CM制作会社年収ランキング!仕事内容・年収・必要なスキル、採用、転職なども徹底解剖

テレビCMを制作する会社であるCM制作会社、映像関係のお仕事を希望されている方の中には就職を希望されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?昔はテレビCMの映像制作がメインでしたが、最近ではWeb、SNS上などメディア種類の増加により映像制作業務の需要が増加しており、人気の業界となっています。

就職・転職する際気になるのが、年収ですよね。この記事ではCM制作の職種に関する年収状況とCM制作会社の年収ランキングについて解説いたします。CM制作会社への就職・転職を考えられている方は、是非この記事を参考にしてどの企業にするか検討してみてください。

CM制作会社とは?

CM制作会社とは、CMで利用する動画を制作する会社となります。これまではテレビCMが主体でしたが、最近ではCMメディアが増えたことで仕事の幅が広がっています。例えば企業HP上にアップする動画やYouTubeなどSNS上の動画、企業内で利用する企業紹介動画やミュージックビデオ製作など様々な媒体の仕事があります。

広告代理店とタッグを組んで行う仕事が多い

仕事は広告代理店とタッグを組んで行う仕事がほとんどですCM制作会社はCM動画の制作は行いますが、企画までは実施しないことが多いです。CM企画はあくまでも広告代理店が行いますので、CM制作会社はその企画書を元に動画を制作するわけです。

CM制作を依頼する企業は基本コンペにより企業を選定する為、CM制作会社は広告代理店とタッグを組んで提案し案件受注に結び付ける動きとなります。

企画まで行う企業もある

ただCM制作会社の中には、企画から映像制作まで一貫して対応する企業もあります。企画は広告代理店の行う仕事ですが、この部分も含め対応することで、顧客から直接案件を受注できるようになるのです。

ただ、顧客が直接CM制作会社に依頼することは多くありません。企画まで担当するケースでも、広告代理店を経由して依頼されることがほとんどであり、この場合役割分担が変わるだけなのです。広告代理店はCM放映枠の確保までとし、CM制作会社が動画の企画~製作を担当する、という分担になります。

CM制作会社の平均年収は?

CM制作するCM制作会社、それでは気になる年収はどのぐらいでしょうか?CM制作会社での職種は、プロダクションマネージャー、ディレクター、プロデューサーと大きく分けて3つのランクがあり、それぞれ年収が異なります。上に上がれば上がるほど年収が上がります。企業によって年収に大きな開きがあることも特徴と言えます。

ここではランク別の平均年収について解説します。

プロダクションマネージャー

プロダクションマネージャーはCM制作現場でディレクターやプロデューサーのアシスタント業務で、いわば現場の実働部隊です。平均年収は340万円程度と3つの役割では1番下になります。

業務内容は、外部交渉、スタジオ手配、キャスティング、関係者のスケジュール調整や予算管理、はたまた昼ご飯の発注など、現場業務のほとんどを担うことになります。

仕事の割に年収が少なく感じるかもしれませんが、ディレクターやプロデューサーになるためには通らなければならない道であり、経験していく必要があります。またCM制作の裏側を知ることもできるため、上を目指す方には勉強できる機会に多く巡り合えます。

ディレクター

ディレクターは、映像制作現場で撮影の進行役を担う、いわば現場監督です。気になる年収ですが、平均420万円前後とプロダクションマネージャーから大きく上がることはありません。

但し企業により振れ幅が大きく、低い人だと200万円台後半から高い方で700万円超と大きく開きがあることもあります。これは会社規模や業績、本人の経験年数や実績によって大きく変動がでます。

プロデューサー

プロデューサーは、映像制作全体を統括する業務です。顧客や広告代理店の要件確認を行い、ディレクターやプロダクションマネージャーの指示、進捗管理、予算管理をする、いわば映像制作全体のPMのような役割を果たします。

プロデューサーの平均年収は500万円弱でした。しかしながらプロデューサーは世の中の知名度や評価により大きく年収に開きがあり、年収1,000万円以上を狙うことも可能です。

CM制作会社年収ランキング

CM制作会社はなにより企業によって年収が左右される業界であり、企業選びは非常に重要になってきます。そこでここでは、年収順の企業ランキングについて解説いたします。少しでも高い年収を希望される方は注目です。

第1位:AOI Pro inc.

