その他の記事

業界未経験者向けのキャリア記事

SEOコンサルティング企業の仕事内容・キャリア

デジタルマーケティング業界特化型の転職エージェントuloqoです。弊社はデジタルマーケティング業界に特化した転職活動支援を行うとともに、digireka!の運営を通し、デジタルマーケティング業界にまつわる情報や転職ノウハウなどをお伝えしております。今日は、SEO企業の仕事内容とその後のキャリアについてまとめました。

SEOコンサルティング企業の仕事内容・キャリア

SEOコンサルティング企業について

顧客企業に対してSEOをコンサルティングする事で、検索エンジンからのサイト集客最大化を目指します。ウェブサイトの最適化とそれに伴う集客最大化がミッションの為、基本的には、インターネット広告やCRM領域に関しては関与しません。
SEOとは

具体的な役割

クライアント予算に合わせて、検索ユーザーのニーズ分析・コンテンツ企画・デザイン適用・Googleが評価しやすいサイト作りなどを行います。

主要SEOコンサルティング企業

・Speee
・ウィルゲート
・ナイル
・Faber Company
・ジオコード
・PLAN-B
・フルスピード

SEOコンサルティング企業の仕事内容

SEOコンサルティング企業における主要職種は
営業
アナリスト
になります。

営業職の場合

・提案先リスト作成
・アプローチ、ヒアリング
・提案、受注
・サポート(アナリストへの引継ぎ等)

アナリストの場合

・内部HTML調査、最適化
・外部リンクの調査、設置
・記事作成、ディレクション
・サーバー調査、ドメイン調査、設定
・効果測定ツールの設定、タグ設置
・順位、成果レポートの作成
・サイト改善案立案
・外部リンクの開発

求められる人物像

営業職の場合

SEOコンサルティング企業の営業職は基本的に「THE営業」としての仕事内容になります。

商材が商材なのでwebマーケティング(SEO)知識などは身に着きますが、基本的には営業としてキャリアアップしていくイメージです。その為、

・営業力、顧客折衝能力
・ヒアリング能力
・論理的思考力

上記の様なスキルが求められることが多いです。

アナリストの場合

アナリストの場合は、webサイトの構造、グーグルの検索ロジック傾向などを詳細まで把握し、粘り強くサイト内調査や分析、改善を繰り返していく必要があります。

その為、

・コンセプチュアルスキル (論理的思考能力、PJマネジメント、調査分析スキル、戦略思考)
・webマーケティングに対する強い興味関心

が求められます。インターネットリテラシーが低く数字に弱い方にとってはとても辛い職務内容となるため、リテラシーが高く、数字を扱う仕事に抵抗のない人物である事が前提です。

SEOコンサルティング企業のキャリア

営業職の場合

1.管理職への登用
2.インターネット広告代理店や媒体社におけるアカウントプランナー

アナリストの場合

1.事業会社におけるSEOスペシャリスト、webマーケター
2.媒体社のコンテンツディレクター、編集職
3.webディレクター

等が想定されるキャリアパスになります。

まとめ

SEOはメディアを持つ企業にとっては欠かせない領域です。今後も市場成長が見込まれます。SEOコンサルティング企業における営業職の場合、営業要素が高い職務内容の為、職務内容とマッチするかどうか事前に認識して置いた方が良いです。

アナリスト職の場合も、職務内容とマッチするかどうか、入念に確認してからでないとミスマッチに繋がります。※会社によっては、営業職であっても職務範囲が広かったり、SEO以外の商材提案も可能な場合があります。その為、企業情報についてもしっかりリサーチしておきましょう。

株式会社uloqoに転職相談する

人気記事

  1. 大手SEOコンサルティング会社について、まとめました。
  2. そもそもWebマーケティングとは何なのか?全体像を理解しよう!
  3. デジタルマーケティング業界で市場価値を高めるために、今後必要なス…
  4. 面接対策!転職理由ってどう答えればいいの?
  5. 大手制作系デジタルエージェンシーについて、まとめました
  6. デジタルマーケティング業界の仕事内容について、まとめました。
  7. デジタルマーケティング関連の資格12選まとめ
  8. メディアレップの仕事内容・キャリアについて

友だち追加

最新記事

PAGE TOP