マーケティング業界で転職するときの必要スキルのお悩みお答えします!

これを読まれているあなたは、

・Webマーケティングにおいてよりスキルや知識を得たい
・Webマーケティング業界で転職したいけど、不安がある
・そもそもWebマーケティング業界においてどんな職種があるのか分からない
といった悩みをお持ちではないでしょうか?

そんな方に、Webマーケティング業界の職種に関してから、具体的にWebマーケティング業界で転職する際における必須スキルや、注力すべき点を伝えていきたいと思います。

今すぐ転職を考えていない方でも、後に転職をする際の前準備として対策することができますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

webマーケティング業界ではスキルを活かしやすい

特徴として、Webマーケティング業界では別職種になろうが培ってきたスキルや知識は活かしやすい傾向があります。その理由として、根本的なマーケティングにおける考え方は同じという点があります。もちろん行う施策や扱う業界によって、特徴もそれぞれ変わってくるかとおもいますが、マーケティングにおいて何かしらのモノやお店をより認知させること、より販売していくことに違いはない為、消費者や対象者目線でどのように考えているかなどの視点が非常に重要になってきます。そのため、たとえ職種が変わってきたとしても前職で得た知識やスキルを応用すれば仕事として達成可能なことばかりですので、面接でうまくアピールすれば加点要素があります。

webマーケティングの職種

大きく分けると主に5つに分類することができます。

Web担当者(コンテンツSEO系)

主にSEOを考えて、よりHPへの流入を増やすのが仕事となります。最近ではYouTube市場も盛り上がっていますので、動画といったコンテンツを用いてマーケティングの施策を取ることもあります。大きい企業においては、HPをもっていない企業の方が珍しい時代になってきており、今後もHPに対する施策は主軸として行うマーケティングになります。どんな会社においても必要になる知識やスキルです。

Web担当者(広告系)

Google・Yahoo!におけるリスティング広告やディスプレイ広告を用いてマーケティングの施策を行う仕事になります。またSNSにおけるアカウント運用から広告に関しても行う仕事もあります。SEMと言ったりもしますが、コンテンツ系と比べるとより売上に近い部分に関わるようなイメージです。消費者目線でどのように考えてどのように行動するのかが重要になってきますので、業界ごとの特徴を知る知識面も重要になってきます。

Webアナリスト

主にWebサイトの解析を行い、その後の施策の提案を行っていく仕事になります。すべてのマーケターにおいて必要なスキルですあり、Googleアナリティクスや各種計測ツールなどを深く理解していることも重要になってきますので、専門的な面も出てくる仕事です。

Webディレクター・プロジェクトマネージャー

主にWebサイトの制作におけるプロジェクトを進行していく仕事になります。クライアント先でのヒアリングから、製作期間を設定した上でのエンジニアやデザイナーへの仕事の割り振りなどを担当しますので、全体をしっかり把握した上で仕事に取り組むことが重要になってきます。プロジェクトマネージャーはWebディレクターの上の役職に位置し、プロジェクトの責任者として携わる仕事になります。Webディレクターを束ねることから、マネジメントスキルも必要になってきますので、ディレション業務の経験値は必須になってきます。

Webコンサルタント

クライアントに対して、ヒアリングをしたうえで最適な施策を提案し施行する仕事になります。コンテンツ系、広告系等問わずに最適なものを提案することに価値を見出す仕事になりますので、Webマーケティングにおいての幅広い知識とスキルが必要になってきます。Webマーケティングにおける上流工程を担当するので責任は重大ですが、その分得られる経験値は高くやりがいのある仕事になります。

転職に有利なスキル

実際に転職をする上でどのようなことが重要になってくるのか紹介します。

実務・経験

転職する上で、その仕事における実務経験があれば即戦力となりますので、かなり有利になってきます。ただ、実務経験ゼロの職種で転職を考えている方も沢山いらっしゃると思います。その際にオススメなのは、個人で何かしらの経験をしてみることです。たとえば、コンテンツ系に転職したい場合は、個人ブログを作ることで、HPの仕組みを学びながらSEOの知識を得られます。広告系に転職したい際には、数千円の予算でいいから何かしらの広告を出してみたり、SNS系においては実際にアカウントを作成して運用してみるといったことが可能になります。実際に経験があるかないかでは雲泥の差になりますので、何かしら個人でやってみることで大きく他の応募者と差をつけることができます。

知識・理解

実務経験がなくとも、その職種における知識や、仕事内容の理解は非常に重要になってきます。余裕がある方は、GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)などの資格を取ることができればかなり有利に進めることができると思います。本を一冊買って読むだけでも知識レベルはかなり高まると思いますので、隙間時間を有効活用して知識を深めましょう。

内定を貰う面接とは

今まで自分が行ってきたことをしっかり伝えることでのアピールは重要になってきますが、それだけではなかなか差をつけることはできません。より差をつけるためにも、転職先の職種へ理解だけではなく、どの程度行動・実践しているのかが大切です。仕事内容の大枠を理解しているくらいのレベルの方が、応募者の大半な中、しっかり個人で行動して経験があるような人間は、間違いなく重宝される人材です。転職前の行動でこの先の人生も大きく変わってきますので、頑張って取り組みましょう。

まとめ

様々な職種があるWebマーケティング業界ですが、より知識やスキルを深めることでキャリアアップは容易になります。もちろん、一つの分野を極めることも大切ですが、他の職種も経験して幅を広げることで市場価値も大きく高めることができますので、ぜひどんどん挑戦していきましょう。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    LINEの友達追加でも転職のご相談ができます。

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。