第二新卒の転職成功例をまとめてみた。

卒業後3年以内の転職を希望する「第二新卒」。

最低限のビジネスマナーを心得ており、即戦力や将来性を期待され採用されることが多い年代で、積極的に採用を行う企業も多く有ります。

しかし、そんな可能性の高い第二新卒の転職でも「失敗したらどうしよう…」と不安になる人もいますよね。

第二新卒の転職では、綿密な自己分析と新卒と差を見せるためのスキルが何より重要とmなるでしょう。

この記事では、第二新卒での転職を検討されている皆さんに実際の成功例を成功する人の特徴を詳しく解説していきます。

これから転職活動を始める人は記事の内容を参考にしてみてください。

20代の転職者数ってどれくらい?

第二新卒の転職成功例の前に、現在の転職状況はどうなっているのでしょうか?

不景気で転職者数が減少しつつあるというニュースが流れる中で、第二新卒世代が多く含まれる20代の転職者数は、以下の通り年々増加している傾向にあります。

(出典:マイナビニュース

その数値は5年間で約2.5倍となっており、もはや20代では転職経験があってもなんら珍しくは1りません。

コロナ渦による不景気が日本を襲う時代だからこそ、今の会社に不満をもつ20代が多く転職を検討しているのだと考えられます。

第二新卒で転職に成功する人の特徴は?

第二新卒者で転職に成功しやすい人の特徴としては、大きく以下の3つになります。

・自己分析がよくできている

・柔軟性が高い

・転職先へ長く勤めるアピールができる

それではひとつずつ解説していきます。

自己分析がよくできている

第二新卒者は少なくとも会社に1〜3年在籍した経験があります。

したがって、新卒とは違い、ある程度の経験者として企業も採用するため、面接対策も兼ねて、自分にはどのようなことができて何が苦手なのかをしっかり分析しておくことが必要です。

ただ頭に浮かべるのではなく、メモに箇条書きしたり職務経歴書を作成してみると、整理がしやすいでしょう。

また、資格を取得しているのであれば、取得年数なども調べておきましょう。

自己分析を初めにしっかり行っておくと、希望の業種に求められるスキルと自分の能力が合っているのかも判断しやすく、転職活動の指標となるので、今後のためにも少し時間をかけて行いましょう。

柔軟性が高い

第二新卒者の多くは、転職前の職場が初めて勤める職場となります。

そのため、自分の常識がその会社の常識となっている人も多く、転職すると「前の会社ではそんなルールがなかった」など戸惑うこともあるでしょう。

さらに「自分の仕事スタイルはこれ!」と決めつけてしまっている人は、転職後の会社にも馴染みにくく、転職先での人間関係がうまくいかない可能性も考えられます。

第二新卒者で転職を成功させるためには、新しい会社のルールややり方にも柔軟に対応する心がけと、協調性をもつことが必要だと考えられます。

転職先へ長く勤めるアピールができる

第二新卒者を企業が採用する場合に懸念するのは「またすぐ転職をしないか?」という点が大きいでしょう。

そのため、面接で「入社すれば長く勤める気持ちがある」というアピールをすることが大切です。

これからの人生どのような出来事があるかは予想がつきません。ですので、転職後の長期勤務を確約するわけではなく、気持ちとして長く在籍すると言うことを面接官へ伝えましょう。

具体的なアピール方法としては、入社後のキャリアプランを話してみたり、やりたい業務をアピールするなどです。

女性で未婚の場合は、結婚後も勤務形態を変えて働きたいことを伝えてみるなどすれば、面接官も将来を考えた転職を検討していると安心するでしょう。

「先のことは不明」「入社後の環境によって考える」など、マイナスな発言を行うことはNGです。

第二新卒者の転職成功例

最後は、第二新卒者で転職をした人の成功例をご紹介します。

その1.年齢をアピールし転職を成功させた

第二新卒の1番の武器と考えられるのは、やはり「年齢」です。

20代後半・30代の転職者も年々増加傾向にはありますが、やはり第二新卒である20代前半の方が企業も採用に積極的です。

第二新卒者の転職活動では、これから何十年も在籍することとまだまだ知識や経験を吸収できる将来性をアピールしていくと、成功を掴みやすいのではないでしょうか。

しかし、上記のように経験不足のため採用は難しいと判断される場合もあるので、今の経験年数でできることをしっかりと棚卸ししておき、面接先の企業の需要に合わせてアピールしていくことが大切です。

その2.転職エージェントをうまく活用して成功させた

第二新卒の転職で強い味方となるのが、転職エージェントです。

第二新卒では多くの人が初めてとなる転職活動で、求人紹介や書類添削などを無料で受けることができます。

しかし、近年は転職エージェントも数が多く、第二新卒に特化しているなど会社により特徴が異なります。

自分にあった転職エージェントを利用できなかった場合、希望の求人がなかったりなどで時間を無駄にしてしまうリスクが考えられます。

転職エージェントを利用する際は、どのような特徴があるのかを下調べしてから利用するのがおすすめです。また、転職エージェントを利用する際は、比較対象を作るためも複数の会社を利用しましょう。

まとめ

今回は、第二新卒の転職成功方法と成功例をまとめました。

第二新卒者は転職者が増加している傾向にあるため、人気な企業の競争率も自然と上昇することが考えられます。

若さが売りの第二新卒者でも、同年代がライバルとなると、周囲との差別化ができるよう対策が必要です。

理想の転職を叶えるためにも、転職成功者の特徴を意識し、積極的に活動していきましょう。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。