dely(クラシル)の中途求人・転職情報-年収、転職方法、強み、働くメリット、カルチャー、福利厚生や制度、選考難易度-

クラシルを運営するdely株式会社の求人情報についてまとめました。人気の企業ですので、これから面接を考えている方は是非本記事を参考にしてみてください。

ヤフーグループに参画し、更なる拡大を目指すレシピ動画のパイオニア

dely株式会社は2014年4月創業のITベンチャーで、日本最大級のレシピ動画サービス「kurashiru」を運営しています。

2016年2月のサービス提供から、まだ2年半程度しか経っていないにも関わらず、1.8万本のレシピ動画(2018年7月時点)・290万人のSNSフォロワー(2018年7月時点)・1,200万のアプリDL(2018年6月時点)を誇る巨大なプラットフォームに成長しています。2018年7月には、同じくレシピ動画サービスを展開する「mogoo(もぐー)」を運営するスタートアウツを子会社化するなどし、その勢いは止まりません。

2018年7月にはヤフーグループへの参画に関するニュースが大きな話題を生みました。今回のヤフーグループへの参画で、ヤフーの持つメディア・コマース領域のリソースを活用し、クラシルのコンテンツをヤフーのメディア・コマース関連サービス等の利用者に対して、利用しやすい形で届ける取り組みを進めていく事を発表しています。

ヤフーグループとの戦略的パートナーシップの締結をしてからもデザインファーム株式会社Basecampを完全子会社化、TRILL株式会社を連結子会社化して事業拡大を進めてきました。2018年後半にはユーザー数が1500万人に達した後、急速な伸びを示して2020年5月には8000万人ものユーザー数となっています。
2020年4月にはクラシルが利用者数・アプリダウンロード数・SNS総フォロワー数・レシピ動画数でレシピ動画サービス業界における国内トップに君臨しています。その後もリテールプラットフォームの構築・サービス開始やイオンリテールとの連携によるネットスーパー機能の導入など、クラシルを基軸とした多角的なサービス展開を推進しています。

代表取締役/CEOの堀江 裕介氏は若干26歳で、Forbesが発表した「アジアを代表する30才未満の30人」のメディア・マーケティング・広告部門に選出されるなど、新進気鋭の若手起業家として各種メディアに連日取り上げられ、大きな注目を集めています。

従業員数も140名程度まで拡大し、さらなる成長に期待がかかっています。平均年齢が29歳と若く、20代が仕事の中心になっていることから若い力を生かして働きやすい企業でしょう。

delyの強みは、プラットフォームに依存しない囲い込み戦略と、ブランド力にあり

delyの強みは、プラットフォームに依存しない囲いこみ戦略と、ブランド力にあります。kurashiruのサービスローンチのタイミングは、バイラル系動画メディアの最盛期でした。

バイラルメディアとは、SEOを集客の主軸にする一般的なwebメディアとは異なり、Facebookを主とするSNSプラットフォーム上に動画等のリッチコンテンツをアップロードし、ユーザーに拡散させることで集客を目指すメディアの事です。

kurashiruも当初バイラルメディアとして順調にユーザー数を増やしていました。しかし、国内競合にあたる、DELISH KITCHENを運営するエブリよりおおよそ半年も早くアプリをローンチし、他社のSNSプラットフォームに集客依存しないユーザーの囲い込み戦略に注力してきました。

kurashiruがユーザーの囲い込み戦略に注力している点は、アプリをダウンロードするとよく分かります。優れたUIUX、高いコンテンツの更新頻度、プッシュ通知に至ってもサムネイル画像が挿入されており、ユーザーファーストで作り込まれているのが良く分かります。

結果として、Facebookのアルゴリズム変更に伴い、Facebookに集客依存してきたバイラルメディアは軒並み苦戦を強いられ、そのブームは終わりを告げました。しかし、早くからユーザーの囲い込みに注力してきたdelyにはkurashiruファンが形成されており、企業として圧倒的な強みになっています。

