その他の記事

業界未経験者向けのキャリア記事

ミスマッチ続出!デジタルマーケティング業界への転職活動時に注意すべきポイントとは?

弊社はデジタルマーケティング業界専門の転職エージェントですが、ご面談させていただく求職者様の4割以上が既に他社で面談を終えた状態で、セカンドオピニオンを求めてご登録をいただいています。

「求人紹介は受けたけど会社について、仕事について、理解が出来ずに困っている」「とりあえず求人票渡されただけでキャリアについてのフィードバックも何もない」「営業されている感が半端なかった」…etc

語弊を恐れずに言うと、これら全てミスマッチを生んでしまう要素になり得ます。
特にデジタルマーケティング業界は、
カタカナ専門用語が多く、業界未経験者にとって仕事内容などがイメージしづらい
成長産業である事から沢山の企業が存在していて違いが分かりづらい
といった具合に、求職者の皆様にとって不明瞭な点が多く、ミスマッチリスクが高い領域です。
そこで今回は、デジタルマーケティング業界への転職活動時に注意すべきポイントをまとめました。

デジタルマーケティング業界を目指す人が転職活動時に注意すべきポイント

ミスマッチを防ぐために情報を正しく得る

まずは正しい情報を得る事が何より大切です。

1.デジタルマーケティングとは
2.広告代理店、ネット広告専業広告代理店、デジタルエージェンシー、コンサルティング提供企業、SEOコンサルティング企業、媒体社、メディアレップ、アドテクベンダー 業態毎の違いについて
3.アカウントエグゼクティブ(アカウントプランナー)、広告運用、webアナリスト、クリエイティブディレクター等、職種毎の違いについて
4.デジタルマーケティング業界の歴史、トレンド、最新動向、未来予想について

最低でも上記4点は知っておいた方が良いです。
知らずに企業選定を始めると、入社後ミスマッチリスクがとても高くなります。

デジタルマーケティング業界は、就業先の各業態毎にその後のキャリアパスが異なります。
同じ業態であったとしても、配属部署や就業先企業のクライアント規模や案件内容によってもキャリアパスが異なります。

上記項目について、こちらの記事で詳しく解説しています。

他では教えてもらえない!未経験からデジタルマーケティング業界に転職を検討している人が知っておきたい前提知識5つ

ミスマッチリスクの高いケース(事例1)

「将来は化粧品会社のデジタルマーケターを目指したい」と言っている求職者様が、SEOコンサルティング企業の営業職を受験していたり、媒体社の営業職を受験している。

応募理由を聞いたところ、「エージェントに紹介を受けた」との事。決して100%否定するわけではありませんが、仮にデジタルマーケティング業界に在籍していて、将来インハウスのデジタルマーケターを目指している人であれば、SEOコンサルティング企業の営業職を受験していたり、媒体社の営業職を受験する事はほぼ100%ないでしょう。

ミスマッチリスクの高いケース(事例2)

webマーケティングに携わりたいと現職の媒体社営業から転職を決意した求職者様が、リサーチ系の企業を受験している。

応募理由を聞いたところ、「webマーケティングも実施していると聞いた。」との事。受験ポジションまで探ると、webマーケティングとは関係の無い、リサーチサービスの営業職であった。

上記例の様に、業界内と外とで情報流通や認識にギャップがあるのです。まずは、正しい知識を得る事をお勧めします。

自分にとって居心地の良い環境について知る

情報を正しく得たあとは、「自分にとって居心地の良い環境とは?」について知る事が大切です。
デジタルマーケティング業界について正しく認識を得たその勢いで、業務内容と企業の事業領域やクライアントだけに比重を置いて応募先選定を行ってしまうのは危険です。

入社後に、「確かにやりたい事は出来る環境だけど、人の雰囲気や企業カルチャーが合わないなあ」と感じて、ストレスを感じてしまうリスクが高まります。結果として、自身が置かれている環境が合わずにストレスだけが大きくなり、「本当はやりたい事じゃなかったのかも」などと思ってしまうわけです。

なので、「自分にとって居心地の良い環境とは何なのか」について自問自答してください。学生時代や社会人になってから、居心地の良い環境とはどんな環境だったのか。どんな人たちと働きたいのか。自分が仕事でモチベーションを感じる瞬間、逆にモチベーションが下がる瞬間はいつなのか。自分が人生において大事にしている価値観とは何なのか…etc

これらを整理し、まとめることで、就業先に求めるカルチャーが分かります。どんなに転職先で得られるスキルが魅力的であったとしても、カルチャーや価値観、一緒に働く人達とミスマッチで早期退職してしまっては元も子もありません。

自身が得たいスキルを得れて、やりがいを感じる事が出来て、且つ中長期的就業が可能である会社を選ぶために、「自分にとって居心地の良い環境とは?」について考えを整理しましょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?
・情報を正しく得て、どこでどんなスキルが積めてそれが何に繋がるかを知る
・中長期的な就業が実現するよう、自分にとって居心地の良い環境、価値観、条件、一緒に働く人 について整理する

上記2点を実践する事で、デジタルマーケティング業界への転職時ミスマッチリスクを低減する事ができます。

 

株式会社uloqoに転職相談する

人気記事

  1. デジタルマーケティング業界で市場価値を高めるために、今後必要なス…
  2. そもそもWebマーケティングとは何なのか?全体像を理解しよう!
  3. 未経験からデジタルマーケティング業界へ転職!志望動機の作り方
  4. 大手インターネット広告代理店について、まとめました。
  5. アドテクベンダーと広告代理店の違いって?アドテクベンダーの仕事内…
  6. デジタルマーケティング業界の仕事内容について、まとめました。
  7. 面接対策!転職理由ってどう答えればいいの?
  8. インターネット広告代理店の年収相場、ビジネスモデル、今後の将来性…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP