【広告業界の魅力】人気の理由・仕事内容・転職方法を徹底解説!

近年スマートフォンの普及が当たり前となる日本では、広告を介したマーケティングがますます必須となり、広告業界の採用数は例年右肩あがりとなります。

「ブラック企業」「残業が多い」などのマイナスのイメージを持つ中、転職先として人気の高い業界ですが、具体的にどの様な魅力があるのでしょうか。

今回は広告業界の魅力について職種別にご紹介し、おすすめの転職方法も併せて解説していきます。

広告業界への転職にお悩みの方は是非ご覧ください。

広告業界への転職はdigireka!がおすすめ

広告業種の転職は業界経験者がコンサルタントとして在籍、各分野のトッププレイヤーからサポートを受けられる、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現!

そもそも広告業界ってどんな仕事?【業界の仕組み】

まず広告業とは日本標準産業分類によると以下の2つの事業所を指します。

”広告に係る「企画立案・マーケティング・コンテンツの作成・広告媒体の選択」等、総合的なサービスを提供する事業所”
”「新聞,雑誌,ラジオ,テレビ,インターネットその他の広告媒体」のスペース又は時間を当該広告媒体企業と契約し,依頼人のために広告する事業所”

このように、手がける広告が看板や雑誌なのかそれともテレビCMなのか、またはプロモーションのためのイベントを実施したり、近年ではWebを使ったプロモーションも広告業界の仕事の一種となり、非常に幅広い定義を持ちます。

広告業界の魅力も立場によって様々なので、まずは業界の幅広い仕組みについて少し解説していきましょう。

業界内の仕組みと役割

(マイナビより 引用)

・広告代理店:博報堂、電通、セプテーニ
・メディアレップ:サイバーコミュニケーションズ、GMOアドバートナーズ
・広告制作会社(セールスプロモーション会社):電通、大広、東急エージェンシ

広告業界の仕組みはこの様になっており、広告主の依頼を代理店が受け取るところからスタートします。

そこからメディアレップ(広告枠の仕入れ業者)、メディア媒体を介して消費者へと広告が届く流れです。

広告代理店は広告制作の過程を全て請け負うことが難しい場合があるため、その間に広告制作会社やプロモーション会社が入る場合もあり、広告の規模や内容によっては広告主より依頼が直接あるパターンも発生します。

広告を制作し・消費者に届けるという仕事は非常に大掛かりな作業のため、転職する企業ごとに関わる工程が異なります。

それぞれの立ち位置を理解した上で転職企業を絞ってみるのも良いでしょう。

広告業界の魅力〜総合編〜

では実際に広告業界の魅力について、まずは総合的なものをあげていきましょう。

その①:給料水準が高い

広告業界に努める魅力として多いのがやはり年収水準の高さです。

職種により差異はありますが、大手の広告代理店であれば年収1000万円代も夢ではありません。

実際に、大手企業である博報堂の2022年3月期の平均年収は1000万円となっています。(有価証券報告書参照)

広告制作は一案件にかかるコストが非常に高いため、大手でなくとも給料が高水準であることは多く、年収アップを叶えたいのであればまず候補の一つとして上がる業界でしょう。

その②:やりがいが大きい

広告業界は、制作した広告が多くの人の目に留まり影響を与えることから、やりがいの大きさに魅力を感じる人は多いでしょう。

制作過程ではクライアントの求めるものや課題に合わせて様々な手法・媒体を使って宣伝や販促を行い、様々な部門のスタッフや協力会社と連携、大人数でひとつのプロジェクトを進めていきます。

一つのプロジェクトが終え、制作できた広告見て得られる達成感は他の業界では中々味わうことのできない魅力です。

広告業界の魅力〜職業編〜

続いては職種ごとの魅力をご紹介します。

営業職

広告業界の営業職の魅力は、なんといってもクライアントと直にやり取りができる点です。

近年オンライン面談やウェブ上の営業が流行る中でも、広告業は実際に足を使って、案件を取るまでは企業を行き来し相談を繰り返し、と地道な作業の繰り返しであるところが正直なところです。