AOI.Incは1963年に設立された老舗CM制作企業です。テレビCMだけでなくデジタルコンテンツにも積極的に進出しており、2020年の売上は187億円(連結)と非常に好調な企業です。

平均年収は702万円と業界内では比較的高めで、特に45歳以上になれば800万円以上の平均年収と高いレベルを維持しています。CM制作会社としてはトップクラスの企業と言えるでしょう。

AOI TYO Holdingsがありますが、今回は分けて記載しています。AOI TYO Holdingsはテレビ CM 制作大手の AOI Pro.とティー・ワイ・オーが経営統合に伴い 17 年 1 月に設立した共同持株会社。経営統合により業界トップに躍進。「動画広告事業(旧、広告映像制作事業)」を主力に、「ソリューション事業」では、広告主との直接取引による複合的なメディア展開や、動画を活用したウェブプロモーションなど支援する。

第2位:東北新社

東北新社と言えばテレビ局として有名な企業ですが、CM制作会社としての機能もあります。企業が大きいだけに自社で放映するCMなどの業務などもあり、安定して仕事があることでも有名です。また東北新社はデジタルコンテンツ分野にも進出しており、CMだけでなくこういった配信コンテンツの動画制作もおこなっております。

東北新社の平均年収は500万円強と業界内では比較的高めです。45歳以上であれば700万円強の年収を得られること、さらにはテレビ局とのつながりが強いため、有名になればテレビ局のディレクター職などに転職できる機会もあるため、キャリアアップを図りたい方には最適の企業と言えます。

第3位:株式会社ティー・ワイ・オー

株式会社ティー・ワイ・オーは1982年に設立された企業で、テレビCMやプロモーションビデオなどの仕事を中心に活動しています。有名なところでは、マイナポイント、JR東海の「そうだ京都、行こう」のCM、さらにはKing Gnuの「白日」のプロモーションビデオなどここ最近注目されている動画の制作を手掛けた実績があります。

ティー・ワイ・オーの平均年収は500万円強、45歳以上で600~650万円強となっています。ただ最近注目されているCMを多く手掛け、成長著しい企業でもあるため、今後さらに年収が増加することが期待できる企業とも言えます。

第4位:株式会社ギークピクチャーズ

株式会社ギークピクチャーズは、2007年に設立したCM制作会社としては新しめの企業です。CM制作以外にデジタルコンテンツや映画制作、ミュージックビデオ製作なども手掛けており、今延びているCM制作企業の一つです。有名なところではKINTO(トヨタ自動車)のCM、ソフトバンク、NTTドコモ、映画ではザ・ファブルなどがあります。

ギークピクチャーズの平均年収は500万円前後、45歳以上で600万円~650万円程度となっています。この企業もティー・ワイ・オーと同じく現在延びている企業ですので今後の給与アップが期待できる企業です。

第5位:太陽企画株式会社

太陽企画株式会社は1968年に設立したCM制作会社としては老舗企業の1つです。この企業の特徴はCMの企画から制作までを一貫して行う企業であることです。手掛けたCMの中には有名なものもあり、エステーのムシューダや、花王アタックZERO、UNIQLOなどがあります。

太陽企画の平均年収は450万円前後、45歳以上で550万円~650万円と平均を大きく上回ります。何より老舗の安定した企業を望まれる方におすすめの企業です。

まとめ

いかがだったでしょうか?CM制作会社は全般的に一般企業に比べ低い年収レベルとなっております。しかしながらこの中にはかなり有名な企業もあり、中には1000万円以上を狙えるような企業もあります。

大事なのは企業選びです。CM制作を目指したい方は、この記事を参考に少しでも高い年収の企業に就職できるよう努力してみてください。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。