その他の記事

アドテクノロジー

CDPとは-その意味とDMPとの違い、ツール比較まで-

デジタルマーケティング業界には、三文字専門用語が嫌になるほど(笑)沢山存在します。今日は、その中の一つ、CDPについてまとめました。

CDPは、ユーザーの属性データや行動データを集積するためのプラットフォーム

CDPとは、customer data platformの略語で、
ユーザーの属性データや行動データを集積するためのプラットフォームです。
プライべ―トDMPと出来うる事はほぼ同じで、類似ツールになります。デジタルマーケティング領域においては、新規顧客の刈り取り単価が高騰するのに伴い、CRMならびにワントゥワンマーケティングの重要性が増しています。ワントゥワンマーケティングを実践していくうえでは、異なるチャネルに散らばる顧客データを管理・統合・分析していく事が必須です。そのような背景もあり、DMPを始めとしたデータの利活用を目的としたプロダクトに期待が高まっており、CDPも同様です。

プライベートDMPとCDPの違いは、設計時の起点にあり

DMPは、企業が持つデータを一元管理し、自社のマーケティングに活用するために存在しています。
CDPは、いち顧客(個人)に関するデータをあらゆる方面から収集し、リッチにしていくことで、企業のマーケティングに活用するために存在しています。

設計時の起点が「企業が持つデータ」なのか、「企業の顧客(人)データ」なのかの違いです。
正直、プライベートDMPも拡張性が高いツールの為、マーケターの使い方次第で、ほとんど変わりのないツールになり得ます。

国内で販売されているCDPツール3選、比較一覧

トレジャーデータ株式会社 TREASURE CDP

https://www.treasuredata.co.jp/

特徴

・期間の制限なく大量に保管が可能
・強固なセキュリティにより、生データも含めて一元的に保管することが可能
・データベース由来のツールである為、加工や可視化、分析に強みを持つ。

株式会社EVERRISE インテグラルコア

https://cdp-integral.com/

特徴

・リアルタイムデータの処理性能に強みを持つ
・自由なカスタマイズ性

Tealium Japan Tealium顧客データプラットフォーム

https://tealium.com/ja/products/tealium-customer-data-platform/

特徴

・タグ管理ソリューションが統合されており、データの管理に強みを持つ
・900以上のマーケティングツール、サービスと連携している、巨大なグローバル基盤を持つ

まとめ

如何でしたでしょうか?CRMやワントゥワンマーケティングの重要性が増す昨今において、CDPは非常に重要な役割を持っています。確実に理解して、DMPなのか、CDPなのか、目的に応じたツールの選定をおすすめします。

【関連記事】
CDPを選ぶ参考に!CDP3選、比較してみました。
One to Oneマーケティングの概念から具体的な手法までまとめました。
DMPとは
LTVとは

人気記事

  1. 広告インベントリとは-デジタルマーケにおける意味について-
  2. SEOとは-その意味と対策の基本-
  3. リードジェネレーションとは-デジタルマーケにおける役割と手法-
  4. 運用型広告とは-その意味と予約型広告との違い、配信におけるメリッ…
  5. ROASとは-その意味と、ROIとの違いについて-
  6. ネイティブアドとは-その意味と種類、インフィード広告との違いにつ…
  7. ads.txt(アズテキスト)とは-その意味とメリット、設置場所…
  8. エンゲージメントとは-マーケティングにおける意味と事例について-…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP