その他の記事

業界未経験者向けのキャリア記事

ハウスエージェンシーとは。働くメリット、デメリットは?

ハウスエージェンシーとは、親会社の広告代理業を独占的に行う広告代理店の事です。大企業の広告宣伝部門が独立しているイメージです。具体的な例を先に見ていただくと分かりやすいと思います。

ハウスエージェンシー代表例一覧

株式会社デルフィス(トヨタ自動車)
JR東日本企画(JR東日本)
東急エージェンシー(東急)
NTTアド(NTT)
アイプラネット(三菱電機)
小田急エージェンシー(小田急)
株式会社フロンテッジ(ソニー)
京王エージェンシー(京王)
ホンダコムテック(本田技研工業)
TBWA/HAKUHODO(日産自動車)
東芝エージェンシー(東芝)
角川メディアハウス(角川)
エム・シー・コミュニケーションズ(三菱商事)
伊藤忠インタラクティブ(伊藤忠)
りえぞん企画(丸紅)
T&Tアド(東京三菱UFJ)
三友エージェンシー(三井住友)
東京アドエージェンシー(みずほ)
味の素コミュニケーションズ(味の素)
日立インターメディックス(日立製作所)
富士フィルムブレゼンテック(富士フィルム)
リコークリエイティブサービス(リコー)
カシオコミュニケーションブレインズ(カシオ計算機)

ハウスエージェンシーで働くメリット

特定の事業会社のプロモーションを独占的に担当している為、発注する事業会社、エージェンシー間の意思疎通がスムーズです。発注企業の事をエージェンシー側が熟知しています。扱うプロモーションの予算も大規模なものが中心になります。

基本的にハウスエージェンシーの親会社、発注元は日本を代表する大企業の為、安定が期待できるのも魅力です。

また、独立系の広告代理店の担当者は深夜まで働くイメージがありますが、ハウスエージェンシーに勤めている人は、比較的ワークライフバランスにも恵まれている傾向にあります。そのうえ給与水準も低くないので、致せり尽くせりです。

ハウスエージェンシーで働くデメリット

やはり広告マンとしては、様々な業界商材に対応出来るプロフェッショナルを目指したいものですが、特定の事業会社がクライアントとなる為、ハウスエージェンシーで働く広告マンは様々な業界のプロモーションを手掛ける経験を得る事が出来ません。

また、黙っていても案件が舞い込んでくるので、勿論企業によりますが、悪い意味で安心感が蔓延してしまうのもデメリットです。業界特有のコンペなどで競い合う環境下に居ない為、ノウハウや戦略立てに関する知見は、独立系の総合系代理店の方が培う事が出来るでしょう。

ハウスエージェンシーに転職するには?

ハウスエージェンシーの中途採用試験においては、基本的に経験者のみを募集しているケースが多いです。親会社の文化を継承し、新卒文化である傾向も強い為、中途採用人数も欠員補充程度で多くはありません。

業界経験者で、少し落ち着いて勤務したい、もしくは中小代理店に勤めていて、大規模予算を扱う会社に行きたい、とお考えの方にとってはマッチングが期待できます。業界未経験者の場合は、まずは他の代理店で経験を積む方が現実的と言えるでしょう。

とはいえ、断定的ではなく求人企業の状況にもよるので、ご興味お持ちの方は是非一度下部フォームよりお問合せください。

株式会社uloqoに転職相談する

人気記事

  1. そもそもWebマーケティングとは何なのか?全体像を理解しよう!
  2. デジタルマーケティング業界の中途採用面接質問事例集
  3. 書類選考って意外と通らないもの!?書類選考の通過率やポイントにつ…
  4. デジタルマーケティング業界の仕事内容について、まとめました。
  5. ミスマッチ続出!デジタルマーケティング業界への転職活動時に注意す…
  6. マーケティング関連職種まとめ。仕事内容から必要なスキルまで、徹底…
  7. デジタルマーケティング学習の基本!Google『デジタルワークシ…
  8. SEOコンサルティング企業の仕事内容・キャリア

友だち追加

最新記事

PAGE TOP