広告業界の年収を検証してみた

高収入で華やかな仕事のイメージがある広告業は、他業種からの転職者も多く人気の業種のひとつです。

しかし広告業界で活躍している企業の数は多く、本当に全ての企業の年収が高いと言えるのでしょうか?

そこで今回は、広告業界の年収について分析し広告業界で年収アップをする方法も併せてご紹介していきます。

これから広告業界に転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告業界を支える4つの企業とは?

(引用:リクナビ就活準備ガイド 広告業界とは

広告業界の年収検証の前に、広告業界とはそもそもどのようなものか少しだけ解説しておきます。

広告業界では商品やサービス・アイデアを多くの人に伝え購入につなげることを目的として様々な企業が活躍しています。

その多くの企業の中で、広告を出したい企業である「広告主」・広告をみる「消費者」を除けば、広告業界は次の4つに分類されます。

  • 広告活動を行う「広告代理店」
  • 広告を制作する「広告制作会社」
  • 広告枠を仕入れ・販売する「メディアレップ」
  • 広告を掲載するテレビ・新聞・雑誌などの「媒体」

これらは各企業ごとに大きな役割が決まっており、それぞれの役割を果たすことで私たちが目にする「広告」として商品の情報が届けられるのです。

では、4つの企業をひとつずつ解説していきましょう。

広告代理店

広告代理店は、企業に代わって商品の広告活動を行う会社です。

広告を扱う媒体によって「総合広告代理店」「専門広告代理店」「ハウスエージェンシー」の3つに分類されます。

以前までは、メディア(テレビや雑誌)の広告枠を広告主(広告を出して宣伝したい企業)に紹介しその手数料で報酬を得ることだけで成り立っていた広告制作会社。

掲載する広告の制作についても携わるようになり、広告枠の紹介・制作・掲載まで一貫してプロデュースするような会社となりました。

広告制作会社

広告制作会社とは、クライアントからの依頼に応じて広告の企画・制作を行う会社です。

(別名として「広告プロダクション」と言われる場合も有)

広告制作会社では、決まった広告代理店から仕事を受ける代理店系列会社と複数の代理店から仕事を受ける独立系会社に分かれます。

メディアレップ

メディアレップとは、広告主・広告会社・媒体社のそれぞれのニーズを踏まえて、広告枠の仕入・販売を行うインターネット専門の広告代理店のことです。

有名企業である「サイバー・コミュニケーションズ」などもこのメディアレップに当たります。

媒体

テレビ・新聞・雑誌・ラジオなど制作された広告を掲載し、消費者に届けるためのこれらを「媒体」と言います。

近年では上記の4マスに加え、インターネットを通じたWebサイトやSNSが媒体の主流となっており、その他にもチラシやダイレクトメールなども含まれます。

広告業界の年収は高い?

結論として、広告業界の年収は全ての企業が高いわけではありません。理由としては、企業により受ける案件の規模の差が大きいからです。

受注する案件が大きければ報酬は高くなり、会社の利益は高くなるので社員への給料水準も高くなります。これは逆もしかりで、小さい案件ばかり受ける企業の報酬は少なくなります。

実際に広告代理店に絞って年収を比較してみましょう。

平均年収.comに掲載されている広告代理店の平均年収は575万円~675万円とされています。

しかし高収入で有名な広告代理店の年収ランキング見てみましょう。

(引用:平均年収.com

1位の電通は約1143万円・10位のセプテーニ・ホールディングスは約546万円となっており、高収入と言われている中でも年収には倍以上の差があることがわかります。

平均値は1500社もある広告代理店の給料の平均になるため、企業数が多くあてにならない場合が多いのです。

さらに企業の中でも、取ってくる案件によってインセンティブが出る営業・技術の高さが給与の評価に繋がりやすいクリエイティブ職など、職種によっても給与の差は出るでしょう。

平均年収はあくまでも「平均」であり、受ける案件・職種・事業内容によっても大きく変化するため、自身の希望する給与に叶うかどうかは平均を基準にするのではなく、その企業を詳しく調べることをおすすめします。

企業の年収調査におすすめの方法

気になる企業の年収を詳しく知りたい場合は「digleka!」の無料転職サポートを利用すると、現役/元マーケティング経験者のエージェントからリアルなアドバイスを受けることが可能です。

企業の平均年収はもちろん、面接対策・書類添削など的確なアドバイスで理想の転職を叶えることができるでしょう。

広告業界で年収を上げるには?

広告業界では全ての企業が高収入ではありません。

しかし、もし給料が低い企業に転職したしまったとしても、やり方次第で自身の年収を上げることは可能です。

最後はそんな場合の対策として、広告業界で年収を上げる方法についてご紹介していきましょう。

その①.転職して年収を上げる

今いる企業の年収が低い場合、給料が高水準の企業に転職する方法です。転職での年収アップは、あらかじめ自身の給料希望を元に職場を選ぶことができます。

しかし転職での年収アップには、入職直後の年収から伸び代がなく、数年後にまた転職を考えなければいけない場合もあります。

転職を検討する企業では、年収水準はもちろん、在籍している人のキャリアプランなどをよく調べて将来性のある企業への転職を意識しましょう。

その②.自身のスキルアップを図る

資格や技術の取得により自身のスキルアップを図る方法です。

例えばクリエイティブ職であればPhotoshopやIllustratorのレベルを上げればあげるほど、成果物のクオリティが高くなります。

専門的な技術がない営業職でも、話し方や営業手法を覚えれば契約が取れインセンティブが増え年収アップに繋がります。

転職の様に即効性があるやり方ではありませんが、自身の能力を上げることができるので自身の成長にも繋がるやり方です。

その③.独立する

広告業界に携わるには企業に属するだけが方法ではありません。自身で企業やフリーランスとして仕事を請け負うのもひとつの手段となります。

自身で仕事を請け負うことができれば、契約金がそのまま自身の手元に入ります。(もちろん諸経費などが発生するので収入となるのは契約金の全てではありません。)

しかし独立するには、ある程度の技術と人脈がなければハードルは高いため、この方法は上級者向けと言えるでしょう。

まずは企業で下積みを積み、将来的に独立するというキャリアプランが通常です。これから転職を検討している人は、将来の選択肢として独立を据えることをおすすめします。

まとめ

今回は広告業界の年収についてお話しました。

「広告業界の年収は高い」と言うイメージですがそれは一概には言えません。

就職する企業により給料水準は差があるため、高収入を希望している人は、業界と言う大きな平均値をあてにするのではなく、企業の平均値を調べることをおすすめします。

また、今の給料が低い場合でも年収をアップする方法はいくつかあるので、「広告業界は年収が低いのか」と諦めず、理想の年収を叶えるためにチャレンジしてみましょう。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。