その他の記事

アドテクノロジー

ピギーバック(PiggyBack)とは-その意味と仕組み-

DSPやDMP等、アドテクに関わる人にはなじみのある言葉「PiggyBack」ですが、デジマビギナーの方にとって、なかなか普段耳にしない言葉かもしれません。今日は、PiggyBackについてご紹介します。

ピギーバック(PiggyBack)とは、データ転送方式のこと

ピギーバック(PiggyBack)とは、あるプログラムが動作するときに、ついでに別のプログラムを動作させるデータ転送方式のことを指します。デジタルマーケティングにおいては、DMPを使用する際などによく用いられています。DMPのセグメントを利用してDSPの広告配信時にターゲティングが出来るのはピギーバックによってデータが転送されているためです。
具体的な活用シーン例)
・DMPとDSPを連携して広告配信の精度を高める
・DMPとGoogle Analytics(GA)を連携してデータを引き継ぐ
等々

タグのピギーバックとは

DMPやDSPを導入する際は、サイトにタグを埋め込みます。
※タグ=サイトに導入する小さなプログラム
タグを埋め込むことで、ツールの利用が可能になります。
そこで、DSPタグのプログラムが動作するときに、ついでにDMPのタグを動作させること※その逆も同様
を、タグのピギーバックと呼んでいます。

まとめ

如何でしたでしょうか?アドテクに関わる人は押さえておきたいワードです。「豚の背中にのせて一緒にデータを届ける」イメージです。

【関連記事】
アドテクとは
DMPとは
DSPとは
Cookieシンク(クッキーシンク)とは

人気記事

  1. データマートとは-その意味と構築メリット、デメリットについて-
  2. ブランドリフトとは-その意味と、調査方法、調査項目について-
  3. CVRとは-デジタルマーケにおける意味と平均値、改善方法-
  4. DSPとは-デジタルマーケにおける役割とその仕組み、企業一覧-
  5. オムニチャネルとは-その意味と事例記事まとめ-
  6. CPRとは-デジタルマーケにおける意味とCPAとの違い、改善方法…
  7. MA(マーケティングオートメーション)とは-その意味と主要なMA…
  8. CPIとは-その意味と計算方法、考え方-

友だち追加

最新記事

PAGE TOP