書類選考時の履歴書作成で注意したいポイント

就職活動で最初で最大の関門とも言ってもいい「履歴書作成」。どんなに面接の練習をしていても書類選考で落とされては元も子もないです。自分の魅力を最大限に伝えられる履歴書を作るにあたっての注意すべきポイントを整理しておきましょう。

基本ルール

企業の指定に合わせた履歴書の用紙を用意しましょう。現在は手書きのものが少なく、PCでの入力が増えています。基本的な形式はどちらの場合でも大きな違いはありません。

基本項目

日付

日付は基本提出日を記入します。郵送の場合は投函日を、持参の場合は当日の日付を記入します。元号か西暦かは基本どちらでもよいですが、履歴書全体で統一するようにしましょう。

氏名

姓と名の間にスペースを入れます。ふりがなは履歴書の表記に合わせて統一しましょう。

写真

3か月以内に撮った写真を貼ります。サイズは指定がない場合、基本横2.4〜3cm、縦3.6〜4cmです。働くうえでふさわしい服装で髪もきちっと整えた状態の写真を貼りましょう。表情も意欲的なほうが好印象になります。

連絡欄

住所は省略せずにふりがなまで記入します。電話番号は固定電話よりも普段つながりやすい携帯電話のほうがよいでしょう。メールアドレスは会社用ではなく、個人の確認しやすいものがよいです。

キャリア、自己PRでの注意点

学歴、職歴欄

履歴書の中で何といっても重要なのが職歴欄、志望動機と自己PR。書類選考を突破するためのポイントをおさえましょう。

学歴

中途採用においては義務教育を書く必要はありません。学校名は省略せずに記入し、年度の元号か西暦かは履歴書全体で統一します。

職歴欄

職歴は入社、退社歴をすべて記入することが原則なので、短期間の勤務の場合でも洩らさず書きます。アルバイト経験はアピールの材料になる場合記載したほうがよいでしょう。

また、雇用形態も記載し、退職理由は具体的に明記しなくてもよいですが、現職の退社日が決まっている場合は予定日を記入するとよいです。ただ、職務経歴書を別途で添付する際には履歴書に書く内容が簡潔であっても構いません。
ここでのポイントは、「いかに自分のスキル、経験をアピールできるか」です。

どんな経験をしたのか、どんなスキルをに身に着けたのかは、自己PRを書くにあたっても必要になるので、ここでしっかりと記載しておくことが大事です。そしてなんといっても見やすさが職歴欄では最重要といっても過言ではありません。

採用側からすれば何十枚もの履歴書を見ているので、意外にも見やすいか、見やすくないかが選考時の分かれ目となり得るのです。
つまり、ここでのNGポイントは「内容を長文で多く書く」ということです。なるべく箇条書きを使い、整ったレイアウトにしましょう。

自己PR

やはり難関なのが自己PR。こちらも職歴欄と同じように、文章は短く、見やすく、段落を作るということが必要です。

重要ポイントは「企業側が求めている人物像を理解する」ということです。自己PRというのは自分という人間を採用することによって、いかなるメリットが企業側に生まれるかということを上手く伝える必要があります。

職歴欄で書いたことをもとに、そこでの実績や成果を書きます。実績を得られるまでに自分で考えて行動したこと、工夫したことなどを書くと、説得力のある好印象な文になります。

その経験から学んだ自分の得意分野や、会得した資格のこともこの欄で書くとよいでしょう。

資格を書く場合は、会得した理由やその資格がどういった分野で生きたかを明記すると裏付けもできて説得力のあるものになります。ですので、あまり応募先の企業、職種に関係のない資格は文量も多くなり、採用側の意図とも外れやすくなるので書きすぎないようにしましょう。

自己PRでのNGポイントは「抽象的な言葉や表現を使わない」ということと、「面接で相手に分かってしまうこと」は避けたほうが良いです。よく使ってしまいがちな

「コミュニケーション能力があります。」「協調的です。」

という言葉は、具体性に欠けて説得力が失われますし、対人関係や大まかな人柄については面接の時点である程度伝わってしまうので、わざわざ履歴書に書くというのはリスクが上がってしまいます。

コミュニケーション能力があると書いたのに面接ではうまく話せなかったとなると、履歴書全体の信憑性が薄れてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。履歴書は転職活動において必要不可欠。今まで書いてたものはNGだったかも。なんて方もいらっしゃったかもしれません。

まずは全体的に見やすく、自分が採用担当だったらこんな履歴書が魅力的だ!という客観性を持つことが書類選考を突破するカギになります。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。