何歳まで?コンサル転職の転機と年齢別難易度|年代別の転職法も紹介!

今回はコンサルタント転職における年齢についてのお話です。

一般企業の転職ではいわゆる「35歳の壁」というものがありますが、コンサルタントも同様に年齢が転職に影響する職業と言えるでしょう。

本記事では未経験者が「自分の年齢でコンサルタントへ転職できる?」という不安を解決するため

コンサルタントの年齢制限について
コンサル転職に適している時期

年齢ごとの難易度や求められるスキル
コンサルの転職で意識すべきこと

この様な内容をご紹介していきます。

これから転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

コンサルタントの転職には年齢制限はある?

コンサルタントの転職における年齢制限は、35歳が目処と言われています。

それは求人が減るのではなく、35歳以上はマネジメントや指導側である即戦力としての需要が高く、経験者でないと採用されずらいからです。

したがって、ただしく言うのであれば、「未経験者」は35歳までの転職が限界ということです。

経験者であればむしろ、30代〜40代前半くらいまでの転職は企業からすると大歓迎でしょう。

未経験者となると、コンサル転職は早ければ早い方がいいため、現在の年齢次第では早めに転職活動をする必要があると言えるでしょう。

コンサルタントの転職にベストな年齢は?

未経験者がコンサルタントへ転職する適齢時期は自身のキャリアプランから逆算する必要があるため、人により異なると言えます。

例えば、今後フリーランスとして独立開業していきたい人であれば、コンサルとしてのノウハウを積み、作り上げたパイプをもとに仕事を取り独立する年月を考慮すると、少なくとも5年〜10年は必要でしょう。

体力面などを考慮し40代には安定しておきたいことを考えると、30代前半には転職しておくべきでしょう。

一方、財務や監査に関するコンサルは下積みがないと転職は困難です。

勉強期間を経て即戦力として転職する流れが必然となるため、転職時期は30代後半〜40代前半でも遅くはありません。

また、20代前半に国内コンサルファームへ転職すると、その後に難易度の高い外資系大手企業への再転職を叶えることも一つの選択肢です。

このようにキャリアの目標設定によりコンサルタント職への転職時期は決まるので、今の年齢と今後のキャリアプランに向き合い整理することが大切だと言えるでしょう。

【年代別】コンサル転職の難易度一覧

次は年代ごとのコンサル転職の難易度についてです。

未経験からコンサルに転職する場合の年代別難易度は以下の様に想定されます。

【年齢別:未経験者がコンサル転職する難易度】

年齢難易度コメント
20〜24歳 第2新卒枠での転職が可能なため難易度低
25〜29歳 転職回数によるが比較的需要が高い
30〜34歳 スキルと経験次第で高待遇の転職も可能
35〜39歳 求人も減り、難易度が高くなる
40歳〜 難関レベル、念入りな対策が必要

