広告制作会社会社を徹底解剖。 仕事内容・年収・必要なスキルなどを調べてみた

私たちが普段当たり前のように目にする「広告」を作成する広告制作会社。

広告制作というとクリエイティブな業界であり、電通や博報堂など大手の企業は非常に人気も高く、華々しいイメージが強くあります。

しかし、そのイメージとは裏腹に実際の業務内容や給料はどのようなものなのでしょうか?

今回は広告制作会社へ転職を検討されている方へ、仕事内容・年収・求められるスキルなどを徹底解説します。転職の情報収集としてぜひご活用ください!

広告制作会社とは?

「広告制作会社」とは、広告代理店や企業から依頼を受け、企業の商品やブランドをアピールするための広告の企画・制作を行う会社になります。

広告制作というと、広告代理店と混同される方も多いですがこれらは別物となります。広告代理店は広告媒体の獲得・広告市場の分析など、広告に関わる多種多様な業務を行うのに対し、広告制作会社は広告の制作・企画のみを行います。

また、広告制作会社の業務内容も、それぞれの会社で強みや特徴が異なるため、こちらも注意が必要です。

テレビなどの映像関係に強い会社・新聞や雑誌などの文章作成に力を入れる会社・看板やチラシなど直接消費者へ働きかけることができるセールスプロモーション(SP)をを強みとする会社など、その内容は多岐に渡ります。

それぞれの会社によって求められる能力も異なるため、転職を考える際は、自身の中で何をしたいか・会社の特徴は何かなどを調べた上で選ぶことが必要となるでしょう。

広告制作会社の仕事内容は?

広告制作会社で勤めるには、大きく分けて2つの職種のいずれかに属する必要があります。

  • クリエイティブ(制作)部門
  • ディレクター部門

それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

ディレクター部門

広告制作会社のディレクター部門というのは、一般的に「広告プロデューサー」のことを指すことが多く、広告作成の全体の管理を行う管理職のような仕事になります。

広告主との企画の打ち合わせから携わり、企画の調整・作成メンバーの編成・作成期間の調整など、業務内容が多くいため、ある程度の経験が求められることがほとんどです。

管理スキルや業界知識も必要となるため、未経験者であればいきなりディレクター部門への転職は難しいと考えられるでしょう。

ディレクター部門への転職は経験と実績をアピールできる方へのみおすすめです。

クリエイティブ部門

クリエイティブ部門では、会社の特徴により多少の差がありますが、以下のような職種が存在します。

  • プランナー
  • ライター
  • ディレクター
  • デザイナー
  • エディター
  • カメラマン

広告制作会社というとこのクリエイティブ部門の仕事を想像される方も多く、私たちが目にする広告に直に関わる部分を作る仕事と言えるでしょう。

それぞれが広告プロデューサーの指示に従い、納期に合わせ各々仕事を進めていくことで広告が完成します。

それぞれの仕事は専門職がほとんどであるため、専門ソフトや機器の必要が求められると考えられます。

広告制作会社の平均年収は?

会社によって差異があるため、一概には言えませんが広告業界の平均年収は407万円(doda|平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】参照)と言われており、年齢によっては低いと感じられる場合もあるでしょう。

ディレクター部門やプランナーとして管理や運営の仕事を任されればそれなりの収入を見込める場合もありますが、多くは経験や技術が求められる業界でもあるため、年収アップを狙うには自身で自己啓発を図り、スキルアップを狙うことが必要だと考えられます。

会社によっても、広告代理店から仕事を受けている場合や企業から直接仕事を受けている場合などで給料は異なるため、転職の際は雇用条件をよく比較して選ぶことが大切です。

広告制作会社で求められるスキルは?

広告制作会社で求められるスキルは、希望部署により大きく異なります。

デザイナー志望であれば、IllustratorやPhotoshopの使用が必要とされ、ライターであれば文章能力や発想力が必要となるため、転職したい部署の業務内容ごとに転職前の準備を進めましょう。

さらに、広告会社自体に転職する場合に必要なスキルとしては、精神的な忍耐力や継続力も求められると考えられます。

理由としては、広告制作会社の業務内容自体が経験を積み重ねることでできる仕事が変わるため、コツコツとした積み重ねが必要であると考えられます。

そして他の業種と比べ、比較的残業や拘束時間が長いと言われている業種でもあるので自分自身の希望や将来像を強くもつ方への転職がおすすめと考えられます。

まとめ

今回は広告制作会社の業務内容や年収について解説しました。

クリエイティブな職業であるため、実力主義と言える仕事内容が多く、自身の中で「こうなりたい」という明確な将来像がある方にはピッタリと言える仕事だと考えられます。

また、やればやるほどできることも増えるため、向上心の高い方へもおすすめです。

しかしその反面、いきなり高収入を求めることは難しい職業であるため、年収アップを目指す転職を考えている方には合わないと言えるでしょう。

自身の中で転職の方向性をよく検討した上で、転職活動を進めていくことがおすすめです。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。