その他の記事

ノウハウ&まとめ記事

CDPを選ぶ参考に!CDP3選、比較してみました。

昨今、デジタルマーケティング業界に問わず、データマーケティングの重要性が声高に叫ばれています。となれば、企業のマーケティング担当者の方々は、DWHやDMPの活用を検討するわけです。

そこで突然ですが、DMPの進化系とされるCDPをご存知でしょうか?DMPとCDPの違いについて、ご存知でしょうか?今日は、CDPツールについて、国内で販売されている主要ツールを比較してみました。

そもそもCDPとは

DMP同様、自社の持つデータを利活用するためのデータプラットフォームですが、DMPとの違いは正直あまりありません。CDPは、自社の顧客情報を、その他の複数データチャネルと連携させて有効活用するためのプラットフォームです。

プライベートDMPは、自社サイトの閲覧データや、販売データなどのあらゆるデータを集約し、3rdパーティ(第3者)のデータも含めつつマーケティングプランニングに活用するためのプラットフォームです。なので、一緒なんです。ただ、ツールの仕様がカスタマー情報主体になっているか、いないかの違いです。

現在販売されているプライベートDMPも拡張性が高く、カスタマイズでCDP同様活用する事が可能です。プライベートDMPという大きなくくりの中で、CDPというツールが存在している、と考えるのが良いでしょう。

国内で販売されているCDPツール一覧

トレジャーデータ株式会社 TREASURE CDP

https://www.treasuredata.co.jp/

特徴

・期間の制限なく大量に保管が可能
・強固なセキュリティにより、生データも含めて一元的に保管することが可能
・データベース由来のツールである為、加工や可視化、分析に強みを持つ。


株式会社EVERRISE インテグラルコア

https://cdp-integral.com/

特徴

・リアルタイムデータの処理性能に強みを持つ
・自由なカスタマイズ性


Tealium顧客データプラットフォーム Tealium Japan

https://tealium.com/ja/products/tealium-customer-data-platform/

特徴

・タグ管理ソリューションが統合されており、データの管理に強みを持つ
・900以上のマーケティングツール、サービスと連携している、巨大なグローバル基盤を持つ

まとめ

如何でしたでしょうか?プライベートDMPの中でも、CDPという概念製品が存在し、ファーストパーティデータの活用が進む中、活用重要度の高いツールとなっています。

今回ご紹介したツール以外でも、プライベートDMPであれば、カスタマイズによりCDPと近い仕様にすることが可能です。DMP含め、最適なツール導入の検討をオススメします。

 

人気記事

  1. AIDMAだけじゃない!マーケティング概念まとめ
  2. ITPの概要とその影響について※2018年9月19日更新
  3. カスタマージャーニーの基本から作成方法まで、まとめました。
  4. デジタルマーケティング学習の基本!Google『デジタルワークシ…
  5. タグマネジメントとは?ツールから導入メリットまで、解説します。
  6. web担当者向け!アクセス解析ツール9選
  7. そもそもWebマーケティングとは何なのか?全体像を理解しよう!
  8. マーケティングオートメーションツール17選まとめ

友だち追加

最新記事

PAGE TOP