DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム)の中途求人・転職情報-年収、転職方法、強み、働くメリット、福利厚生、選考難易度-

DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)の求人情報についてまとめました。

博報堂グループ、DACへの転職は当サイトdigireka!経由でもサポートが可能です。転職相談はこちらhttps://digireka.jp/lp/
ご相談フォームに、博報堂グループ、DACへの転職希望の旨をご記載ください。

会社名デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
事業内容メディアサービス事業
ソリューションサービス事業
オペレーションサービス事業
資本金40億3,100万円
設立1996/12/2
グループ会社ユナイテッド株式会社
株式会社博報堂アイスタジオ
株式会社プラットフォーム・ワン 他計12社
所在地東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー(受付 33階)
従業員役所者・従業員 1,388人(単体、2020年6月30日現在)

DACは国内デジタルマーケティング市場を代表するインターネット広告の総合サービス企業

DAC(デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社)は、博報堂DYグループの子会社で、DAコンソーシアムホールディングスの完全子会社です。インターネット広告の釈明期であった1996年に、博報堂・ADK・デジタルガレージ・I&S BBDO・徳間書店の共同出資により、日本最大級のメディアレップとして誕生しました。

「デジタルの未来に、もっと力を」というミッションを掲げて、デジタルトランスフォーメーションが推進されている現代社会のトレンドに沿ってビジネスを成長させてきています。DACの「デジタル社会の未来を創造する「テクノロジー」と「実行力」を持ったプロフェッショナルへ」とういビジョンはデジタルマーケティングを成長させる基盤となる重要な考え方で、社員の価値観として打ち立てているバリューに反映されています。

現在は、メディアレップとしての機能を主軸としつつ、DSPやSSP、DMPの開発および販売(アドテクノロジー領域)や、メディア運営、SMM、海外事業、また、博報堂グループが抱えるクライアント案件に対する広告運用等、インターネット広告全般に対して総合的にサービス提供出来る体制を保有しています。

特に近年はアドテクノロジーを中心としたデータビジネス開発に力を入れており、自社開発のDMP「AudienceOne」や、子会社であるプラットフォームワンが開発・販売を行うDSP「MarketOne」を代表として、DACが抱えるアドテクノロジープロダクトの数は12にのぼります。

DACではグローバル展開を2001年から手がけ始め、着実に勢力を広げてきました。海外事業においても、中国、米国、東南アジアを中心に、グループ各社と連携して事業展開を進めています。グローバルビジネスの展開は近年精力的に進められて2019年には韓国のデジタルエージェンシーを連結子会社として韓国への進出も果たしています。

主に、

・米国を中心とする海外テクノロジーの調査・提携による日本市場への輸入
・アジア/中国を中心とした海外市場での、現地企業との提携や、テクノロジーの輸出入
・日本企業の海外進出及びグローバル企業の日本進出における、マーケティング、プロモーション支援
・海外企業の日本国内の媒体への出稿、および日本企業の海外の媒体への出稿支援
・欧米におけるアプリプロモーション

等を手掛けています。

2018年8月に博報堂DYグループによるDAコンソーシアムホールディングスのTOB(株式の買戻し)に伴うDAコンソーシアムの上場廃止が決定されました。そして、2019年4月には博報堂DYデジタルとの統合によって新しいデジタルトランスフォーメーションの推進・サポート企業として生まれ変わっています。社会全体の変革を生み出す基盤となるデジタルの可能性をマーケティング・広告という方向性から牽引し、新しい価値の創造を進めていく力強い企業として躍進を続けています。

DACの強みは、潤沢なリソースと技術力にあり

DACの強みは、潤沢なリソースを活かした事業領域拡大と、技術力にあります。

日本最大級のメディアレップとして古くから日本のインターネット広告市場を下支えしてきたDACですが、アドテクノロジーの登場やデジタルマーケティング市場の拡大に伴う市況変化に対し、潤沢なリソースを基に事業提携、M&Aを展開、博報堂グループ各社を連結子会社するなどし、事業領域を広げることで柔軟な対応を続けてきました。

