドセールスは、能力や成果によりスキルアップが可能な職業です。転職後スキルアップして、チームリーダーやフィールドセールスへと仕事を移ることができれば年収アップも夢ではありません。

そのためには日々の能力の向上と成果をあげることが必要となるでしょう。

経験をもとに転職して年収アップも可能

転職先でインサイドセールスをある程度経験すると、その後コンサルタントなど別の職業として転職することが可能です。

長期的なキャリアプランが必要となりますが、マーケティングの手法や知識をしっかりとつけることで、今後の将来性の幅がさらに広がるでしょう。

インサイドセールスまとめ

今回はインサイドセールスの仕事内容や収入について解説しました。

将来性も高く、自身の能力次第で収入アップも見込まれるため、これまでインサイドセールスを知らなかった方も、転職の選択肢の一つとして候補に入れてみるのもおすすめです。

その際は、自身の性格やこれまでの経験にあっているかしっかりと判断した上で、転職を考えてみましょう!

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    任意現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。