また、これらの囲い込み戦略により「kurashiruが国内ナンバーワンサービスとしてブランド化されている」ことも大きな強みになっています。kurashiruのようなレシピ動画サービスの主たるマネタイズチャネルは、食品メーカー等とのタイアップ広告です。

広告主の立場からすれば、ナンバーワンのサービスに広告を出稿した方が多くのユーザーにリーチできると考えるのが自然です。レシピ動画サービスの領域においては、圧倒的なナンバーワンのもとに多くの広告主が集まるのです。

今やレシピ動画と聞くと「kurashiru」を連想するユーザーが最も多いのではないでしょうか?国内ナンバーワンサービスとしてのブランドを確立しつつあることも、delyの大きな強みといえます。

その実績もユーザー数が8000万人以上、アプリダウンロード数が2200万以上ということからよくわかります。TRILLでも4000万人を超える月間利用者数を誇っていることから、日本国内における不動の市場を獲得していると言えるでしょう。さらにリテール事業も進めていることから、今後も継続してビジネスの進展を期待できる企業です。

delyのカルチャー

delyのカルチャーは、20代中盤の経営陣が率いる会社と合って、若く画期的です。まだまだ70人のベンチャー企業である事から、自立自走が求められます。自分から能動的に動けない人や、教育体制や福利厚生を求める人にとっては、つらい環境になるでしょう。

一方でその逆に、ベンチャー然とした裁量権の大きな職場環境で、成し遂げたい事や目標が明確な人にとっては、いくらでも自分の仕事の幅を広げる事ができる環境です。経営陣ともカジュアルなコミュニケーションがとれるアットホームさもあり、カルチャーマッチする人にとっては居心地の良い職場になるはずです。

個人的には訪問時、レシピ動画の会社とあって、撮影を終えた料理がテーブルに並べられ、社員の皆さんが仲良く料理に舌鼓を打ちつつ談笑されているのが、印象的でした。

delyの所在地・オフィス

delyの所在地はJR田町駅の目と鼻の先にある田町ステーションタワーNの23階です。

住所:〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目1-1 msb Tamachi 田町ステーションタワーN 23階

delyは以前は五反田にオフィスを構えていましたが、2020年に田町に移転しました。クラシルとTRILLの二大事業を統合的に扱えるようにし、事業を加速させるためにワンフロア設計のオフィスに仕上げています。開放感のあるオフィススペースではコミュニケーションを取りやすく、部署間の壁を越えた協力体制が整えられると期待されています。
ビジネスにおけるシナジーはdelyが力を注いでいる点です。田町への移転におけるオフィスデザインにもそのコンセプトが大きく反映されています。

引用:Wantehttps://www.wantedly.com/companies/dely/post_articles/296771dly

delyで働くメリット

delyで働くメリットとして、活躍次第で20代でも幹部クラスを目指せる点、企画色の強い職域でマーケティングを学べる点、裁量のある環境で、自分次第で自由にキャリア設計していける可能性が高い点などが挙げられます。

delyはまだまだ創業4年、従業員70名程度のベンチャー企業です。営業部隊ひとつとっても、各チーム1~3名程度の少数精鋭のチーム構成となっています。成果を挙げれば挙げた分だけ、早くの昇進が目指せます。

また、クラシルの主たるマネタイズチャネルは、企業とのタイアップ広告です。ポータル系メディアでよくある単純な枠売りとは異なり、市況環境や顧客のビジネスモデル、トレンドなど広く理解したうえで、クライアントのサービスをグロースさせる企画を提案しないといけません。

デジタルマーケティングについても相応の経験が求められるため、企画色の強い職域でマーケティングを学べる点も魅力的です。

自分から能動的に仕事をとってこれる社風(むしろそれを好む社風)である為、自分次第でいくらでもキャリアの幅を広げていける点も魅力的です。

delyの年収

優秀な人材には投資を惜しまない企業のため、高い待遇が与えられています。

世代が若い企業というだけあって20代のポテンシャル採用でも年収400万円~500万円の求人が見受けられます。職種による違いは大きいものの、マーケティングや広告運用では550万円~650万円、ウェブ系では500万円~700万円程度の求人が出ています。将来的に成長してマネジメントクラスになれれば800万円以上も期待できる企業です。
まさに成長盛りのベンチャー企業なので入社後に成長し、大きな成果を上げれば昇給や昇進の機会も豊富に与えられます。年収を上げていきたいと考えている人にとって魅力が大きい企業です。

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

delyへ転職するためには?

delyの中途採用においては、ポジションや個人によって異なるケースもありますが、計4回の面接があります。基本的に未経験者の採用に意欲的ですが、カルチャーマッチするかどうかについては、重要な指標として見極められます。全ての職種において、能動的で野心家なタイプ程相性が良いはずです。

delyではデジタルトランスフォーメーションの推進に伴う新しい事業開発を進める人材を積極的に採用する方向性を示しています。クラシルとTRILLのユーザーニーズに合ったサービスの向上を目指すスタッフよりも、むしろ新たな可能性を切り開くための実力者、あるいはそのポテンシャルを秘めた若い人材の採用に対して前向きです。エンジニアの採用が特に注目されていて、新しいプラットフォームの構築やデータパイプラインのアップデート、ユーザー分析などのマーケティング視点を持つエンジニアの獲得を目指しています。

優秀な人材の獲得に成功し、事業が進展すればまた新しい方向性が生まれる可能性はあります。しかし、DXの視点での事業展開が進められると考えられるため、デジタル技術を意識して知識を付けておくのが転職の成功につながります。企画職などでもデータ分析力が求められる傾向が強まっているので、基礎的な知識やスキルを身につけておくのが大切です。

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

Vorkers、転職会議、カイシャの評判から読み解くdelyの評判

設立されたばかりのベンチャー企業なのでまだ口コミも多くありません。
コメント自体はありますが、11件のみなので全貌をつかみづらいと言わざるを得ないでしょう(※2020年4月時点)

規模も大きくなりましたが、口コミサイトはネガティブな意見が集まりやすい傾向にあるので、コメントが少ない事はむしろ良い点ではないかと筆者は考えています。

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

delyの福利厚生や制度は?

・フレックス制 コアタイム10:00〜16:00
フレキシブルタイム:7:00〜10:00、16:00〜19:00
・完全週休2日制(土・日)
・年末年始休暇
・交通費支給
・住居手当あり
・社内イベントあり
・社内部活動
・フリードリンク制度
・撮影で使用した料理は試食可能

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

delyマガジンとブログ情報を手に入れよう

delyではベンチャーとしての活気がある企業で、風土としてフォーマルさにこだわるところがあまりありません。企業文化をよく体現しているのが公式のdelyマガジン、delyブログによる情報発信です。どちらもdelyのスタッフが運営していて、現場の生の情報が多数詰まっています。
delyブログではオフィスの移転情報も含め、社内イベントや社外イベントの情報が豊富です。社員や経営陣へのインタビュー記事もあるので、スタッフが何を考えて働いているのかを知るのにうってつけの情報源になります。delyマガジンでは採用関連情報も発信していて、カジュアルミートアップの開催報告など、delyへの就職を考える上で生き生きとした情報が手に入ります。
delyマガジンはnoteを使った気軽に読める記事の掲載を進めているブログタイプの情報ソースです。消費者向けの情報発信が進められている一方で、「delyの人」「delyのいま」「delyのお仕事」といったトピックも活発に投稿されています。社員の様子がよくわかる「delyのイベント・部活」も盛り込まれているので、delyの一員となる魅力をイメージしやすいでしょう。
delyではこのような積極的な情報発信によってdelyを身近な存在として感じてもらおうと努力を進めています。大切な情報源としても活用できますが、企業文化として共感できるかどうかにも大きく関わる部分でしょう。就職活動や転職活動をする上では一読しておくのがおすすめです。

delyの選考難易度

論理的思考力:5
熱意:7
スキル:5
学歴:4
カルチャーフィット:8

総合難易度:5.5

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

【Delyの求人をご覧の方へオススメ企業】

LIFULL株式会社
株式会社はてな
エムスリー株式会社
株式会社リッチメディア

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。