ブランドリフトとは-その意味と、調査方法、調査項目について-

ブランドリフトという言葉をご存知でしょうか?ネット広告においても、ブランディング広告の市場が拡大していますが、ブランディング広告の効果測定を検討する際には、欠かせないキーワードの一つです。今日は、ブランドリフトについてまとめます。

ブランドリフトは、ブランディング広告の効果測定指標の一つ

ブランドリフト(Brand Lift)とは、ブランディング広告に接触したユーザーと接触していないユーザーを比較し、
接触したユーザーの方がブランドの認知、購買意欲向上などの効果が見られたかどうかを測る指標の事です。

ブランディング広告は、CV刈り取り型の広告と比較した際に、効果測定がしづらいものです。その理由として、ブランディング広告は「ブランド認知向上」や、「好感度向上」等、数字で可視化されにくい目的で広告出稿しているケースが多く、ユーザーの意識を知る必要がある為です。

例えば、「揚げ物と合うビール」というイメージを消費者に認知してもらうために動画広告を出稿して、クリック数を稼いだとしても、実際にユーザーがその商品を「揚げ物と合うビール」と認知したかどうかは分かりません。そうすると、効果測定には調査が必要になります。

その調査の事を、ブランドリフト調査と呼びます。

ブランドリフト調査を実施する方法

1.リサーチ会社に依頼する

リサーチ会社にブランドリフト調査を依頼する事が出来ます。リサーチ会社は、アンケートや調査において豊富な実績を持ち、レポートもクオリティの高いものを期待できます。当然コストはかかりますが、有効な手段です。

【ブランドリフト調査サービスを提供しているリサーチ会社の例】

・株式会社マクロミル

マクロミルでは、AccessMill(アクセスミル)というアクセスログを活用したデジタルマーケティングリサーチによって、ブランドリフト調査を実施する事ができます。マクロミルCookieモニタ90万人のログデータをベースにターゲティング広告を配信し、その後オンライン広告の接触者に追跡してアンケートを実施します。

・株式会社カンター・ジャパン

カンター・ジャパンでは、 Brand Lift Insights Across Platformers(ブランド・リフト・インサイツ・アクロス・プラットフォーマーズ)というデバイスや媒体を横断した効果計測が可能なブランドリフト調査サービスを提供しています。タグを埋め込むことによって得られるcookieデータに加え、PMEと呼ばれる手法を駆使して、広告接触ユーザーと非接触ユーザーをデバイスや媒体横断して追随する事で、精度の高いリサーチが可能になっています。

・株式会社インテージ

インテージでは、i-SSP(インテージシングルソースパネル)というサービスでブランドリフト調査を実施する事ができます。業界初のテレビ×webのシングルソースデータでクロスメディアリーチの測定が可能です。

2.GoogleやLINE等広告配信プラットフォームのオプションを活用する

各広告配信プラットフォーマーがオプションで提供しているブランドリフト計測サービスを活用して、効果測定をおこなう事も可能です。

GoogleはGDNとTrueView広告(YouTube)内で出稿した広告に対するブランドリフト計測サービスを用意しており、ブランド認知度、広告想起率、ブランドへの関心度などが測定可能です。また、LINEが提供しているLINE Ads PlatformやFacebookが提供しているFacebook広告においても、ブランドリフト調査が可能になっています。

ブランドリフト調査で用いられる項目

ブランドリフト調査で測定される項目は、内容やサービス提供元によって異なりますが、一般的には下記項目等を中心として調査を行います。

・広告を覚えているかどうか
・ブランドを認知したかどうか
・ブランドの比較検討を促したかどうか
・好感度(または理解度など)が変化したかどうか
・購入意向が上昇したかどうか

まとめ

如何でしたでしょうか?ブランディング広告の効果向上の為に、ブランドリフト調査を検討してみるのも良いかもしれません。最近では、アンケートを取得することなくブランドリフト効果を計測できるサービスも出てきています。ブランディング広告が注目される今、おさえておきたいキーワードです。

【関連記事】
LINE Ads Platformとは?特徴やメリットについて
TrueView広告とは?特徴や出稿価格まで解説します。
広告効果測定のポイントとは?基本を押さえて成果を挙げる方法

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。