その他の記事

効果指標

リーチとは-デジタルマーケティングにおける意味とその役割-

様々なカタカナワードで溢れるデジタルマーケティング業界ですが、その中でも比較的よく聞くことになるであろう指標に、「リーチ」があります。分かったつもりで実はフリークエンシーやインプレッションなどと混同しがちです。今日は、リーチについてまとめました。

リーチとは、広告の到達率のこと

リーチとは、デジタルマーケティングにおいては広告の到達率のことをいいます。一般的には、広告に限らず、コンテンツやwebサイトにもリーチという指標を活用します。すなわち、何人のユーザーが特定のコンテンツに接触したかを示す指標という事です。例えばFacebookページにおいては、・オーガニックリーチ(ニュースフィードやFacebookページなどへのユニークユーザー数)、口コミリーチ(友人のいいねやシェアによりコンテンツを閲覧したユニークユーザー数)、有料リーチ(Facebookまたはスポンサー記事を閲覧したユニークユーザー数)と三つのリーチを表す指標が存在します。

フリークエンシーとの違い

よくフリークエンシーと混同しがちですが、フリークエンシーは一人のユーザーに対して広告が表示される回数の事を指します。フリークエンシーは広告を見せる「回数」で、リーチは広告を見た人の「割合」と理解しておくと良いでしょう。

インプレッションとの違い

先程リーチは広告を見た人の割合と述べましたが、すなわちユニークユーザー数とも言えます。それに対して、インプレッション(imp)は、広告が表示された総回数のことをいいます。

まとめ

如何でしたでしょうか?フリークエンシーと同じく、Facebook広告やGoogle広告を出稿する際にターゲティングに用いる指標として、またコンテンツやサイトの状態を測る指標として、リーチは重要な指標です。ビギナーの方は、最低限覚えておきたい基本用語としてチェックしておいてください!

【関連記事】
フリークエンシーとは-広告における意味とその役割-
imp(インプレッション)とは-広告における意味とその役割-

人気記事

  1. PPC広告とは-その意味とリスティング広告との違い、特徴について…
  2. 3PAS(第三者配信)とは-その意味を代表的な企業について-
  3. CDPとは-その意味とDMPとの違い、ツール比較まで-
  4. メディアレップとは-デジタルマーケティング業界における役割と今後…
  5. CVRとは-デジタルマーケにおける意味と平均値、改善方法-
  6. PV(ページビュー)とは-その意味と類似指標との違いについて-
  7. インバナー広告とは-その意味とインストリーム広告との違い、Tru…
  8. リードナーチャリングとは-デジタルマーケにおける役割と手法-

友だち追加

最新記事

PAGE TOP