Web広告運用担当とは?仕事内容・年収やスキルなどを徹底解剖!

多数種類がある広告の中でも、企業からの需要も高く、現代の消費者へのマーケティング方法として必要不可欠であるWeb広告。

そんなWeb広告を運用する「Web広告運用担当」は、転職者からの需要も高まりつつある職業です。

しかし最近になって多くの方に認知された職業でもあるため、「未経験でも転職は可能なの?」「お給料ってどれくらいなんだろう?」など疑問や不安が浮かぶ職業でもあります。

今回はWeb広告運用担当者へ転職を考える人のために、仕事内容や年収などをご説明していきます。

入職後のギャップがないよう、転職を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

Web広告運用担当とは?

Web広告とは、インターネットサイトを使用し企業が消費者へマーケティングを行う宣伝活動のことであり、それを管理・運用するのが「Web広告運用担当」です。

Web広告はインターネット広告とも呼ばれ、2021年3月に電通グループが発表した「2020年日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」では、Web広告費は全体の36%・前年比107.7%と伸長しています。

スマホやパソコンが生活に欠かせない現代の社会では、Web広告の需要はこれからも高まりつつあると同時に、Web広告運用担当者も、これからさらに需要が高まっていく職業だと考えられるでしょう。

Web広告運用担当の仕事内容は?

Web広告の種類は種類が多く、その広告をどこに打ち出すのかによって細かい仕事内容は異なりますが、主な仕事内容は以下の三つになります。

  1. 企画
  2. 分析
  3. 改善

ひとつずつ解説していきます。

1.企画

クライアントからの依頼内容に沿って、広告の媒体や予算、スケジュールなどを企画します。

Web広告は配信後に調整を行いながら運用していく広告です。

したがって企画の段階では大枠の意向や方針を決めておき、徐々にニーズやPV数を分析しながら運用していく流れが多いので、臨機応変さや経験が求められるでしょう。

さらに広告のターゲット層のニーズや広告が表示される媒体は、常に変化し続け流行りなどもあるため、自身の中で常に最新のものを把握しておく必要があると言えるでしょう。

2.分析

配信後の広告の掲載結果を分析していきます。

広告のPV数や閲覧が多い時間帯・年齢層などを数値化し、広告流入後の商品の販売状況を分析して広告効果を算出します。

多方面からのデータ収集・分析を行い改善方法を考え出す必要があるため、コツコツとした事務作業的な業務であり、問題解決能力を求められる仕事と言えます。

3.改善

分析した結果をもとに広告のランディングページや広告媒体などを設定を改善していきます

ここでの改善はWeb広告運用担当ひとりで行うものではなく、企画部署や営業担当・広告デザインを担う部署との連携を行いながら、予算内でより高いパフォーマンスができるよう、何度も繰り返し行う作業となります。

Web広告運用担当の年収は?

会社により差異はありますが、広告業の中でもインターネット・広告業全体の平均年収は約407万円、Webマーケティング・ネット広告分野では約421万円とされています。(参照|dodaの平均年収ランキング

(引用|doda 平均年収ランキング

同社の全体の2020年平均年収は409万円であるため、平均〜少し高いと言える水準だと考えられます。

しかし、業界として残業や休日出勤が多いと言われる業種であるため、労働時間と給料が見合わないと感じられる場合もあるでしょう。

転職を検討する場合は、労働条件に平均残業時間や残業手当の記載があるかどうかもしっかりと確認することがおすすめです。

Web広告運用担当になるためには?

Web広告運用担当者は専門的な業種であるため、一般企業に就職したとしても業務に就くことはできません。

具体的にはどのような会社に絞って就職すればいいのか、スキルとしてどのようなものを身につける必要があるのかなど、具体的に解説していきます。

業種を絞って転職先を決める

Web広告運用担当者が活躍する業種は、大きく分けてインターネット広告やウェブマーケティング業界になります。

クライアントから依頼を受ける広告代理店や、実際に広告を運用するメディア(SNSやスマホアプリなど)を作る媒体などが多くあげられるでしょう。

広告代理店もWeb広告を専門に行う会社・総合的に代理を担う会社などさまざまな種類があります。

総合代理店に転職した場合は、Web広告担当の配属が叶わないリスクなども考えられるため、注意が必要です。

他の選択肢として、広告の依頼を行う企業に転職するという手もありますが、多くの企業は自社で広告運用ができないため代理店に広告運用の依頼を行います。

したがって企業内で広告運用部署がある企業は少ないことが多く、転職先に選ぶには難易度が高いと考えられるでしょう。

求められるスキル

Web広告運用担当になるためには、専門的な資格などは必要がないため、未経験でも転職を行うことが可能です。

しかし、専門的な用語に対する知識や業界知識・分析力や問題解決能力が求められるため、苦手と感じる方もいるでしょう。

営業職や販売職などと異なり、社内でのコツコツとした作業が多く、常に問題解決に取り組むことが主となる業務のため、それが苦とならない人に向いていると言える職業だと考えられます。

まとめ

GoogleやYahooなどの大手業での広告運用は、現在AIによる自動化も検討・実施されており、「広告運用担当者は不要になる職業では?」という説もあります。

しかし、Web広告運用はデリケートな作業が求められ、自動化だけでは判断ができない経験則が求められることも多くあるため、まだまだAI化しづらい職業だと考えられます。

さらにマーケティング知識などを学ぶことで、自身のキャリアアップを図ることもできる将来性のある職業です。

自身のこれまでの経験や性格などで、向き不向きがあるため、自己分析に注意しながら広告運用担当者への転職をぜひ検討してみましょう!

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。