未経験者必見!職種別|広告業界転職者へおすすめ資格とメリットを紹介

今回は、広告業界に未経験から転職する人へおすすめの資格をご紹介していきます。

未経験の業界で転職を考えたとき、後ろ立てとして資格取得を考える人は少なくありません。

実際に広告業界も関連資格が複数あり、未経験者が資格取得をするメリット・内定率向上や転職後のことを考えると資格取得は非常におすすめです。

そこで本記事では

・広告業界未経験者が資格を取る意味
・職種別!未経験者へおすすめの資格
・未経験者が広告業界へ転職を成功させる方法

上記の様な内容で

「未経験で転職するならどんな資格を取るべき?」

「資格取得って意味がある?」

この様なお悩みを解決していきます。

 
今回はさらに、未経験者のおすすめ転職方法もご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

それではご紹介していきます。

広告業界の転職で資格を取るメリット

広告業界は無資格未経験でも転職することが可能ですが、その上で資格を取るには次の様なメリットがあります。

✔︎  基礎知識がつく
✔︎  将来性が評価される
✔︎  ネームバリューとして役立つ

ではひとつずつ解説していきましょう。

基礎知識がつく

資格取得のためには基礎知識の勉強が必要です。

未経験者でも資格取得による前知識があるだけで入社後研修・指導の理解度が高まるので、資格取得をすることでその後の成長速度への影響も期待できます。

未経験者でも取りやすい資格を選ぶことで資格も取れて入職前の下準備にもなるため、転職前に余裕があるのであれば一つは取得しておきたいところです。

将来性が評価される

業界未経験者が転職に向け資格取得をすることは、面接時に「高い向上心を持つ」と評価されるポイントとなります。

未経験者の採用スキルによる評価ができないため、向上心や伸び代から判断される「将来性」が大きな基準となるので、内定率を上げる目的としても資格取得はおすすめです。

ネームバリューとして役立つ

履歴書に書ける資格があることは、自身のネームバリューとして役立ちます。

同じスキル・学歴・年齢等の人間が2人面接を受けた場合、資格蘭に関係資格があるかないかで優位に経つ可能性も高くなります。

また、入職後の社内評価や今後フリーランスとして活躍した場合の売り込みなど、将来的に役に立つメリットも含めて資格取得はしておくべきでしょう。

【営業職】広告業界未経験者が取るべきおすすめ資格

営業職には一見資格が不要そうに感じられますが、広告業界では制作の過程で高い専門性をもった人々と関わりながら仕事を進めます。

そのため、広告の知識・広告業界の流れを事前に少しでも把握しておくことで案件内容の理解度変わってくるため、案件受注の成績にも影響してくる場合もあります。

成果主義の営業職だからこそ、他と差をつけるために資格を取るべきといっても過言ではありません。

マーケティング・ビジネス実務検定

取得を目指す中で、マーケティング理論やマーケティング実務知識などマーケティングに関する幅広い知識を勉強する資格です。

マーケティング職に必要な資格でもありますが、企業への広告の戦略を練って提案する営業職にこそ必要な知識を学べる資格です。

Webリテラシー試験

Web業界の標準知識や専門用語など業務に必要な知識を深めることができます。

WebデザイナーやWebプロデューサー、Webディレクターなど立場の違う職種間での情報の誤認を減らすことを目的とした資格です。

広告業界へ転職するのであれば今後Webの知識は必須となります。Webの専門用語を把握していると社内でクリエイターやディレクターとコミュニケーションもとりやすいので、プロジェクト進行にいい影響が出るメリットもあります。

【クリエイティブ職】広告業界未経験者が取るべきおすすめ資格

クリエイティブ職は資格も大切ですが実力主義な部分が大きいので、スクールで実務経験を積んだ後の資格取得がおすすめです。

特にIllustrator・Photoshopは必ず使用するので、未経験者用のスクールで操作方法を学んだ上で、下記の資格をを取ると申し分ないでしょう。

Illustrator®クリエイター能力認定試験

世界基準のグラフィックツールであるIllustratorの活用能力を測定し、評価する資格検定試験です。

学歴や年齢の受験資格はないため、いつでも受験でき、コンテンツ制作における操作スキルや問題解決力といったスキルが認定されます。

スクールでIllustratorを学べばそこまで難易度は高くなく、履歴書にあると「ある程度操作ができる」という認知を持って貰えるので、後述のPhotoshopクリエイター能力認定試験と併せて取得しておくと良いでしょう。

Photoshop®クリエイター能力認定試験

グラフィックツールPhotoshopを使用した、コンテンツ制作能力を測定する試験です。

こちらも同様に受験資格はなく、試験内容は実技と知識試験があるエキスパート級もあるため、自分のレベルに応じた試験受験していきましょう。

未経験者は初級レベルの受験だけでもアピールには十分のため、転職後に段階を踏んで取得していくのもスキルアップ方法としておすすめです。

【マーケティング職】広告業界未経験者が取るべきおすすめ資格

マーケティング職は、どれだけ分析能力があるか・専門用語に慣れているかという部分を採用基準にされるため、ある程度の能力の証明として資格取得が一番必要な職種と言えます。

