imp(インプレッション)とは-広告における意味、PVやリーチとの違い-

デジタルマーケティングを実践するうえで非常に重要な指標であるimp(インプレッション)ですが、デジタルマーケティングは類似指標が多く、異なる指標を同一のものとして混同してしまいがちです。今日は、正しく理解をするためにimpについてまとめました。

imp(インプレッション)とは、広告表示回数のこと

impとは、impression(インプレッション)の略で、広告表示回数のことです。出稿した広告がどのくらい表示されているのかを示しています。
広告効果測定の指標として、また広告出稿価格の指標等に用いられます。
impの定義は媒体毎に異なります。広告が一瞬でもロードされて部分的に表出していればインプレッションにカウントする媒体もあれば、全て表出されて初めてインプレッションにカウントする媒体もあります。
例)
媒体Aでは広告が画面に全て表出して1imp
媒体Bでは広告が一部でも表出すれば1imp

PV・リーチ・エンゲージメントとの違い

インプレッションと混同されやすい類似指標として、PV・リーチ・エンゲージメントがあります。それぞれの違いについて解説します。

PVとインプレッションの違い

PVは、ユーザーがページを閲覧した回数を示す指標です。インプレッションは、広告が表示された回数を示す指標です。1ページ内に広告掲載枠が2つあったとします。ユーザーが該当ページを閲覧した際に、そのページ内にある二つの広告掲載枠どちらにも自社の広告が表示されれば、PVは1で、impは2になります。

リーチとインプレッションの違い

リーチは、広告の到達率を示す指標で、何人のユーザーが特定の広告に接触したかを示します。一方インプレッションは、広告が表示された回数を示す指標です。
違いがイメージしづらいかもしれないので、テレビCMの例を挙げます。一人暮らしの男性が19時~20時の番組をチャンネルを変えることなく見ていました。その際、19時~20時の番組枠内で、6回同じCMが流れました。この時、男性に対し6度CMが流れている為、インプレッションは6になります。しかし、リーチは1になります。ネット広告においても同様の考えた方になります。該当期間内に二つの広告掲載枠を持つwebページにユーザーが二回来訪したとすれば、2PV4imp1リーチになります。

エンゲージメントとインプレッションの違い

インスタやTwitterなどのSNS運用において混同しやすいのが、エンゲージメントです。SNS運用におけるエンゲージメントはユーザーが投稿に対して起こしたアクション(いいね、リツイート、ハッシュタグなど)の総数です。一方インプレッションは投稿の表示回数です。すなわちエンゲージメントは投稿におけるユーザーのリアクション数、インプレッションは投稿の表示回数ということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?imp(インプレッション)は、広告出稿やSNS運用において非常に重要な指標となります。広告においては、そもそもクリック率を算出する際に必要な指標になりますし、SNS運用においては、自社のアカウントがどのくらい露出されているのか、という運用における前提条件を知る指標になります。正しく理解して、パフォーマンスの高いデジタルマーケティング施策を実践していきましょう。

【関連記事】
PV(ページビュー)とは-その意味と類似指標との違いについて-
リーチとは-デジタルマーケティングにおける意味とその役割-
エンゲージメントとは-マーケティングにおける意味と事例について-

 

 

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    LINEの友達追加でも転職のご相談ができます。

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。