その他の記事

業界在籍者向けのキャリア記事

【ブランドマーケターを目指す人向け】ブランドマーケティングコンサルを行う会社まとめ

デジタルマーケティング業界特化型の転職エージェントuloqoです。弊社はデジタルマーケティング業界に特化した転職活動支援を行うとともに、digireka!の運営を通し、デジタルマーケティング業界にまつわる情報や転職ノウハウなどをお伝えしております。今日は、ブランドマーケターを目指す人に向けて、ブランドマーケティングコンサルを行う会社についてまとめました。

ブランドマーケターについて

そもそもブランドマーケティングって?

ブランドマーケティングとは、その名の通り、自社のブランドを消費者に認知・共感してもらうためのマーケティング戦略の事を指します。抽象的な表現になりますが、世間一般で明確な定義が成されていないのも事実です。

米国のマーケティング博士フィリップ・コトラ―氏は、コモディティ化の対義語としてブランド化を述べています。

ブランド価値がなければ、価格で勝負する事になります。ともすればブランドマーケティングとは、「価格にとらわれず消費者にとって価値ある製品・サービスと認識してもらうための活動」とも言えます。

ブランドマーケターの職務内容例

ブランドマーケターの職務内容例としては、

・ブランド統括ならびに戦略の企画・立案それに伴う効果検証・分析
・一般生活者及び該当市場に関する調査、分析、データ収集
・マス媒体、Web、リアルイベント、PRによるブランディング施策の企画、立案、実施 またはディレクション 等が挙げられます。

ブランドマーケティングコンサルを行う会社4選

インターブランドジャパン

https://www.interbrandjapan.com/ja/index.html

インターブランドは、1974年にロンドンで設立された世界最大のブランディング専門会社です。現在はニューヨークに本社が置かれ、ジャパンオフィスはロンドン・ニューヨークに次ぐ第3の拠点として1983年に設立されました。

世界27か国、約35の拠点を持ち、グローバルでブランドの価値を創り、高め続けるための支援を行っています。

コンサルタントとクリエイターが1つのチームとなり、プロジェクトを推進することに特徴があり、コンサルタント、デザイナー、コピーライターが在籍し、ブランドの創造・管理に関する全ての流れを自社のリソースで完結出来る体制を擁しています。

株式会社博報堂コンサルティング

http://www.hakuhodo-consulting.co.jp/

博報堂コンサルティングは、博報堂のグループ会社として少数精鋭でブランディング・マーケティング支援を行うコンサルティングファームです。

博報堂が培ってきた生活者発想と、コンサルティングファームが持つ経営戦略のノウハウの融合=「左脳的アプローチと右脳的アプローチの得意領域の融合」を掲げています。

コンサルティング以外にも、セミナーや研修なども積極的に行っています。

サイモンクチャー&パートナースジャパン

https://www.simon-kucher.com/ja

サイモンクチャー&パートナースジャパンは、1985年にドイツで創業されたマーケティングやプライシング戦略支援に強みを持つコンサルティングファームです。世界23か国に拠点を持ちます。

ジャパンオフィスでは、主にドイツ本社、欧州、北米等で受注したグローバル企業に対するコンサルティング案件が中心で、グローバル企業の日本支社に対してコンサルテーションを行っています。

ZS Associates International, Inc.

https://www.zs.com/regions/asia/japan

ZSアソシエイツは、1983年に米国で創業された営業とマーケティング関連の支援を得意とするコンサルティングファームです。世界21箇所に拠点を持ちます。製薬・医療用品業界を中心に活動展開しています。

営業に対する科学的アプロ―チを実践した草分け的存在でもあります。東京オフィスは2003年開設され、国内及びグローバルトップのヘルスケア企業とのプロジェクト経験が豊富なコンサルタント陣で構成されています。

コンサルタントのほとんどがマルチリンガルで、アジア・オセアニア、北米、ヨーロッパなど多様なバックグラウンドを持ち、世界トップクラスの大学・ビジネススクールを卒業しています。

その他の企業について

上記に挙げたブランディングマーケティング支援を行うコンサルティングファーム以外も、様々な企業がブランディング支援を行っています。

グローバルコンサルティングファーム

マッキンゼーやATカーニーのようなグローバルコンサルティングファームは、大企業のブランド戦略支援実績を豊富に持っています。強みとして打ち出しているわけではありませんが、プロジェクト単位でアサインされれば、ブランド構築支援などを手掛ける機会があります。

広告代理店

電通・博報堂・ADK、またネット専業の広告代理店に関しても、各領域においてブランド構築関連のプロジェクトが発生する可能性があります。消費者に対するコミュニケーション戦略という文脈においてはブランディングは切っても切り離せるものではありません。総合系大手の電通・博報堂・ADKから事業会社のブランドマーケターへの転身事例は数多く存在しています。

デジタル制作系エージェンシー

デジタル制作系のエージェンシーは主に、デジタル制作物のデザインを通したブランド構築支援を行います。コンサルティングファームと比較した際には、狭義の意味における「ブランド構築支援」になります。デジタル制作エージェンシーで経験を積んだとして、事業会社のブランドマーケターに就任する事例は未だ少なく、事業会社のブランドマーケターを目指しているのであれば、先に挙げたコンサルティングファームへの就業の方が優先度は高くなります。

まとめ

如何でしたでしょうか?市場において高い求人倍率を誇るブランドマーケターのポジションですが、主にコンサルティングファームや総合広告代理店への就業がブランドマーケターへの第一歩になり得ます。いずれにせよ、入社難易度は最高峰であり、かなり入念な選考対策が必要になるでしょう。

学歴や語学力で前述した企業への入社が難しくなる場合は、制作系エージェンシーでの経験やCRM関連の経験などを得て、コミュニケーション領域に関するゼネラリストとなり、CMOポジションを目指す方法が最適かもしれません。

本記事が少しでもマーケターとしてのキャリア構築戦略のお役立ちになっていれば幸いです。

株式会社uloqoに転職相談する

 

人気記事

  1. 【Vol.1】デジタルマーケティング業界の歴史と現在、将来性につ…
  2. 【2018年版】デジタルマーケティング業界の情報収集に本気で使え…
  3. 【デジタルマーケッター必見】今後のアプリ市場予測についてまとめま…
  4. ITPの概要とその影響について※2018年9月19日更新
  5. デジタルマーケティング業界で市場価値を高めるために、今後必要なス…
  6. 変化の激しいFacebookを取り巻く状況について、まとめてみた…
  7. 大手インターネット広告代理店について、まとめました。
  8. デジタルマーケティング関連の資格12選まとめ

友だち追加

最新記事

PAGE TOP