インハウス(In-house)とは?

インハウス(In-house)とは、「自社の」または「企業内の」を意味する用語で、会社内の業務を外部に委託せず自社内で行うことを指します。

インハウスに対して、業務を外部に委託することをアウトソースと呼び、この2つはよく対比して使用されます。

商品の製作や開発は自社で行い、広告や宣伝は外部に委託するなどインハウスとアウトソースの両方を採用している企業は多くありますが、これらをインハウスで行う場合は全て社内での一貫業務になります。また、上記のようにアウトソースを採用していたものをインハウスに切り替えることをインハウス化と呼びます。

インハウスマーケティングとは

インハウスマーケティングは字義通りに考えると自社のマーケティングです。この意味と現状のインハウスマーケティングの状況や必要性について理解を深めておきましょう。

マーケティング施策の内製化

インハウスマーケティングは製品やサービスの市場開拓やブランディングなどのためのマーケティング施策を内製化することです。市場調査などのデータの取得、収集したデータの集計及び分析、そのデータに基づく広告の出稿や宣伝の実施などを社内で実施することを意味します。基本的にはマーケティングの担当部署を設置し、マーケティング戦略の策定から企画、実行までを一通り実施できる体制を整えることが内製化に必要です。施策の効果測定をしてPDCAサイクルを回すための充実した組織を作り上げる努力を続け、インハウスマーケティングの実力を伸ばしてきた企業も多数あります。

ただ、近年では市場調査やデータ分析は専門とする調査会社は分析会社が登場し、アウトソースする傾向が強まりました。社内に人材を抱えて対応するよりも、専門会社に委託した方がスムーズに施策を進められると考えられたからです。アウトソーシングによる社内業務のスリム化が目指された影響もあって、マーケティングはアウトソースの積極的な活用が進められてきました。しかし、デジタルマーケティングの重要性が高まり、マーケティングの高度化が進展したことでインハウスマーケティングの必要性が再認識されるようになっています。

デジタルマーケティングにおける重要性

インハウスマーケティングがデジタルマーケティングで注目されるようになった背景として、ウェブ広告やSNS広告の多様化と広告の作成及び出稿の基盤が確立されたことが挙げられます。マーケティング施策の実施が可能な専門スキルのある人材も増えてきたため、内製化が可能になってきました。

デジタルマーケティングではリアルタイムで蓄積されていくビッグデータを活用できるメリットがあります。データを最大限に活用するには常にマーケティング施策を検討し、効果測定をして改善を進めることが重要です。

デジタルマーケティングをインハウス化することでスピード感のあるマーケティングが可能になります。競合他社との競争に打ち勝つためにはいつも顧客から選ばれる施策を続ける必要があるため、インハウスマーケティングに切り替える傾向が強まっています。

インハウスマーケティングのメリット

インハウスのメリットとしては、業務を外部に頼らないため社内で完結できることや、業務で得られた知識や経験を社内のものとして共有できることが挙げられます。また、外部に委託するよりも情報伝達がスムーズでコストが削減しやすいことも利点です。

業務規模や人員によっては、アウトソースに頼らなくても無理のない範囲で業務を遂行できます。

インハウスで働く人にとっては、社内の限られた人員で業務を進めるため比較的大きな仕事に挑戦できることや、時間や情報の管理がしやすいことがメリットです。

インハウスマーケティングのデメリット

インハウスマーケティングのデメリットは、人員が欠けてしまうと業務に支障をきたす可能性があることや、業務内容が多様で1つの業務に集中して取り組むのが難しい点が挙げられます。これらは、インハウスの場合は外部に頼れず限られた人員で進める必要があることが要因です。

また、外部に頼らない分インハウスのほうがアウトソースよりもコスト削減できる傾向にありますが、場合によってはコストが増加することもあります。以前はインハウスが主流でしたが、現代では業務の多様化やコスト削減などの理由からアウトソースを採用する企業が増えてきました。人件費などのコスト面を重視して考えるならば、アウトソースの採用を検討しても良いかもしれません。

対して、社内でのノウハウの蓄積や社内独自のやり方を追求したい場合はインハウスのままで良いということになります。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。