【GAFA】転職は難しい?難易度・スキル・転職方法をご紹介!

日常的に私たちの生活と関わりが深く、IT業界転職者が一度は夢見る企業である「GAFA」。

2018年には流行語大賞となるなど、今や転職・就職活動をしていなくとも知る人が多い言葉となりました。

しかし、業務内容・待遇・将来性・ネームバリューなど、多方面から見て魅力的な点が多いGAFAへの転職は人気が高く、非常に難易度が高いと言われています。

今回はそんな「GAFA」への転職ガイドとして、以下の様な情報をご紹介していきます。

  • 今さら聞けないGAFAの基本情報
  • GAFAの転職で求められるスキル
  • GAFAの転職を成功させるポイント

これから転職を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

【まず初めに】GAFAとは?

そもそもGAFA(ガーファ)とは、「Google(グーグル)」「Apple(アップル)」「Facebook(フェイスブック)」「Amazon(アマゾン)」の頭文字をとった造語です。

いずれの企業も、アメリカ発・世界トップクラスのIT企業であり、その利用度の高さは言うまでもありません。もともとはGAFAにMicrosoftOfficeの「M」が追加され、GAFMAと呼ばれていたものが発祥の様です。

GAFAが転職先として人気なのは、ネームバリューとして申し分ない認知度・年収・将来性などが考えられます。

その他にも、2021年8月にはGAFA4社の株式時価総額は日本全体の時価総額を上まっているような現状で、国内企業よりも自然と将来性への期待値が高まっているのです。

GAFAの特徴を企業ごとに解説

Google

ネット検索で誰もが利用する検索エンジンサービスを展開するGoogleは、広告収入が主な収益源であり、8割以上の収益を広告事業から得ています。

スタンフォード大学出身である創業者セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジにより、1998年に会社として設立されました。

グーグルのサービスとしては、オンライン広告の「Google AdSense」や「Google AdWords」、クラウドストレージサービスの「Google Drive」、無料で使えるメールサービスの「Gmail」など、実にさまざまなサービスを展開しており、国内でもいずれかのサービスをビジネスで利用した経験がある人がほとんどではないでしょうか。

Amazon

今やネットショッピングの代名詞と行っても過言ではない「Amazon」。コロナ禍で在宅時間が増加していく中、生活するためにはなくてはならないツールであり事実としてここ数年の売上は右肩あがりとなっています。

Amazonといえば通販を思い浮かべる方も多いですが、「Amazon prime」加入による動画配信サービス・電子書籍端末「Kindle」でのサービスなども有名です。

また、クラウド・コンピューティング・サービスであるAWS(Amazon Web Service)は、全世界で多くの企業が利用し、大きなシェアを得ています。

Facebook

Facebook(現Meta)は、世界最大規模28億人の月間アクティブユーザーを誇るSNSである「Facebook」を運営している企業です。Facebookの利用は個人だけでなく、BtoBビジネスで用いられています。

収益の大半は広告事業で成り立っており、利益率が高いことが特徴です。

Apple

iPhone、iPad、Apple Watch、などのスマートフォンやパソコンなどの開発・販売している企業であるApple社は、ハードウェア製品だけではなく、AppleMusicやApp Store、iTunesなどのデジタルコンテンツ販売を行うソフトウェア製品も手掛けています。

特にiPhoneは日本で大人気のスマートフォンであり、Apple製品で持ち物を揃えるファンも少なくはありません。

GAFAへの転職で共通して求められるスキル

英語能力

GAFAに転職するならば実践レベルの英語能力は当たり前に必要となります。

その中でどの程度の能力であれば転職を可能にするかは職種によって異なるでしょう。

例えば職種の中でも内向的なエンジニア職であれば求められるレベルはまだ低く、TOEIC900点程度であれば通用するのではと考えられます。

しかし外部とのコミュニケーションを多く求められるPMの様な立場であれば、より実践的な英語能力が必要とされます。

もしくは海外支社でなく日本支社勤務を目標とするのであれば目指すレベルも変わってきますが、GAFAへの転職を希望する方はおそらくグローバルなキャリアを描き希望することも多いのではないでしょうか。

いずれにせよ、将来的なことも考えると英語スキルはTOEICの点数だけではなく、実用的なレベルで身につけることがポイントとなります。

専門性

GAFAへ中途社員として転職するのであれば必ず即戦力を求められます。

そのため、希望する分野への専門性はその業界のトップレベルの専門性を持っているとより転職成功の確率は高くなるでしょう。

可能性として20代前半など年齢が若い場合は将来性を買われて内定が出ることもありますが、その場合でもこれまでの経験・向上心・将来性の高さをしっかりアピールする必要があります。

経験と学歴

GAFAへ中途採用を叶えるためには、やはり誰もが聞いて知るような企業・大学での経験が求められるでしょう。

決して学歴・経歴のみで判断しているわけでもなさそうですが、応募者も大多数の中でまずふるいにかけるための基準が必要となり、その点は国内の大企業と変わりはありません。

学歴・経験にあまり自信のない方は、学歴を変えるには時間と費用が必要となるため、国内でも有名である博報堂・電通などの企業への転職を目指して経験を段階的にステップアップすることをおすすめします。

GAFAへの転職を成功させるには?

転職エージェントを利用する

転職を成功させる鍵として転職エージェントの利用は必須と言えますが、GAFAもその限りではありません。

しかし、どのエージェントでも良い訳ではなく、ハイスキル人材に特化した企業・外資系に強いパイプを持つエージェント会社を選ぶことを意識しましょう。

GAFAは利用する転職エージェントを厳選しており、自社でリクルーターを派遣し採用活動しているので案件を保有している転職エージェントは限られています。

上記の様な転職エージェントを利用したとしても確実に求人を保有しているとは限らないため、初めに確認しておくことが大切です。

応募書類は綿密に作成する

転職するのであれば必ず履歴書・職務経歴書は必要となりますが、GAFAの転職では企業の特色・応募したい職種への理解・これまでの経歴を全体としてわかりやすく「プレゼン資料」として見れる様に作成することが必要です。

まとめ

今回は転職先として非常に人気の高い「GAFA」への転職情報についてお話ししました。

4社とも新卒での採用枠は多いですが、中途採用となると求められるスキルや応募数によりその難易度は大幅に上がります。

しかし入職を叶えると、確実にキャリアップできる企業となるため、可能性のある方はぜひ挑戦してみましょう。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。