その他の記事

業界未経験者向けのキャリア記事

メディアレップの仕事内容・キャリアについて

インターネット広告市場は専門用語が多く、業界に身を置いた事がない人からすれば、仕事内容のイメージが持ちづらいですよね。
また、業界内の人にとっても、メディアレップで築いたキャリアがその先どこに繋がるのか、分かりにくかったりします。
今日は、メディアレップでの仕事内容・キャリアについてお話します。

メディアレップの仕事内容・キャリアについて

メディアレップとは

メディアレップとは、特定の媒体が保有する広告枠を管理し、広告代理店や広告主に販売する広告代理店です。

メディアレップとは

国内市場では、
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)
博報堂DYホールディングスの子会社
株式会社サイバーコミュニケーションズ(CCI)
電通とソフトバンクの共同出資企業

が代表的な企業になります。

メディレップの立ち位置

メディアレップの業態上、媒体側との接触頻度が非常に多くなります。広告代理店やアドテクベンダーは広告主との距離が近い業態ですが、メディアレップは媒体側との距離が近い業態となっています。

しかし、DACやCCIなどの主要メディアレップは、プログラマティック広告が市場に展開されたあたりから、徐々に業態を拡げつつあります。

今では、二社とも広告代理店として広告主側に対するサービス提供を行っています。
また、DMPやDSPなどアドテクプロダクトの開発・提供を進めています。

メディアレップの仕事内容

先程述べたように、メディアレップは媒体側との距離が近い企業です。
主要メディアレップ二社は業態を拡げている為、広告代理店としての顔、アドテク提供企業としての顔も持っていますが、
一旦は元来のメディアレップの仕事内容に即して説明していきます。

メディアレップには、アカウントプランナーやアカウントエクゼクティブというポジションは存在せず、
メディアプランナー
という職種を中心にサービス提供を行っています。

メディアプランナーは、広告代理店や広告主に対して、自社管理の媒体広告枠を販売します。
広告代理店や広告主のニーズに基づいて、自社管理の媒体広告枠を提案するという事です。

ミッションは媒体収益を最大化させる事。また、広告主の広告効果を最大化させる事です。
広告代理店に対する媒体提案は勿論の事ながら、受発注管理や広告掲載可否審査、企画のディレクションなどを担当します。

メディアレップにおけるキャリア

メディアレップを経たネクストキャリア例ですが、

1.マネ―ジャー 管理職への登用
2.ネット専業代理店やアドテクベンダーなど、デマンドサイド
3.媒体側の広告営業
4.媒体側の広告商品企画

が想定されます。

1.マネ―ジャー 管理職への登用

インターネット広告代理店やアドテクベンダーと比べると、20代のマネジメントレイヤーはそこまで多くみられるわけではありません。
とはいえ他産業と比較すると若手が多い業界ではあるので、管理職へのキャリアアップを目指すのも良いでしょう。
特に大手二社のメディアレップは業態を拡大している為、様々な領域に携われる可能性がある事が魅力です。

2.ネット専業代理店やアドテクベンダーなど、デマンドサイド

広告代理店や広告主を相手にメディアプランニングを行っているうちに、
デマンドサイドである広告代理店でのキャリアに関心を持つケースもあります。
メディアレップでの就業経験により、広告業界全体の流れをよく知っている状態です。
ポジションによっては即戦力としての活躍も期待できます。

3.媒体側の広告営業

メディアレップでメディアプランナーの職に就いていた人にとっては、最も親和性が高いキャリアです。
一件同じ仕事をするだけのようにも見えますが、メディアレップでは取扱媒体の数が非常に多くなることから、腰を据えて一つのメディアの成長に関わる といったキャリアイメージが描きづらいものです。
そこで、より特定の媒体の成長に関わりたいと考える方にとって、媒体社の広告営業ポジションは魅力的なポジションです。

4.媒体側の広告商品企画

現状、インターネット広告で収益化を目指す媒体の数は増え続けています。そのため、媒体側も自社媒体の収益化に苦戦しています。
メディアプランナーは、媒体側の広告枠収益化のスペシャリストです。

自社媒体の特性を踏まえて、オリジナルの広告枠メニューの企画を行うポジションへの転職も、経験を活かしたキャリアチェンジといえます。

まとめ

メディアレップは、近年の業態拡大に伴い、メディアプランナー以外の様々な職種も経験することが可能です。
従来通りのメディアプランナーとしてキャリア形成を目指す場合、ネクストキャリアに関しては、媒体側でのキャリアが親和性高くなる事を認識しておくとよいでしょう。

【関連記事】
【最新版 2017年度】インターネット広告代理店売上ランキング
大手インターネット広告代理店について、まとめました。

メディアレップの求人
DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)の中途求人・転職情報-年収、転職方法、強み、働くメリット、福利厚生、選考難易度-

 

メディアレップへの転職をご検討されている方へ向けて

digireka!運営の株式会社uloqoでは、デジタルマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

メディアレップへの転職をご検討されているユーザー様は、是非下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。

メディアレップへの転職をご希望されているユーザー様はこちらまでご相談ください

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期に関川さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
関川さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

関川さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『関川さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

 

関川さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのは関川さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

 

関川さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

クライアント企業様の声

関川さんはフォローも素晴らしいですし、業界や弊社の事を分かっててくださるので、
とても信頼しておりまして、なので、決めるなら関川さんからがいいねと話しているんです
いつも良い方をご紹介してくださいますし

某テクノロジーベンダー人事ご担当者様

 

弊社としては、経験者の採用は課題が多く、苦戦している部分です。
関川さんには、弊社の特異性、業務内容など十分ご理解いただいたうえ、候補者の方にフォローいただいた結果と存じます。
また、近しい方をご紹介いただき、こちらとしても身の引き締まる思いです。
10月1日以降、●●さんが活躍できる場を提供できるよう努めて参ります。

某ネット広告専業代理店人事ご担当者様

 

こちらこそ、いつもご協力いただき
大変助かっております。
本音言うと、貴社からのご紹介が
一番頼りにさせていただいている部分が大きいので、
是非全4枠、貴社経由で採用できればと思っています。

某ネット広告コンサルティング企業人事ご担当者様

 

人気記事

  1. インターネット広告代理店の仕事内容・キャリア~広告運用編~
  2. マーケティング関連職種まとめ。仕事内容から必要なスキルまで、徹底…
  3. アドテクベンダーと広告代理店の違いって?アドテクベンダーの仕事内…
  4. ハウスエージェンシーとは。働くメリット、デメリットは?
  5. 未経験・第二新卒でもデジタルマーケティング企業への転職は可能なの…
  6. 大手SEOコンサルティング会社について、まとめました。
  7. 未経験からデジタルマーケティング業界への転職を志望する人が、応募…
  8. そもそもWebマーケティングとは何なのか?全体像を理解しよう!

友だち追加

最新記事

PAGE TOP