その他の記事

CRM・データマーケティング

ETLとは-その意味とEAIとの違い、代表的なツールについて-

デジタルマーケティング業界には、アルファベットの三文字専門用語が嫌になるほど(笑)沢山存在します。今日は、その中の一つ、ETLについてまとめました。

ETLとは、散らばった情報を整えてDWHに格納するプロセスのこと

ETLとは、「抽出(Extract)」、「変換(Transform)」、「書き出し(Load)」という構成要素の略語で、様々な方面に散らばった情報を整えてDWHに格納するプロセスのことです。
例えば、顧客管理システムと売上管理システム、生産管理システムとバラバラのシステムから異なったデータを「抽出」して、DWHに格納しやすいように同じ規格のデータに「変換」し、DWHに「書き出し(格納)」します。
ETLによって整理されたデータは更なる加工や分析がしやすい状態になっています。

EAIとの違い

ETLと類似する略語に「EAI」があります。EAIは、Enterprise Application Integrationの略語で、企業内アプリケーション統合するための製品・技術のことです。ETLとEAIの違いは、簡単に述べると、その目的が異なります。ETLの目的は、DWHの構築(データの集約)ならびにDWHを用いたデータアナリティクスです。一方、EAIは異なるアプリケーション同士でデータを交換する為の基盤を整備し、スムーズな連携を実現するために存在します。その為、ここでは割愛しますが、細かな連携手法から、導入プロセスまでもが異なります。目的に応じて検討することをオススメします。

ETLツール例

Talend

公式HPリンク

Talendは、無料で活用できるオープンソースのソフトウェアです。AWS、Azure、GCP等の主要クラウドサービスをサポートしており、ビギナー企業でも安心して活用できるツールです。

ASTERIA WARP

公式HPリンク

 

ASTERIA WARPは、インフォテリア社が提供する国内ナンバーワンシェアを誇るソフトウェアです。プログラミングを必要としない設計になっているため、幅広いユーザーが活用することが出来ます。こちらもビギナー企業のオススメです。

Informatica PowerCenter

公式HPリンク

Informatica PowerCenterは、インフォマティカが提供する大企業向けのソフトウェアです。国内ナンバー2のシェアを誇り、豊富な機能性が人気です。

まとめ

如何でしたでしょうか?デジタルマーケターの人にはもしかすると馴染みの薄い言葉であったかもしれません。しかし、データ利活用の重要性が増すデジタルマーケティングにおいては、BIツール周辺の知識もおさえておくに越したことはありません。頭の片隅にでも、入れておくといつか役に立つかもしれません。

【関連記事】
DWHとは
BIツールとは-その意味と代表的な企業について-
データマートとは-その意味と構築メリット、デメリットについて-

 

人気記事

  1. アドベリフィケーションとは-その意味と事例について-
  2. プログラマティックTV広告とは-その意味と、日本のプログラマティ…
  3. オーディエンスターゲティングとは-その意味と行動ターゲティングと…
  4. 3rd Party Cookieとは-その意味と1st Part…
  5. ネイティブアドとは-その意味と種類、インフィード広告との違いにつ…
  6. ROASとは-その意味と、ROIとの違いについて-
  7. アドネットワークとは-デジタルマーケにおける役割とDSPとの違い…
  8. Cookieとは-その意味と種類、ITPとの関連性について-

友だち追加

最新記事

PAGE TOP