未経験者は特に実務経験がないので「マーケティング市場をどれだけ理解しているか」という知識の部分をアピールするためにも、いくつか資格を取っておくことをおすすめします。

Webアナリスト検定

Googleアナリティクス向けの実務に沿った資格が「Webアナリスト検定」です。

検定内容は解析ツール上のデータを正しく読み取る知識が問われますが、難易度も低く受験資格も不要のため、最近は学生でもチャレンジされている資格です。

未経験者でもデータを正しく解析して、業務改善に活かすスキルが身につくため、Webマーケティイグ分野への転職を検討されている方は一度チャレンジしてみましょう。

講座時間も、5時間 / 1日程度のプログラムなので、土日を組み合わせれば就業中でも支障が出にくい内容です。

統計検定

学生〜社会人を対象にした、統計に関する知識やデータを活用する知識をつけることができる資格です。

マーケティング職に必要不可欠な「統計」に関する初歩的な知見がつき、レベルも1級~4級とわかれているため、ステップアップを踏みやすいカリキュラムとなっています。

Web解析士

ウェブ解析士とは、Webマーケティングの体系的な知識や分析のための実務的なスキルを証明する資格です。

カリキュラムは3つのレベルに分かれており・ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスターがあります。

資格は段階的にとる条件があるので未経験社はまずウェブ解析士からスタートし、転職後にステップアップしていくのも良いでしょう。

転職の成功率を高めたいなら転職エージェントも利用すべき【上手な使い方】

未経験業界への転職は、情報不足による時間のロスを防ぐためにも転職エージェントを上手に活用しましょう。

転職エージェントってどんなサービス?

転職エージェントとは無料で求人紹介・転職支援を受けられるサービスです。

近年転職エージェントは増加しており、業界特化のものからハイスキル人材専門のものまで幅広く存在します。


【転職エージェントはこんなサービスを受けられる】

  • 無料で希望に合った求人を探してもらえるから仕事の合間に求人情報が届く!
  • 苦手な人も安心!専門アドバイザーから受ける業種ごとの面接対策!
  • 入職時期や給料相談など言いづらい交渉も相談可能!

転職エージェントは「転職のプロ」であるアドバイザーが1人ずつ担当となりサポートすることがほとんどです。

転職を専門としたサービスだからこそ知っている業界ごとの特色をしっかりとマスターして内定率をアップさせましょう。

 
転職は情報が命。経験が全くない未経験業界への転職は専門性の高いアドバイザーを味方につけることが「成功の鍵」となるのです。
転職エージェントは基本的に登録〜内定まで2週間程度で、登録作業もスマホて簡単にできる場合がほとんどです。

さらに利用する場合は次の2点を利用することでより効果的に活用することができるので意識してみましょう。

2社以上の利用で選択肢を増やす

転職エージェントは2社以上利用すると、「選択肢が増える」「比較対象が増える」の2つのメリットがあります。

転職エージェントは会社ごとに保有している求人が異なるため、複数利用でより多くの求人情報を網羅でき、同じ企業の求人情報でも内容を比較することが可能です。

選択肢が増えることにより応募数も増え、情報が増えることで入職後のギャップも減らすことができます。

また転職エージェントごとに異なるサービス内容・担当エージェントとの相性の良し悪しの面から見ても比較対象を作ることで差別化ができるでしょう。

しかしたくさん利用すればいいというものでもなく、4〜5社の転職エージェント利用してしまうと、どの企業から紹介があったか・応募したのかなど自身の情報管理ができなくなってしまうリスクがあります。

利用する数は2〜3社に厳選して行うのが良いでしょう。

エージェント任せにしすぎない

転職エージェントは確かに便利なサービスですが、転職後その職場で働くのは自分自身です。

エージェントに任せっぱなしで入職した職場が「思っていたのと違う」と後悔しても誰も責任を取ってはくれません。

紹介された求人情報は鵜呑みにせず、気になる企業は必ず自分自身でもリサーチを行いましょう。

面接対策や書類作成も一度覚えると役に立つスキルとなるため、言われるがままではなく、自主性を忘れずにいることが大切です。

広告業界へのおすすめ転職エージェントにつては >>Webマーケティング業界に強い転職サイト11選をご紹介!にてご紹介していますのでぜひご覧ください。

広告業界が未経験者の転職は「digireka!」がおすすめ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。

経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。

  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

まとめ

今回は、広告業界未経験者へのおすすめ資格についてご紹介しました。

資格取得は未経験業界への転職の対処法として、内定率アップや転職後の将来性などのメリットからおすすめの方法です。

未経験の業界への転職は通常よりも不安要素が多いため、資格取得することで前向きな要素を増やす手助けになります。

在職中で時間がない場合は、難易度の低いものからチャレンジする・離職後の時間を活用するなど、自分に無理のない範囲で行うことが良いでしょう。

転職エージェントでは不安要素の相談や資格取得に対するアドバイスを受けることも可能なので、無料のサービスを上手に活用することをおすすめします。

転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。