ではひとつずつ解説していきましょう。

20代

20代は転職の難易度が一番低い時期だと言えます。

〜25歳までは第2新卒の採用枠を受けることが可能であり、26〜29歳も転職回数がよほど多くない限りは内定率も高く、転職先を選べるような状況です。

経験の有無を問われることも少ないため、未経験から転職するにはチャンスが多い時期だと言えるでしょう。

30代

30代のコンサル転職は、冒頭でご説明した様に「35歳の壁」があるため、30代前半と後半で難易度が分かれます。

〜34歳の難易度は20代よりもハードルが高いことは確かですが、これまでの社会人経験を軸に採用が決定される可能性が高いでしょう。

学歴や経歴次第では、中規模〜大手のコンサルファームへの転職も可能です。

35〜39歳は限られた採用枠の中で勝ち残る必要があるため、この年齢を機に一気に難易度は上がります。

書類通過率も30代前半よりも大幅に下がるため、選択肢を持つためにも複数の企業への応募が必要とされるでしょう。

40代

40代で未経験からのコンサル転職は、非常に難易度が高いです。

コンサル業界が未経験だとしても、専門性を活かした転職戦略を練らなければ、最悪の場合は転職の方向性を変える必要もあります。

コンサルの中でも志望する業務内容をよく検討し、転職の方向性と作戦を寝る必要があるでしょう。

コンサルの種類や区別がわからないという方は、>>種類別|コンサルタントの仕事内容・年収・スキル・転職方法をご紹介!にて詳しく解説しています。

【年代別】コンサル転職で求められるスキル

年代ごとの難易度がわかったところで、それぞれに求められるスキルも把握しておきましょう。

同じ求人だとしても採用側が面接時に求めるスキルは年代ごとに異なります。

ニーズにあった人物だと判断されるためにも、事前準備怠らないよう心がけましょう。

20代

20代は、基本的な社会人スキル(話し方・書類作成・メール作成)があれば、採用基準を満たします。

周囲と差をつけるのであれば、上記に加え、対法人への対応とコミュニケーションスキルの兆しがあればベストです。

営業職経験であれば法人営業、事務方であればプレゼンテーションにおける書類作成能力などあるとアピールしやすいでしょう。

30代

30代は、社会人スキル・法人対応・コミュニケーションスキルはあって当たり前となります。それに加えて、論理的思考能力・プレゼン能力・情報伝達力などが求められるでしょう。

転職後に未経験ながらもいかに早く戦力として活躍できるかが採用基準となるため、転職活動を長期間で考えているのであれば、資格をとっておくと将来性をかった採用がされやすくなります。

40代

40代は前述の通り、専門性の高さが必要となります。

財務コンサルであれば会計学、ITコンサルであればセキュリティ部門やAIなど希少性が高いものであればさらに良いと言えるでしょう。

これまでのスキルや経験の棚卸しを十分に行い、転職を戦う武器をみつけることが必要です。

【年代別】コンサル転職の成功方法

年代別の難易度・求められるものを理解していただいた上で、次はコンサル転職への成功方法についてご紹介します。

転職に成功するには、どの年代も「自分(の年代)に何をもとめられているのか」を理解し、先回りをした行動をする必要があります。

企業によって細かい採用方針は異なりますが、採用者が求める回答を先にこちらから提示することで不安を解消し、内定率アップへとつなげることが重要となるので意識しておきましょう。

20代

20代はまず「早期退職」を懸念されます。したがって【長い目を見た転職】だということを伝える必要があるでしょう。

転職後のキャリアプランを伝える、昇進の意欲を見せるなど、向上心と自信のポテンシャルを売り込むことを意識しましょう。

転職したきっかけ・コンサルへ転職したい動機を具体的に説明できることも大切です。

30代

30代は「未経験ながらもいかに早く戦力として活躍できるか」がポイントとなります。

コンサルに必要とされる、論理的思考・情報伝達力・並行した業務遂行能力などは、これまでの経験で培えるスキルなので、経験と置き換えてアピールできるように整理しておきましょう。

また30代はプレーヤーとしてだけではなく、マネージャーポジションも視野に入れた採用であることを理解し、指導経験やマネジメント経験のアピールも必須です。

さらに30代後半の面接では、上司が年下になることも懸念されます。

年下の上司とどの様にコミュニケーションをとるか具体的な想定ができていると、咄嗟の質問にも困りません。

コンサルタントには種類があるので、経験を活かした業務内容を選ぶのもポイントのひとつだと言えるでしょう。

40代

40代はどちらかと言えばマイナスイメージからの印象でスタートする場合が多いため、書類と面接対策をかなり重点的に行う必要があります。

「なぜこの年齢でコンサル職へ転職したのか」という疑問に対し、前向きに答える準備も必要です。

待遇面などを理由とせず、業務内容の中で惹かれたポイントを具体的に解答できるようにしておきましょう。

コンサル転職全般で意識するべき転職のポイント

年代別対策に加え、コンサル転職全般においての転職対策方法もご紹介しておきます。

ケース面接の対策

ケース面接とは、コンサルタントのに必要な「論理的思考能力」を測るためのテストの様なものです。

テストパターンは様々で、面接や筆記試験の場合もありますが、ケース面接用の書籍もあるため、コンサルタント転職の対策として必ず勉強しておきましょう。

ケース面接で出る内容は入職後も活用できるため、事前勉強だと思えばやる気もさらにプラスされます。

転職エージェントの活用

未経験からコンサルタント業界へ転職するなら、特化型と大手の転職エージェントを併用して利用しましょう。

イメージとしては特化型で専門性の高いアドバイスを受け、大手で求人情報を幅広く網羅するのがベストな活用法です。

転職のプロに客観的な意見・対策をしてもらえると、年齢制限がある場合でも内定率アップにつながります。

また転職エージェントは基本的な面接対策・書類添削はもちろん、独自サービスを展開しているので、企業の特性をよく理解しておきましょう。

コンサル転職でおすすめの転職エージェント

digireka!

degireka!のおすすめポイント

 

業界特化の高い専門性を持つサービス
エージェントはマーケティング業界経験者で安心
面談後の決定率は40%

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等の各トッププレイヤーからサポートを受けられるdigireka!」は、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

面談後の決定率は高確率の40%を誇り、非公開求人も多数保有。

また独自の講習会も行なっており、さまざまなアプローチで満足の高い転職支援を心がけていいます。

 

digireka!へ無料の転職相談をする

JACリクルートメント

JACリクルートメントのおすすめポイント

 

✓ 外資系転職に強い
✓ 転職支援実績43万人
✓ ハイキャリア転職も得意とする

イギリス外資系企業発祥の「JACリクルートメント」は、グローバルなハイキャリア向け転職に強く、ハイスペックな人向けの転職支援を行います。

在籍コンサルタントは400名と一見多く見えますが、リクルートやエン転職の同列の規模感である転職エージェントにしては少数精鋭だと言えるでしょう。

ハイキャリア向けなため30代以降の利用が推奨されますが、20代後半であれば経験により求人の紹介も可能です。

JACリクルートメントへ無料の転職相談をする

エンワールドジャパン

エンワールドジャパンのおすすめポイント

 

✓ 英語力を活かした転職支援に強い
✓ 大手エングループの安心したサポート
✓ 独自のコンテンツが充実

「エンワールド・ジャパン」は、国内人材業大手のエンジャパン株式会社の子会社であり、外資系企業・日系グローバル企業の、主にハイクラス層の転職支援を得意とする転職エージェントです。

英語力が必要とされるグローバル求人を多く取り扱っており、取引業数はまだ多くはありませんが、利用者満足度97%と高品質なサポートが期待できます。

また基本的なサポート以外にも、転職コラムなどの独自コンテンツも充実しています。

エンワールドジャパンへ無料の転職相談をする

 

doda

dodaのおすすめポイント

 

✓ エージェント機能と求人検索機能を同時に使用可能
✓ 利用者に合わせた求人表示機能でマッチした求人を探せる
✓ 20〜35歳の若手向け

パーソルキャリアが運営する転職サイト「doda」は、非公開求人を含む10万件以上の求人情報を網羅することが可能です。

その他の大きな特徴としては、エージェント機能と求人検索機能を同時に利用することができるため、複数のサイトに登録せず、多くの情報を得ることができます。

特に20代〜30代までの転職支援に特化しており、5,000人以上のキャリアアドバイザーから自分にあったキャリアパートナーを見つけ、転職の可能性を広げることができます。

dodaへ無料の転職相談をする

リクルートダイレクトスカウト(『旧CAREER CARVER』)

リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイント

 

✓ 企業からの直接スカウトで効率的に活動できる
✓ 在籍コンサルタントが2500名、コンサルタントとのアンマッチの可能性が低い
✓ 大手リクルートグループの安心したサポート体制

 

リクルートダイレクトスカウト(旧「キャリアカーバー」)」はリクルートが運営するハイクラス特化の転職サイトです。

在籍コンサルタントは2500名と非常に多く、自身の性格や希望にマッチしたコンサルタントから専門性の高いサポートを受けることが可能でしょう。

実際に、オリコン顧客満足度は総合 No.1、2022年 オリコン顧客満足度調査では転職スカウトサービス 第1位を獲得しています。

転職サイト未経験社やエージェントにあまりいいイメージのない方でも、リクルートダイレクトスカウトであれば、満足した転職を叶えられるのではないでしょうか。

リクルートダイレクトスカウトへ無料の転職相談をする

まとめ

今回はコンサルタント転職の年齢制限についてご紹介しました。

コンサルタントは年齢と共に難易度が高くなる職業のひとつであり、専門性の高い分野であれば、よりその門は狭くなります。

タイミングを逃してしまうと、気づけば応募したい企業へ転職のチャンスを逃すこともあるので、早めの行動をおすすめします。

転職する際は自身の年代ごとの対策を綿密に行い、憧れのコンサルタントへの転職を叶えましょう。

転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。