広告代理店のアートディレクターとは?仕事内容・年収・必要なスキルなどを徹底解剖

デザイン職のとりまとめとして、様々な業務をこなすアートディレクター。

現在デザイナー職として働いている方は、転職先のひとつとして、この「アートディレクター」になることを想像する方も多いでしょう。

しかし実際に転職するとなると「年収はどれくらいなの?」「転職するには何が求められる?」など疑問が浮かびます。

そこで今回はアートディレクターに転職を検討されている方のために、仕事内容・年収・必要なスキルなどを徹底解説します。

アートディレクターとは?

アートディレクターとは、Webサイトや広告など制作物を制作する上でデザイナーの管理を行う責任者になります。

ADとして略され指示を受け動くデザイナーとは異なり、クライアントの意向に従いながら、制作の舵をとるデザイン職のまとめ役です。デザイン業務を実際に行うことは少なく、制作の工程の枠組みを考えることを主として行います。

デザイナー職として働いている人は、次のステップアップとしてこのアートディレクターを目指す人も少なくはありません。

アートディレクターの仕事内容とは?

アートディレクターの仕事内容は以下のようなものがあります。

  1. クライアントとの打ち合わせ
  2. 制作のスケジュール作成・人員配置
  3. 制作作業

1.クライアントとの打ち合わせ

アートディレクターは、制作の統括になるため、どのような制作物を作るのかというクライアントとの打ち合わせの参加から入ります。

営業担当、プロデューサー、プランナーなどと一緒に、クライアントの意向をヒアリングし、予算に基づきデザインの方向性を固めていきます。

社内や相手先の企業に行くこともあるため、内勤業務が多いデザイナーとは異なり、外出することも仕事になります。

2.制作のスケジュール管理・人員配置

クライアントとの打ち合わせで決定したデザインの内容に合わせ、制作のスケジュール管理を行うと同時に、カメラマンやデザイナーなどを選出していきます。

社内で限りのある人員をどれだけのボリュームで配置するかにより、制作の進行が大きく左右されるため、需要な業務と言えるでしょう。

社員の力量や経験をいかに把握しておくか、ひとつの作業に対してどれくらいの時間が必要なのかを判断する力が求められます。

また、会社によりデザインのラフ案をあらかじめアートディレクターが作成し、それを元に指示を出していく場合もあります。

3.制作作業

スケジュール・デザイナーの配置・企画などをクライアントに確認し、了承が得られれば、実際の制作作業に入ります。

アートディレクターは実際に制作に関わることはほぼなく、途中経過の確認、修正指示など要所ごとのマネジメントが仕事となります。

部分的な視点ではなく、全体を通してデザインのコンセプトが守られているか・方向性がおかしくないかを常に把握しておくことが求められるでしょう。

アートディレクターになるためには?

アートディレクターになるためには、必ず必要な資格などはありません。しかし、いくつかのスキルが必要となりますので、詳しく解説していきます。

技術面のスキル

アートディレクターはデザイン職のとりまとめとして活躍する職業です。デザイナーに指示を出すためには、基本的なツールであるIllustratorやPhotoshopなどの操作ができることは必要だと考えられます。

しかしアートディレクターは未経験からの転職が少なく、デザイナーからの転職が多いため技術面のスキルでアートディレクターの転職に困る方はほとんどいないでしょう。

技術面以外のスキル

アートディレクターはデザインの仕事だけでなく、クライエント・営業・外部の業者など多方面でのやりとりが必要とされるため、コミュニケーション能力が求められます。

さらに、コミュニケーションを取るだけでなく、自身の意見を相手にわかりやすく伝えるためのプレゼンテーション能力・交渉力・デザイン性なども必要とされるでしょう。

そして、制作業務をトータルして管理するためのマネジメント能力は不可欠だと考えられます。

アートディレクターになるためには、技術的なスキルよりもそれ以外のスキルとして求められるものが多いため、転職を検討している方はその部分でハードルの高さを感じる方もいるでしょう。

転職活動では自身の自己分析をしっかりと行い、アートディレクターに必要なスキルを自身が持っているかどうかしっかりとアピールすることが必要となると考えられます。

もし未経験でアートディレクターへの転職を検討している方はかなり難しいと考えられるので、まずはデザイナーとしての転職を検討することがおすすめです。

アートディレクターの平均年収は?

アートディレクターの平均年収は489万円となります。

(引用|doda平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

一般企業と比較して平均年収が低いと言われているクリエイティブ職の中でも、管理運営を行うアートディレクターの年収は高い傾向にあります。

今までデザイナー職として仕事をされているの多くは年収アップを目指すことのできる職業です。しかし、その分求められるスキルや能力も多いので転職のハードルは高いと言えるでしょう。

まとめ

制作物を総合的に管理する立場であるアートディレクターは、デザイナーとしての経験やコミュニケーション能力などのデザイン以外のスキルを磨く必要があり、転職を叶えるには決してハードルが低い職業ではありません。

しかし、転職を叶えることができれば年収アップにも繋がり、これまでの仕事にはないやりがいを得ることができる職業になります。

アートディレクターへの転職を迷われている方は、今回の内容を参考にぜひ検討してみてください。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。