潤沢なリソースを持つDACだからこそ出来る拡大戦略といえます。

また、技術力を活かしたデ―タビジネス開発も同社の強みといえるでしょう。

DACは社内にエンジニア・データサイエンティスト・データアナリスト等のスペシャリスト人材に加え、R&D機能を有し、デジタルマーケティングにおけるトレンドや最先端のテクノロジーに関する調査・研究・開発を積極的に行っています。

これらにより、プロダクトの積極展開を可能にしています。

さらに事業展開を加速するため、DACではデジタルマーケティングに関連する数々の認定の取得を進めています。以下のようにGoogleやSNSのパートナーとしての認定を受けてプロとしてのテクノロジーを活用したサービスを提供する基盤を整えています。

・Google Cloud Partner
・Facebook公式APIパートナー
・Twitter DMP公式パートナー
・Instagram Partner
・LINE Account Connect部門 各種 Partner ”Diamond”
・LINE Biz Partner Program Technology Partner 各種

また、2021年にはLINE Biz Partner Program Planning Partner、Spotify Advertising PARTNERに認定され、百度 2020年度優秀代理店としてグループとして6度目の受賞を果たしています。受賞歴も積み上げてきたものが増えていることから、高い信頼性のある企業として注目されるようになっています。

DACのバリュー

DACで働く上では社員の持つべき価値観にマッチするかどうかが重要なポイントです。DACでは以下のバリューを掲げて社員の行動指針を示しています。

DAC Pride 先駆者としての誇りを持とう。
DAC Brand 信頼を勝ち取ろう。
DAC Strength 知見や経験を磨こう。
DAC Partnership 強い絆を結ぼう。
DAC Creativity いつも創造し続けよう。

デジタルトランスフォーメーションを牽引する企業としてのプライドとブランド意識を持ち、世界から信頼される技術力と想像力を持つ意識が重要視されています。パートナーシップがあってこそのビジネスなので、絆を大切にする顧客視点での働き方も求められます。このようなバリューに共感できる人にとってDACはなじみやすく、やりがいのある仕事を続けられるでしょう。どのような職種を希望する場合でも、デジタルエキスパートとしての躍進を考え、ココロを動かす価値を創造していきたいという気持ちを持っている人にとって魅力的な企業です。

DACで働くメリット

DACで働くメリットとして、広告主、媒体社それぞれに幅広くソリューションを提供しているため、インターネット広告領域において横断的にキャリアを積める可能性が高い事、博報堂グループとして大規模案件に関われる点が挙げられます。

DACは、メディアレップとしての機能のみならずアドテクの販売や広告運用などを通し、広告主側にもソリューションを提供しています。

通常のネット広告専業代理店であれば、DACのようにバイサイド・セルサイド双方を跨いだソリューション提供を行うことは少なく、DACで働く大きなメリットと言えます。

また、博報堂グループだからこその、莫大な予算を持つクライアント案件に携われる事ができるのもメリットと言えます。デジタルマーケターは関わる案件の予算額がキャリアに大きく影響します。出来る限り大きなクライアント案件に携わる事が重要です。

DACの所在地・オフィス

DACのオフィスは恵比寿ガーデンプレイスタワーにあります。
2005年に移転し、同ビル内で増床と移設を繰り返しています。
オフィスの入れ替わりが激しい恵比寿ガーデンプレイスタワーの中では今や古株の域に入るみたいです。

【エントランス】

【ミーティングルーム】


DACの所在地:東京都渋谷区恵比寿4丁目20−3

画像引用元:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの揺るがないコンセプトと共に進化する“シンプル”なオフィスと働き方(株式会社Diraph)

DACの年収

以前は給与水準が決して高いとは言えなかったDACでしたが、転職者の年収は400万円~650万円程度に上昇しています。例年50名程度の新卒採用も実施していることから、未経験者ではやや低い年収になりますが、業界の中では比較的高い水準です。エンジニアのマネジメントクラスになると700万円近い年収を期待できます。また、給与とは別でカフェポイント制度で付与されたポイントを家賃や食事、書籍購入などに充てる事が出来ます。伸び盛りの状況が続いていることから、今後も給与のベースワップを期待できるのがDACの魅力です。

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

DACに転職するためには?

DACでは、未経験者、経験者それぞれ通年で複数ポジションにおいて募集を行っています。

未経験者の場合、「デジタルマーケティング業界でキャリアを築いていきたい理由」「キャリアビジョン」の基本的な項目に加え、「応募職種志望理由」「DAC志望理由」についても重視される為、準備が必要です。

DACではオンラインで選考を始める仕組みを取り入れているのが特色です。会社説明会動画を視聴した後、履歴書などの書類と合わせて自身のウェブ動画を送って選考を受けます。さらに適性検査を受けた後で合格した人だけが面接を受けることが可能です。

通常三回の面接があります。非常に多くの応募者に対して日々面接実施していることもあり、一次面接に関しては30分程度の時間で、単調に進行されるケースが多く、限られた時間で簡潔に、論理的な回答をしないといけません。

未経験者の選考ではグループディスカッションが設けられる場合があります。複数回の面接を経てまとまった人数の候補者がいたときにはポジションの獲得競争があると認識しておく必要があります。

アットホームな雰囲気もなく、人によっては、他社との雰囲気の違いに萎縮してしまう人もいます。

面接前に想定される質問をまとめて対策をおこなうようにしておきましょう。

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

Vorkers、転職会議、カイシャの評判から読み解くDACの評判

博報堂グループに属している為、規模の大きなデジタル案件に携われる点においては、良い点として評価している方が多いです。
また、最新の広告テクノロジーに触れることが出来ますので、業界の最新トレンドを学べる点も良い点として書かれています。

企業文化においては意見がバラバラであり、部署や職種によってカルチャーが少し異なるのではないか、と読み取れます。ただ、博報堂DYデジタルとの統合を経てさらにダイバーシティが高まり、良い意味で刺激を受けながら働ける環境ができてきています。

一方で、給与面を気にしている方もいます。
博報堂本体やサイバーエージェントと比較すると、低い給与水準になってしまいますが、業界全体を見ると決して低い給与ではありません。近年給与水準が向上してきていることを加味すると、だんだんと社内評価の状況も変化していくでしょう。口コミ情報はあくまで過去の状況への印象も含まれているので、今後の給与面に対する考え方は好転すると考えられます。

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

DACの福利厚生や制度は?

・ライフサポートプログラム
DAC独自の福利厚生プログラムです。
多様なメニューの中から、社員それぞれが生活スタイルや価値観に合わせて、自由にメニューを選択し利用することができるカフェテリア型の福利厚生制度です。
「住宅補助」「トラベル」「リラクゼーション」「身だしなみ」「レジャー」「自己啓発」「育児・介護」「財形」など幅広いメニューを取り揃えています

・リフレッシュ休暇
勤続3年、5年、10年と、勤続年数に応じて取得することができる休暇制度です。

・フリードリンク制度
コーヒーや紅茶飲み放題です。

・部活動制度
野球、フットサル、ビーチラグビー、ゴルフ等があります。

・法人会員制サービス
法人ならではの会員サービスを、とってもお得な社員割引価格で利用することができます。

・生理休暇
・医療看護休暇
・介護休暇
・育児短時間制度
・健康診断(年1回)
・婦人科検診
・インフルエンザ予防接種
・会員制スポーツクラブ
・確定拠出型年金制度
・選択制確定給付企業年金制度
・勉強会・ワークショップ

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

DACの選考難易度

論理的思考力:5
熱意:6
スキル:4
学歴:7
カルチャーフィット:5

総合難易度:5

もっと詳細を知りたい方はこちら「デジタルマーケティング領域専門の転職支援 digireka!に転職相談する」

博報堂グループ、DACへの転職は当サイトdigireka!経由でもサポートが可能です。転職相談はこちらhttps://digireka.jp/lp/
ご相談フォームに、博報堂グループ、DACへの転職希望の旨をご記載ください。

【DACの求人をご覧の方へオススメ企業】

株式会社アイレップ
株式会社博報堂DYデジタル
株式会社フリークアウト
マーベリック株式会社
株式会社Speee

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。