予算の関係から断念することもあれば、思うような課題の解決につながらないと、ほかの広告会社に乗り換えられることもあるでしょう。

しかし、いざ案件が取れると、膨大な予算の元でクライアントのニーズに答え、信頼関係を構築しながらひとつのものを作り上げることは非常に達成感のある仕事となります。

また営業でできた企業とのパイプは、転職や独立後に役立つ将来性の高い魅力のひとつです。

まったくゼロの状態から関係性を作り、提案を繋げ、広告を作りあげる状態までを見ることができるのは広告業界の営業職だけにできる特別な仕事内容だと言えるでしょう。

クリエイティブ職

広告業界のクリエイティブ職とは、デザイナー・ライター・ディレクターなどを指します。

クリエイティブ職は主に社内で活躍することが多く、魅力としては自分が実際に手をかけて制作したものが消費者の手に届くことだと考えられます。

自分自身の作品が世に出るということは限られた人のみ経験できる仕事であり、それがさらに消費者の行動を後押しする手助けになるとなれば、嬉しさはひとしおではないでしょうか。

それに加えクリエイティブ職は年数が経つごとに技術が向上され、スキルアップが目に見える成果となりやすい職種です。

培った経験は将来的にフリーランスとして活躍することも可能なので、魅力の多い職種だと言えるでしょう。

プランナー職

プランナー職は営業職が取ってきた案件を精査し、どの様に課題解決するか提案・社内でクリエイティブ職と連携しながら広告案を進行していくことが仕事です。

一見目立ちにくい職種の様に感じられますが、プランナーは広告として売り出す商品知識・市場分析と報告からアイディアの選定・他職種との調整などかなり多岐に渡った業務をこなす必要があります。

そのため、多方面多量の仕事を容量よくこなしていくにやりがいのある仕事となり魅力ともい言えるでしょう。

様々な情報から分析しクライアントの求める課題を提案することができるプランナー職は広告制作業になくてなはならない存在です。

広告業界に転職する際の注意点

広告業界は確かに魅力が多いですが、どの仕事にも大変な部分はあります。

特に広告業界の仕事を「華々しく大舞台で活躍できる!」と認識する方が多いですが、実際は地道な積み重ねが求められ、クライアントに振り回される苦労も見える業種です。

タレントと会える・収入が高いなど、表面的なイメージだけで転職を希望してしまうと入職後に後悔してしまう場合もあるので、転職先を決める前には綿密に自己分析を行い、優先順位を立てて転職活動を行いましょう。

「客観的に考えるのが不得意」「転職活動ってなにから始めればいい?」と不安な場合は、失敗を防ぐためにも転職エージェントの活用がおすすめです。

広告業界への転職はdigireka!がおすすめ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

 

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。

経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。

  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

まとめ

今回は広告業界の魅力についてでした。

広告業界は年収水準が高く、成果が形となって現れやすい業界のため、転職先としても人気のある業界です。

しかしどんな仕事にもかならず苦労する部分はあるため、マイナスな面も把握した上で自己分析を行い転職先をきめることで、後悔のない転職を叶えることができます。

自己分析や客観視が苦手な場合は、転職エージェントも上手に活用しながら、理想の転職を叶えましょう。

合わせて読みたい

digireka!では、デジタルマーケティング業界専門の転職支援を実施しています。弊社にご相談に来られる求職者様にデジタルマーケティング業界を志望したきっかけを聞くと、「広告業界への興味関心があったことがきっかけ」とお話される方の割合が多[…]

関連記事

どんな企業でも同じ業種の中では「あるある」というものが存在します。それは一見華やかな仕事に見える広告業界も同様で、笑い話や「本当に!?」と驚くような【あるあるエピソード】があるそうです。今回は実際に筆者が聞いたことのある広[…]

 

転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。