その他の記事

転職活動全般に関するノウハウ

書類選考が通過しない!そんな時に見直したいチェック項目5選

デジタルマーケティング業界特化型の転職エージェントuloqoです。弊社はデジタルマーケティング業界に特化した転職活動支援を行うとともに、digireka!の運営を通し、デジタルマーケティング業界にまつわる情報や転職ノウハウなどをお伝えしております。

今日は、書類選考がなかなか通過せずに困っている転職希望者の方向けに、書類選考が通過しない際に見直しておきたいチェック項目についてお伝えします。別途、書類選考の通過率やポイントについてはこちらの記事にまとめています。併せてご確認ください。

書類選考が通過しない時に見直したいポイント5つ

チェック①職歴書の内容が薄くなっていませんか?

現職が忙しい中転職活動を実施されている方に多いのがこのケース。

箇条書き同然の、内容の薄い職務経歴書になってしまっている場合、当然書類選考通過率は下がってしまいます。職務経歴書の書き方についてはこちらの記事をご参照ください。

チェック②応募先求人にアピールできる内容になっていますか?

応募先求人で求められているスキルや人物像を理解して、職務経歴書の自己PRや成果実績項目でアピールできていますか?

職務経歴書を使いまわして複数求人に応募してしまっている場合は、各求人の業務内容・応募資格等を再確認し、職歴書をカスタマイズしましょう。

チェック③拙い日本語、誤字脱字はありませんか?

基本中の基本ですね。あまりにも日本語が拙いとそれだけで書類選考に落選してしまいます。

職歴書、履歴書の日付が最新の日付になっているかどうかも、確認しましょう。

チェック④退職理由書や志望動機書を作成していますか?

年齢と比較して転職回数が多くなっている場合・また未経験業界への応募の場合、転職理由や志望動機を明記した書類を用意しましょう。書類通過率が全然違ってきます。

チェック⑤求人の応募資格と貴方の経験はマッチしていますか?

そもそもって話ですが、大手エージェントなどを活用した転職活動で多くなるのが「求人の応募資格」と「応募者の経験」がマッチしていないケースです。

大手エージェントの介在価値は案件の豊富さにありますが、細かい求人概要などをキャリアアドバイザーが把握していないことが多いので、注意すべきです。

まとめ

書類選考の通過率は高くありません。その分、転職活動時に最も力を入れるべきポイントと言っても過言ではありません。十分に準備し、書類選考に応募するようにしましょう。

株式会社uloqoに転職相談する

 

人気記事

  1. 面接対策って何したらいいの?具体的な方法とは
  2. PR会社って?広告代理店との違いや業務内容について
  3. 面接対策!転職理由ってどう答えればいいの?
  4. 書類選考って意外と通らないもの!?書類選考の通過率やポイントにつ…
  5. 音楽業界における職種や働き方について、大手レコード会社出身のdi…
  6. 書類選考に時間がかかってしまう理由と、その対策方法
  7. 転職活動に学歴は関係あるのか?に答えます!
  8. 第二新卒の市場価値について

友だち追加

最新記事

PAGE TOP