その他の記事

ノウハウ&まとめ記事

本気で使える!無料のワイヤーフレーム作成ツール6選

webディレクターの方のみならず、マーケティング担当者が外部に制作発注する際などにも活用するワイヤーフレーム。なかなか業務工数がかかる作業なので、効率的に作成出来れば嬉しいですよね。

ワイヤーフレームといっても、色んな形式、色んな作成ツールがあって、スタート時点で迷ってしまう事も多々あります。今日は、筆者が実際に使ってみてオススメしたい、無料で使えるワイヤーフレーム作成ツ―ルをご紹介します。

無料のワイヤーフレーム作成ツール6選

JustinMind

https://www.justinmind.com/

オーソドックスな形式でワイヤーフレーム制作を手軽にやりたい人向けのツールです。インストールして使用するタイプのツールです。ブラウザ上で動作するツールを選びがちですが、よく考えればオフライン時も使用できるので便利ですよね。

英語表記ですが、編集画面はアイコンが並べられていて、それらをドロップ&クリックしていくだけなので、英語が分からない人でも感覚的に使用する事が出来ると思います。

POP

https://marvelapp.com/pop/?popref=1

POPは、スマホで手書きのワイヤーフレームの写真を撮って、それらを紐づける事が出来るツールです。手書き派の人にも、より作業を効率化してくれるツールとして人気です。リアルタイムのミーティングなどでも使えますね。

下記はサービス紹介動画です。動画をみていただければ、より使用感がイメージしやすくなると思います。

Mockflow

https://www.mockflow.com/

mockflowは、ブラウザ上で使用できるワイヤーフレームツールです。比較的多機能でUIコンポーネントが充実しています。また、チャット機能が付属している為、チームでリアルタイムの作業をするのにとても便利です。

日本語対応はしていませんが、こちらも感覚的に使用できるので、問題ないかと思います。

moqups

https://moqups.com/

moqupsもブラウザ上で動作するワイヤーフレームツールです。デフォルトで用意されているステンシルをドラッグ&ドロップで動かしていくだけなので、こちらも日本語対応していませんが、日本語オンリーの人でも問題ないはずです。

アイコンなどの装飾機能が充実していて、かなり本格的なワイヤーフレームが作成出来ます。

Wireframe.cc

https://wireframe.cc/

wireframe.ccは、とてもシンプルなワイヤーフレーム作成ツールです。ブラウザ上で動作します。多機能すぎるよりシンプルなツールの方が使いやすい、といった人にオススメです。

ちなみに筆者が最も使っているのはwireframe.ccです。URLをたたいたら即編集ページという潔さがまた嬉しいですね。機能性自体は高いツールなので、多機能なものと比べて完成品のクオリティに差が出るようなこともありません。

BALSAMIQ

https://balsamiq.cloud/

こちらもブラウザ動作するワイヤーフレーム作成ツールです。まず、沢山手書きができます。同時に、webツールとしての機能も備わっているので、今迄手書きで作っていたけど、そろそろwebに移行しようかなと考えている人にとっては、入りやすいと思います。

チームで編集しやすいよう、全員でリアルタイムにレビューが出来るようになっているので、チームで制作する際も便利です。

まとめ

如何でしたでしょうか?今日は、実際に筆者が使用して使いやすいなあと感じたツールを厳選してご紹介しました。ワイヤーフレームツールはソフトによって使用感が全く異なってくります。

今回は無料ツールに限って紹介しましたが、有料版でも無料でお試し版を使用できるツールも沢山あるので、自分に使いやすいツールを探して、見つける事をオススメします。そうすればきっと、作業効率もあがるはずです。

 

人気記事

  1. 【2018年版】デジタルマーケティング業界の情報収集に本気で使え…
  2. AIDMAだけじゃない!マーケティング概念まとめ
  3. Amazonの広告事業「AMS」について、まとめました
  4. 面倒な調整も楽々!活用シーン別スケジュール調整ツールまとめ
  5. トリプルメディア(アーンド、オウンド、ペイド)とは?違いや活用方…
  6. 国内外のDMP一覧!特徴まとめ
  7. ABM(アカウントベースドマーケティング)とは?
  8. 厳選50冊。デジタルマーケティング関連のおすすめ本をジャンル別に…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP