その他の記事

転職活動全般に関するノウハウ

Webマーケティング業界を目指す方は、転職エージェントと転職サイトどちらを活用するべき?

転職活動を行う際、エージェントを利用して転職先を紹介してもらう方法と、自ら転職サイトを利用して転職先を見つける二つの方法があります。
では、具体的に転職エージェントと転職サイトはどう違うのでしょうか。
今回は、両者のメリット・デメリットをご紹介します。Webマーケティング業界を目指す方は、是非参考にしてみてください。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、求職者と企業との間に立ち、転職のサポートを行う人材紹介会社のことです。
具体的には、求職者と面談を行い、求職者の経歴や希望に合った求人を紹介する役割を担っています。

求職者が企業に就職した時点で企業がエージェントに成功報酬を支払う仕組みとなっており、求職者は転職エージェントを無料で利用することができます。

大きな特徴としては、一人一人に専属のキャリアアドバイザーがつくことが挙げられます。そのため、自分で行う転職活動とは異なり、第三者の目線を取り入れることができます。
求職者は転職エージェントに登録後、キャリアアドバイザーと自身の経歴について面談を行い、応募書類や面接の対策など、内定をもらうまでサポートを受ける仕組みとなっています。

転職エージェントのメリット

(1)キャリアアドバイザーのサポートを受けることができる

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが一対一で面談を行い、内定をもらうまでサポートを受けることができます。
求人の希望条件の詳細まで伝えることができ、転職活動における細かい不安点を解消することも可能です。

また、自分のみで行う転職活動とは異なり、第三者の意見を取り入れることで、転職活動が主観的に偏ってしまうリスクを回避することができます。
不採用になった際も、キャリアアドバイザーから次に活かすためのアドバイスを受け取れるため、効果的に転職活動を進めることができるでしょう。

 (2)手間のかかる手続きを代行してもらえる

面談の日程調整や企業とのやりとりを全て代行してもらえるため、多数の手続きをする手間を省くことができます。
キャリアアドバイザーがスケジュール管理を行ってくれるため、日程調整に時間を割くことの難しい、仕事をしながら転職活動を行っている求職者の方にお勧めとなっています。

また、入社後の待遇交渉もキャリアアドバイザーが代行します。自分では交渉のしにくい給与交渉や待遇条件のすり合わせを代行してもらえることも転職エージェントの強みでしょう。

エージェントは専門家としての知識や情報が豊富なため、サイトには掲載されていない情報を得られ、企業の特徴について理解を深めることができます。そのため、入社後のミスマッチを防ぐことを可能にしています。

また、エージェントは転職サイトでは扱っていない「非公開求人」を多数取り扱っているため、選択肢を広げることができます。
「非公開求人」とは、公開求人と比較すると、人材に求められているポジションや能力が明確であり、即戦力重視の場合が多くなっています。そのため、即戦力として活躍したい、キャリア・スキルアップしたい方にお勧めの求人です。

(3)特化型エージェントがある

エージェントによっては業界に特化した知識を持っているため、自身に最適なエージェントを選択することが可能です。

例として、Webマーケティング業界を目指す方は特化型エージェントを選ぶことで、専門的な知見を得ることができ、選考率の向上にも繋がる可能性があります。
未経験の場合不利になってしまうこともある転職活動ですが、特化型エージェントを利用することで、業界の実態について知見を得ることができるため、転職活動をより効果的に行うことができるでしょう。

転職エージェントのデメリット

(1)時間がかかる

キャリアアドバイザーとの複数回にわたる面談や、エージェントと企業のやりとりには、時間がかかってしまうことが多く、自分のペースで、スピディーに転職活動を行うことは難しいでしょう。
時間をかけずスピーディーに転職活動を行いたい方にはデメリットとなる部分です。

(2)希望と異なる求人を紹介される場合がある

質の悪いエージェントを選んでしまった場合、希望と異なる求人を紹介されることがあります。キャリアアドバイザーの個人能力の質で転職活動が左右され得るということです。
転職エージェントの利用方法や選び方のポイントを押さえて転職活動に臨む必要があるでしょう。

転職サイトとは

転職サイトとは、サイト内に掲載されている様々な求人の中から、自分で選んで応募できるサービスです。
サイトを通して企業の採用担当者と、自分でやり取りを行います。時間や場所を問わずwebから閲覧できるため、時間に縛られない手軽さが特徴となっています。
そのため、自分のペースで転職活動を進めることができます。

また、多くの転職サイトにはスカウト機能が備わっています。
スカウト機能とは、企業から直接オファーを受け取るものです。基本的には採用担当者が自社の求める人材に直接アプローチを仕掛けます。

場合によっては、書類選考無しで面接に臨めるなど、特典が受けられるものもあります。

では、具体的に転職サイトにはどのようなものがあるのでしょうか。
総合型・ダイレクトリクルーティング型・SNS型・専門特化型の4種類に分けてご紹介します。

総合型転職サイト

業界や職種に縛られず多種多様な条件の求人が掲載されている転職サイトです。幅広く転職活動を行いたい方にお勧めとなっています。

doda

✓求人数が豊富
✓広告・Web・マスコミ職種に強い
✓転職サイトと転職エージェントが一体化している。

国内最大級の転職サイトです。ベンチャー企業から大手企業まで求人件数が豊富にあり、選択肢を広げることができます。
様々な求人スタイルに対応しており、面接対策などのサポートも充実しております。

転職サイトと転職エージェントのサービスが一体化していることも大きな特徴で、求職者はサービスを選択、もしくは併用して活用することができます。

マイナビ転職

「マイナビ転職 ロゴ」の画像検索結果

✓若手求人数が豊富
✓Webで履歴書添削を行うサービスや面接セミナーの開催など実践的サポートが充実
✓転職のプロが求人をピックアップ

大手転職サイトであるマイナビ転職では若手求人を豊富に取り扱っています。
Webで履歴書添削を行うサービスや面接セミナーの開催など独自の転職ノウハウサポートを行っています。また、応募したい企業が見つからない場合、転職のプロが求人をピックアップしお勧めする機能が備わっています。

ダイレクトリクルーティング型転職サイト

企業が求める優秀な人材に直接アプローチする、スカウトベースで行われる転職サイトです
企業は現在転職を考えていない優秀な転職潜在者を獲得することも可能となります。

リクナビnext

リクナビNEXT

✓国内最大級の求人数
✓充実したスカウト機能
✓実績のある転職サポート

大手人材紹介会社であるリクナビの手掛ける中途向け転職サイトです。
求人や説明会をお知らせするオープンオファーや、書類選考が無くいきなり面接に臨めるプライベートオファーなど、スカウト機能が充実しています。
実績力が高く、転職者の多彩なニーズに応えられることが特徴となっています。

BIZREACH

✓ハイクラス向け転職サイト
✓ヘッドハンティング中心

即戦力となる優秀な人材確保を目的としたハイクラス向け転職サイトです。主に求職者は企業の人事やヘッドハンターからのアプローチを待つ、受け身のシステムとなっています。

求職者には無料プランと有料プランが用意されています。
無料プランでは、求職者は自分から企業に応募することはできず、企業からのスカウトを受け取るのみであり、閲覧できる求人も限られています。月3000円から登録できる有料プランでは、求職者はハイレベルな求人に閲覧・応募することができ、全てのサービスが使用可能となります。
長期間かけて優良企業を狙いたい方にお勧めの転職サイトです。

AMBI

✓ハイクラス特化の転職サイト
✓20代×年収500万円以上の求人を厳選
✓ヘッドハンターがユーザーの職務経歴書を見てスカウト

「AMBI」は、20代向けのハイクラス求人に特化した転職サイトです。
20代×年収500万円以上の求人のみを厳選して掲載していることが大きな特徴です。
職務経歴書を予め登録しておくことで、ヘッドハンターからスカウトを受けることができます。

キャリトレ

キャリトレ

✓20代をターゲットとし、未経験者向けの求人が豊富
✓1タップで企業とマッチングできる可能がある
✓「キャリトレさん」という独自サービス展開

BIZREACHによる20代若手求職者をターゲットとした転職サイトです。
企業は比較的安価に掲載が可能なため、求人数が充実しており、未経験者向けの求人も豊富に取り扱っています。

企業が求める人材にアプローチを行い、企業のオファーを求職者が承認することでマッチングします。
また、「キャリトレさん」という公式キャラクターが存在し、求職者が匿名でキャリア相談をすることができる独自のサービス展開を行っています。

キャリアカーバー

✓ハイクラス特化の転職サイト
✓年収800万〜2000万円の求人多数
✓登録後、ヘッドハンターのスカウトを待つだけ

「キャリアカーバー」はリクルートが運営するハイクラス特化の転職サイトです。
リクルートが提供するハイクラス版求人サイトなだけあって、全般的に質が高く、ハイクラスな転職を検討されている方は登録しておくことをお勧めします

SNS型転職サイト

SNSを通じて自社の魅力をアピールし、求職者を募集する新しいサービスを展開している転職サイトです。スタートアップ企業から大手企業まで運営しています。

Wantedly

✓IT,Web業界に特化
✓ベンチャー・スタートアップ企業が多数掲載
✓企業のビジョンを理解できる

給料や待遇など条件面の記載が一切なく、やりがいや環境で求職者と企業を繋げる新しい採用サービスです。企業は月額3万円から掲載可能となっていて、ベンチャー・スタートアップ企業から大手、NPOまで幅広い企業が掲載されています。フィード機能と呼ばれる企業のストーリー投稿により、企業のビジョンを知ることができ、共感した求職者が応募する「共感採用」の仕組みがとられています。

専門特化型転職サイト

特化した分野の求人数が豊富に取り揃えられています。大手転職サイトと比較すると求人数は劣りますが、求人の質が高いことが特徴です。転職したい業界や職種が定まっている方にお勧めの転職サイトです。

GREEN

✓IT.Web業界に特化したサイト
✓業界最大級の求人を誇る
✓ベンチャー・スタートアップ企業に強み

業界では高い知名度を持つ、IT.Web業界に特化した転職サイトです。

企業は一度初期費用を払えば無制限で使用可能となっており、自社の求める人材を検索することができます。スカウト機能を備え、ダイレクトリクルーティングが可能となっています。

Find job!

✓エンジニア.IT.Web業界に特化したサイト
✓多種多様な雇用形態を保有
✓クリエイティブな業界経験者にお勧め

ミクシィの運営するエンジニア、IT,Web業界に特化した転職サイトです。
正社員、契約社員、アルバイトなど多種多様な雇用形態が掲載されています。
業界経験者向けの求人が多数掲載されています。

転職サイトのメリット

(1)気軽に転職の情報を得ることができる

サイトから時間や場所を問わず転職情報・ノウハウを得ることができます。転職サイトを使うことで時間を有効的に使い、転職情報を獲得できる可能性があります。

(2)数多くの求人を見ることができる

業界に縛られることなく、多種多様な求人を見ることができます。
転職エージェントでは、面談を行い自分の経歴や希望を考慮された上で紹介を受けた求人のみ、閲覧可能となっています。

一方で、転職サイトでは数多くの求人から条件ごとに自分で比較することができます。そのため、自分の経歴からは紹介されることのない求人の閲覧も可能となります。

(3)自分のペースで転職活動を行うことができる

自分で応募し面接日程を調整するため、自身の都合に合わせて転職活動を行うことができます。

例として、既に希望職種や条件が定まっていて少しでも早く転職をしたい方の場合、すぐに応募し面接を取り付けることで、短期間で転職活動を行えることがあります。
エージェントとの面談もないため、面談に時間を割くこともありません。

(4)未経験者の選択肢を広げることができる

転職エージェントの場合、未経験者は経験者よりも紹介される求人数が限られてしまう恐れがあります。

しかし、転職サイトを利用することで、転職エージェントでは紹介されることない求人を閲覧することができます。
より多くの求人を閲覧したい未経験者の方の可能性を広げることができるでしょう。

転職サイトのデメリット

(1)面接対策やアドバイスなどを受けられない

転職サイトの最も大きなデメリットの一つです。面接での注意点や応募書類の書き方を自分で調べて行わなければなりません。
転職サイトから応募する膨大な応募者の中で、面接に受かるためのアドバイスを有していないことは、転職知識の少ない方の場合不利になる可能性があります。

また、選考で落ちた際にも何故落ちたのかのアドバイスがもらえず、次回反省点を活かすことが難しくなります。

(2)求人数が豊富なため、希望の求人を探すのに手間がかかる

転職サイトには非常に数多くの求人が掲載されているため、どのように求人を探せば良いのかわからず、困惑してしまう場合があります。
希望条件から絞り出し、自分に合った企業を見極めるテクニックが必要とされるでしょう。

特に希望職種や条件の定まっていない求職者の場合、求人を見つけるまでに時間がかかり非効率的になってしまう恐れがあります。

(3)手続きを全て自分で行う必要がある

面接の日程調整など、企業の採用担当者との連絡を全て自分で行う必要があり、スケジュール管理や企業とのやり取りに手間がかかる場合があります。

時間に融通の効きにくい求職者の方にはデメリットとなり得るでしょう。

Webマーケティング業界を目指す方は転職エージェントと転職サイトの併用がお勧め

Webマーケティング業界を目指す方には、転職エージェントと転職サイトの併用がお勧めとなります。それぞれの活用方法をご紹介します。

転職エージェントのおすすめ活用方法

Webマーケティング業界に特化し転職支援を行う「digirika!」運営のuloqoが求職者様におすすめしているのが、
大手エージェント一社、特化型中小転職エージェント二社を活用する方法です。
活用方法のポイントをご紹介します。

(1)情報量を最大化する

大手エージェント会社を利用することで、情報量を最大化することができます。
情報の母数を増加させることで、転職活動をより有利に進める足掛かりとなります。

(2)情報を取捨選択する

業界に特化した中小転職エージェントは、独自の情報網を保有しています。
その情報網を活用し、情報を取捨選択することで、業界の知識を深堀りすることができます。

(3)選択肢に対する通過率を上昇させる

業界に特化した中小転職エージェントを利用することで、求人に対する手厚いサポートを受けることができます。
そのため、求人の通過率を効率的に向上させることにつながるでしょう。

Webマーケティング業界は、専門領域且つ分業が進んでいる為エージェントに深い知見が求められます。
そのため、Webマーケティング業界に特化した中小転職エージェントを利用することで、大手転職エージェントと比較して転職により高い効果が期待できます。

上述した方法で、大手エージェント一社、特化型中小転職エージェント二社を利用することにより、大手エージェントで情報量を確保し、中小転職エージェントで質を高め、エージェントを有効活用することができます。

転職サイトのお勧め活用方法

転職サイトに関してWebマーケティング業界を志望する方にお勧めするのが、WantedlyとBIZREACHを活用する方法です。
活用方法のポイントをご紹介します。

(1)情報量の最大化

上記でも紹介したように、Wantedlyでは企業の掲載費用が比較的安価なため、ベンチャー・スタートアップ企業に強みを持っています。
ベンチャー企業から大手企業までの現在3万社以上の企業が掲載されており、多数の企業情報の獲得が期待できます。
また、WantedlyはIT,Web業界に特化しています。業界に特化した知見を多数の企業から得ることができるでしょう。

(2)ハイクラス企業からの求人を狙える

BIZREACHでは、ハイクラス企業から即戦力となる優秀な人材が求められています。
そして、条件が一致していれば、ハイクラス企業とコンタクトを取れる可能性があります。
すぐに結果が出なかったとしても、長期的視点でハイクラス企業への転職を狙うことができるでしょう。

転職エージェントでサポートを受けつつ、転職サイトを利用し選択肢を広げ、ハイクラス企業への転職を狙う。

上記がWebマーケティング業界を志望する方に向けた転職エージェントと転職サイトを併用し活用するお勧め方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はWebマーケティング業界を目指す方向けに転職エージェントと転職サイトのメリット・デメリットについてご紹介し、両者を併用して活用することをお勧めさせていただきました。

Webマーケティング業界を目指す方は是非参考にしてみてください。

Webマーケティング職で転職をご検討されている方へ向けて

digireka!運営の株式会社uloqoでは、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご検討されているユーザー様は、是非下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様はこちらまでご相談ください

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期に関川さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
関川さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

関川さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『関川さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

 

関川さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのは関川さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

 

関川さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

クライアント企業様の声

関川さんはフォローも素晴らしいですし、業界や弊社の事を分かっててくださるので、
とても信頼しておりまして、なので、決めるなら関川さんからがいいねと話しているんです
いつも良い方をご紹介してくださいますし

某テクノロジーベンダー人事ご担当者様

 

弊社としては、経験者の採用は課題が多く、苦戦している部分です。
関川さんには、弊社の特異性、業務内容など十分ご理解いただいたうえ、候補者の方にフォローいただいた結果と存じます。
また、近しい方をご紹介いただき、こちらとしても身の引き締まる思いです。
10月1日以降、●●さんが活躍できる場を提供できるよう努めて参ります。

某ネット広告専業代理店人事ご担当者様

 

こちらこそ、いつもご協力いただき
大変助かっております。
本音言うと、貴社からのご紹介が
一番頼りにさせていただいている部分が大きいので、
是非全4枠、貴社経由で採用できればと思っています。

某ネット広告コンサルティング企業人事ご担当者様

友だち追加

uloqoがお勧めする転職エージェント

【リクルートエージェント】に登録をする(無料)
【doda】に登録をする(無料)
【マスメディアン】に登録をする(無料)
【プロの転職】に登録をする(無料)

人気記事

  1. 書類選考って意外と通らないもの!?書類選考の通過率やポイントにつ…
  2. Webマーケティング業界を目指す人はwin3(ウィンスリー)を使…
  3. SPI試験を徹底対策する方法をまとめました。
  4. 書類選考が通過しない!そんな時に見直したいチェック項目5選
  5. 地味に鬼門。SPIについてまとめました。
  6. 第二新卒の市場価値について
  7. Webマーケティング業界を目指す人はGeekly(ギークリー)を…
  8. 【未経験・第二新卒向け】Webマーケティング業界に強い転職エージ…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP