書類選考に時間がかかってしまう理由と、その対策方法

デジタルマーケティング業界特化型の転職エージェントuloqoです。弊社はデジタルマーケティング業界に特化した転職活動支援を行うとともに、digireka!の運営を通し、デジタルマーケティング業界にまつわる情報や転職ノウハウなどをお伝えしております。

今日は、転職活動の入り口でもある、書類選考についてです。複数の企業に書類応募されたことがある方なら一度は経験があるかと思いますが、書類選考って時間がかかるときは異常に時間がかかってしまうんですよね。

今日は、なぜ書類選考で時間がかかってしまうのか、という点と、その際の対策についてお伝えします。

書類選考に時間がかかってしまう要因って?

1.人事担当者が忙しい
2.現場が書類選考を行う場合、現場が忙しく優先度が下がっている
3.現場が書類選考を行う場合、人事~現場間でオペレーションミスが起きている
4.他者で選考が進捗しており、結果が出てから他の応募者の選考を進めようとしている
5.既に落選しており、人事、もしくは人材紹介会社側の優先度が下がっている

1.人事担当者が忙しい

もっともありがちなパターンです。まず前提として、中途採用の人事担当者は常に多忙です。

一日何十通の応募が複数チャネルから発生し、さらには人材紹介会社や求人媒体、社内他部署との打ち合わせ、求人媒体や求人票の編集、ダイレクトリクルーティングのスカウト送付などなど、タスクに追われています。

その為、様々なタスクに忙殺される中で、優先度が下がってしまっている場合、書類選考結果通知が遅くなります。

2.現場が書類選考を行う場合、現場が忙しく優先度が下がっている

こちらもよくあるケースです。書類選考合否の決裁権を現場が持っている場合、当然現場のメインのタスクは別にあります。

その為、メインタスクの状況次第で、書類選考の結果通知が著しく遅れてしまうのです。

あくまで個人的な体感ですが、おおよそ半数以上の企業が現場に書類選考の合否決裁を委譲しているのではないのでしょうか?

3.現場が書類選考を行う場合、人事~現場間でオペレーションミスが起きている

オペレーションミスというと大層ですが、「頼んだつもりが現場が認識していなかった」であったり、「現場の担当者に渡すデータにパスワードがかかっていて、それを現場が指摘しておらず放置してしまっていた」など、要因は様々ですが、要は単純に企業側のミスです。稀に発生します。極端に書類選考結果が遅れている場合は、企業側のオペレーションミスである可能性が高いです。

4.他者で選考が進捗しており、結果が出てから他の応募者の選考を進めようとしている

応募先求人で既に他者が最終面接フェースである場合などに起こり得るケースです。

応募時に状況を教えてくれる企業であれば有難い限りですが、前述した通り、人事担当者も非常に多忙なため、そこまで丁寧な対応が難しい場合もあります。

5.既に落選しており、人事、もしくは人材紹介会社側の優先度が下がっている

あってはいけない事ですが、正直かなりの確率で起こり得るケースかなと思います。よく求職者様から、「人材紹介会社経由で応募したけどそれ以降連絡がまったくないまま放置されている」といったお声をいただく事があります。

人材紹介会社の中で優先度が下がってしまっており、連絡をおろそかにしているのです。

肝心な対策方法とは?

自主応募の場合

書類応募時に、現在の併願状況およびスケジュールを明記する
応募から1週間経過した時点で、連絡を入れる

上記二点の対策が必要です。

まず、応募時に現在の併願状況およびスケジュールを明記しておくことで、先方側も具体的なスケジュールを意識せざるを得なくなります。暗黙のプレッシャーです。また、書類選考に1週間かかる=「遅い」と判断してよいと思っています。

その為、1週間経過したあたりで連絡を入れて良いと思います。※応募時に、結果通知に2週間程度かかる事があります。などと明記されている場合もあります。その場合、記載に従って連絡は入れずに待ちましょう。

転職エージェント経由の場合

転職エージェントにこまめに連絡を入れる

に尽きるかなと思います。その際ですが、なるべく良好なコミュニケーションを日ごろからとるようにしておくとスムーズかと思います。普段からメール等のレスが極端に遅い求職者の方に対しては、人材紹介会社も優先度を下げがちです。

密なやりとりを進めながら、書類応募から5営業日を経過した段階で、状況確認を行うようにしましょう。以降は、毎日でも確認を入れて良いと思います。

基本的に企業と求職者様双方をマネジメントするのが人材紹介会社の役割のため、書類選考結果が遅れている場合、その責任は企業ではなく人材紹介会社にあります。遠慮は必要ないので、どんどん連絡を入れて良いです。

まとめ

如何でしたでしょうか?様々な要因から、度々書類選考の結果通知は遅れてしまいがちです。その際、諦めずにしっかり連絡をこまめにいれるようにしましょう。気負いは不要です。

人事も転職エージェントも人間ですから、ミスや失態も起こり得ます。それを踏まえて、リスクヘッジの意味で自らも連絡を入れるようにしましょう。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    LINEの友達追加でも転職のご相談ができます。

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。