その他の記事

アドテクノロジー

Cookieシンク(クッキーシンク)とは-その意味とPiggyBackとの違いについて-

DSPやDMPベンダーで働く人にとっては馴染みのある言葉かもしれませんが、Cookieシンク(クッキーシンク)はDMPやDSPを語るうえでは非常に重要な役割を果たします。今日は、Cookieシンク(クッキーシンク)について解説します。

Cookieシンクとは、Cookieにより得られたユーザーデーターを、異なるプロダクト同士で共有(マッピング)する為の技術

Cookieシンク(クッキーシンク)とは、Cookieにより得られたユーザーデーターを、異なるプロダクト同士で共有(マッピング)する為の技術です。この技術はDSPSSPの連携や、DMPとDSP間でのユーザーIDの紐づけなどで使われています。データを媒介する役割を持つDMPにとって非常に重要な役割を果たしています。クッキー連携と呼ぶ事もあれば、Googleは cookie matching(クッキーマッチング)と呼んでいます。これらは全て同義です。

CookieシンクとPiggyBackの違い

データの連携という点に関しては、データを転送するPiggyBackも同じです。CookieシンクとPiggyBackの違いは、DSPやDMPなどの異なるプロダクト同士が、サーバー間で連携するかタグ間で連携するかの違いです。また、異なるプロダクトのサーバー間を連携させるCookieシンクは公式連携と言えます。一方タグ間で連携をおこなうPiggyBackは非公式連携ととらえる事が出来ます。

その為、データの更新機会の利便性や、Cookieが欠損した際のデータ復旧においては、Cookieシンクによる連携が優勢です。

DSPを利用している企業がDMPの導入を検討する際、「どのDSPとどの連携方法で連携しているのか」はDMPの選定において非常に重要です。

DSPやDMP、それぞれ様々なプロダクトが世の中には存在しますが、全てのプロダクト同士が連携しているわけでもありません。すなわち、いずれかのプロダクト同士が、CookieシンクもしくはPiggyBackで連携していないと、DSPとDMPのユーザーデータをマッピングする事は出来ません。現状は、殆どのDSP、DMP間の連携はPiggyBackです。

まとめ

如何でしょうか?DMPの導入を検討する企業が増えていく中で、CookieシンクとPiggyBackについて正しく理解しておくことは重要です。この機会に正しい認識を持ち、自社に最適なDMPを選定できるようにしておきましょう。

【関連記事】
DMPとは
DSPとは
Piggy Backとは

人気記事

  1. ブランドリフトとは-その意味と、調査方法、調査項目について-
  2. CTRとは-広告における意味と平均値、計算方法について-
  3. 広告インベントリとは-デジタルマーケにおける意味について-
  4. トレーディングデスクとは-デジタルマーケティングにおける意味と価…
  5. DWH(データウェアハウス)とは-その意味とデータベース・データ…
  6. インリード広告とは-その意味とインバナー、インストリーム広告との…
  7. ROASとは-その意味と、ROIとの違いについて-
  8. 運用型広告とは-その意味と予約型広告との違い、配信におけるメリッ…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP