その他の記事

デジタルマーケティング全般

リッチアドとは-その意味とインバナー広告との違いについて-

広告配信のフォーマットと言えばバナー広告が中心でしたが、近年では動画を使った広告配信も可能になっています。
その動画広告も、動画をそのまま配信するだけではなく、ユーザーの行動に合わせて動きを変える広告など、インタラクティブな配信手法が生まれています。
そこで本日はリッチアドについてまとめました。

リッチアドとは、映像・音声等を使用した動画広告や、ユーザーがバナー枠内を操作するできる広告のこと

リッチアドとは、映像・音声等を使用した動画広告やユーザーがバナー枠内を操作することができる広告の事を言います。
インタラクティブ(ユーザーがパソコンの画面を見ながら、対話をするような形式で操作する形態を指す)な広告=リッチアドという捉え方で相違ありません。
DSP3PASなどのアドテクを使用して配信する事が可能であり、配信コストは静止画よりも上回ります。
ブランディング効果を狙ったオンライン広告の需要拡大から、今後もニーズの高まりが期待されています。

インバナー広告との違い

インバナー広告との違いは、配信できるコンテンツの多様性です。
インバナー広告の配信フォーマットは動画のみであることに対して、リッチアドは動画だけでなく、マウスの動きに合わせてサイズが変わる広告など、より種類に富んだ広告のことを言います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
リッチアドが流行した背景としては、インターネット回線の高速化が大きな要因です。
ネット回線の高速化により、動画広告のようなファイルサイズが大きいコンテンツも瞬時に読み込まれるようになりました。
今後も5Gが普及することにより、高速なインターネット通信が可能となり、リッチアドの配信量の増加が予想されます。

【関連記事】
DSPとは
3PASとは
ブランディング広告とは
インバナー広告とは

人気記事

  1. PMPとは-その意味とRTBとの違い、取引方法について-
  2. DSPとは-デジタルマーケにおける役割とその仕組み、企業一覧-
  3. ブランドリフトとは-その意味と、調査方法、調査項目について-
  4. リードナーチャリングとは-デジタルマーケにおける役割と手法-
  5. カスタマージャーニーとは-その意味と作成方法、事例、ツールについ…
  6. DWH(データウェアハウス)とは-その意味とデータベース・データ…
  7. SSPとは-デジタルマーケにおける役割とその仕組み、企業一覧-
  8. 3rd Party Cookieとは-その意味と1st Part…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP