twitterの広告費用を一挙公開!

今回はTwitter広告の運用に悩む方への記事です。

Twitterと言えば全世界のニュース・トレンドを気軽に知ることができるSNSで、日本国内の月間利用者数は4500万人と人口の3分の1にも及び、今や情報収集に欠かせないサービスと言えるでしょう。

本記事ではそんなTwitterで広告運用を初めてみたいという方のために、Twitter広告の基本となる情報をご紹介していきます。

今回は併せてTwitter広告運用代理店のメリットについても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【まずはじめに】Twitter広告の基本

まずはTwitter広告の基本情報をご紹介していきます。

そもそもTwitter広告とは「Twitterアプリ・ブラウザ上に配信できる広告」のことであり、広告だけどツイートと同形式で表示されるので目に止まりやすいなどのメリットがあります。

広告の掲載には特に利用審査もなく、法人・個人に限らず出稿することが可能なため身近にできる広告運用のひとつです。まずはじめはTwitter広告の基本についてお話していきましょう。

最大の特徴は豊富なターゲティング層

Twitter広告はなんと言ってもその豊富なターゲティングが特徴です。

広告の出稿の際、フォロワーの特定・ユーザーの絞り込みなど細かい設定をすることができるので、宣伝したい商品にあったユーザーへ商品をアプローチすることができます。

Twitterは特に10代〜20代の利用が非常に多いため、若年層と親和性の高いサービス・商品のプロモーションにはぴったりと言えるでしょう。

広告の種類は3つある

Twitter広告の種類は大きく分けて以下の3つです。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド

プロモツイート

「プロツイート」とは、Twitterのタイムライン上に表示される広告です。

通常のツイートとの違いは「プロモーション」という言葉が表示されるだけで、いいねやリツイートもできるため、ユーザーの目に止まりやすい広告です。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、現在フォローしていないアカウントの中で「興味を持ちそうなアカウント」をおすすめする広告です。

フォロワーを増やす目的として使用されることが多く、タイムラインの【おすすめユーザーセクション】や検索結果など、Twitterの様々な場所に表示されます。

プロモトレンド

「プロモトレンド」は、タイムラインや【おすすめトレンド】に表示される広告です。

指定したキーワードでハッシュタグを表示することができ、クリックするとその話題に関するTwitter検索結果の一番上に広告を表示することができます。

そしてプロモトレンドとセットで販売される「ファーストビュー」という広告があり、1日1社限定の24時間表示され続ける動画広告枠です。

プロモトレンドを伴わない「ファーストビューオンリー」という商品もありますがいずれも一日一社限定、買い切りの広告メニューです。

Twitterの広告費用について

広告費用の目安

Twitter広告の利用は最低額の指定がないため、少額からでも広告運用を始めることが可能です。

そのため広告費用は1円や数千円から運用も始める人もいたり、企業によっては数百万円かけた広告もあります。

費用をどれだけかけるかによって広告が表示される回数が変わるので、最低でも数万円はかけなければ中々広告表示はされないでしょう。

個人ではなかなか多額の費用を広告費に充てることは難しいですが、先行投資として、少なくとも数万円は広告費用として見込んだ方が良さそうです。

広告費用の入札の種類

Twitter広告の入札には以下の3種類があります。

  • 自動入札
  • 目的入札
  • 上限入札

自動入札

自動入札とは、決まった予算をTwitterが自動で運用する入札方法です。初心者が取り入れやすく、細かい設定が不要です。逆をいうと細かい設定ができないので、ターゲットの絞り込みをしたい人にはあまり向いていません。

目的入札

目標入札単価は、ユーザーのアクションに対して予算の「目標を」を自身で設定します。設定以上の運用は行われないので、予算オーバーなどのリスクを防ぎ、予算内で、リーチを最大化させます。

上限入札

上限入札単価はユーザーのアクションに対して予算の「上限」を設定できる入札方法です。ユーザーが取るアクションに対して、細かく費用を設定・運用したい場合におすすめです。しかし設定などの細かい初期動作が必要になるため、初心者の方にはあまり向いていません。

課金の種類と費用の相場

Twitter広告の課金制度については次の様な種類があります。

金方式の種類費用相場
クリック課金1クリックあたり24円~200円
インプレッション課金1,000インプレッションあたり400円~650円
フォロー課金1フォローあたり40~100円
エンゲージメント課金1エンゲージメントあたり40~100円
アプリインストール/クリック課金1インストールあたり100~250円

他の広告でもよくあるクリック課金・インプレッション課金に加え、フォロー制度があるTwitterならではのフォー課金は、広告経由でアカウントがフォローされると費用が発生します。

それぞれの特徴や相場費用を検討しながら、適切な課金方法を選びましょう。

Twitter広告運用を代理店に依頼するメリット3つ

自社内で運用を行えれば一番ベストですが、初心者の場合失敗して広告費用を無駄にしてしまう恐れもあります。

そんな事態のリスクヘッジとして「広告運用代理店」の利用があります。

広告運用をするとなると運用代理店の検討は必須になるので、最後は広告運用代理店利用のメリットについてご紹介しておきましょう。

配信後の運用もサポートしてもらえる

代理店を利用すると、運用後のサポートも受けられます。運用データの解析、結果報告、それに基づく解決策など配信して終わりではありません。

広告運用後のデータ活用はマーケティングの上で非常に重要な部分でありながら、専門的な知識を要するため自社運用では中々できない企業がほとんどです。

しかし広告代理店へ依頼すれば、万が一のトラブルにも対処することができるので、安心して広告運用を始めることができます。

時間を削減できる

自社で広告運用を行う場合、運用専門の新設部署の立ち上げ・社員への教育・実際に運用実施など、運用の成果が出るまでに時間がかかってしまうことが予想されます。

特に教育の部分は広告運用という専門知識が必要とされるので、付け焼き刃でできるものではありません。新しい人事募集をかけてもいいですが、それもまた時間がかかるでしょう。

しかし広告運用代理店を利用すれば、運用のプロたちが即日から自社の広告運用を行ってくれるので無駄な時間をカットできます。採用・新設部署立ち上げの必要なコストを考えると、利用のコストもそこまで負担にならないのではと考えられます。

他のSNS広告運用も学べるチャンス

witter広告を配信するほか、Twitterの企業アカウント運用についてもアドバイスやサポートを受けられる広告代理店があります。

Twitterは個人だけでなく、企業も自社アカウントを持ってユーザーと積極的に交流する場面が増えており、自社のコーポレートサイトへ足を運んでもらう受け身の状態から、自発的な活動をすることが可能です。

企業としてどのような方針でアカウント運用をしていくのか、効果的な使い方や、話題になるようなツイート内容の精査など、Twitter広告以外のTwitterアカウント運用部分でも相談できる広告代理店が増えており、こちらも大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

今回はTwitterの広告運用についてでした。

今や商品のマーケティング商法においてSNSの利用は避けて通れません。

しかし運用方法は簡単ではなく、これまで全くTwitter広告に触れてこなかった企業からすると非常にハードルが高くなります。

Twitter広告の運用に即効性を求めるのであれば、運用代行会社への利用も検討しつつ、同時平行で自社内の教育を進めるのがベストでしょう。

今回ご紹介した内容が少しでも参考になればと思います。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。