アサツーディケイ(ADK)の年収は? 中途採用、転職の難易度や口コミ・評判を徹底解剖

アサツーディケイ、株式会社ADKホールディングスはビッグカンパニーとして人気があります。転職先として検討している人にとって中途採用の状況は気になるでしょう。ここではアサツーディケイの求人動向や採用情報、転職するための方法などを紹介します。

アサツーディケイ(ADK)はコミュニケーションを基軸としてマーケティング展開をする企業

アサツーディケイの『すべての人に「歓びの体験」を。』をグループビジョンとして運営している広告業界のトップ企業の一つです。1999年1月に株式会社旭通信社と第一企画株式会社の合併によって生まれました。

株式会社アサツーディケイは2019年に以下の4社に分社して経営を進めています。

・株式会社ADKホールディングス

・ADKマーケティング・ソリューションズ

・株式会社ADKクリエイティブ・ワン

・株式会社ADKエモーションズ

ADKホールディングスが重視しているのがADKクリエイティブ・ワンの推進するコミュニケーション戦略です。現代では人と人とのコミュニケーションを重視した広告施策が欠かせません。その企画、制作、実施を全て担当できるワンストップ・ソリューションを提供することで独自性を生み出しています。

アサツーディケイ(ADK)の強みは分社化によって達成したプロフェッショナル化

アサツーディケイでは広告業界における総合的、統合的なソリューションを提供する方向性に逆行してADKホールディングスによる経営を進めました。分野特化型の会社に分社化し、それぞれが強いプロフェッショナル集団となることを目指したのです。この舵取りによって独自性が生まれ、他社にはない強みとして注目を浴びています。

顧客体験創造会社としての基本的なビジョンを統一し、分社化しながらも同じブランドを背負う企業としてそれぞれが実力を発揮することで大きな成果を上げ続けています。プロフェッショナル化の途上段階にあるとADKホールディングスは述べていますが、このアプローチによって確かなシェアを獲得した企業です。

アサツーディケイ(ADK)で働くメリット

アサツーディケイではコーポレートサイドを担当するADKホールディングス、マーケティング施策に特化するADKマーケティング・ソリューションズ、コミュニケーション戦略を担当するADKクリエイティブ・ワン、アニモ文化を推進するADKエモーションズの中から適性のある会社を選べるのが魅力です。

マーケティング分野で活躍したい人はどの会社でも働くことができます。管理系で働きたいならADKホールディングスが候補になり、実働する専門のマーケターとして活躍したいなら興味のある分野に応じて残りの三社を選べます。

どの職場でもプロフェッショナル集団として専門分野を掘り下げることを大切にしています。本気で一つの分野に特化した能力を身につけたい人にとってメリットが大きいでしょう。

アサツーディケイ(ADK)の年収

アサツーディケイでは職種と経験による差が大きいものの、マーケティング担当の場合にはおよそ450万円~900万円の年収で働いています。平均的には650万円程度なので、日本の平均年収に比べると高めです。

分社化されているアサツーディケイのどの企業で働くかによっても違いがあります。マーケティング担当の数という意味ではADKマーケティング・ソリューションズが大きいのは事実です。しかし、今までの経験やスキルによっては他の企業で働いた方が高い年収になることもあります。年収にこだわるなら自己分析をしてどの企業に応募するのが良いかを検討するのが大切です。

アサツーディケイ(ADK)に転職するためには?

アサツーディケイでは職種・支社ごとに中途採用の募集をしています。それぞれの募集について必須条件と歓迎条件を定めていて、大半の求人では充実した専門性の高い経験が求められています。個別性が高く、幅広いスキルを求められる傾向が強いため、様々な分野に手を出してスキルを広げることが転職の成功につながります。

ただ、アサツーディケイでは必ずしも実務経験を求めているわけではありません。未経験でも即戦力になれる実力を身につければ採用される可能性があります。募集要項をよく見てスキルアップを果たすことが重要でしょう。

Vorkers、転職会議、カイシャの評判から読み解くアサツーディケイ(ADK)の評判

アサツーディケイの社員からは大手企業をクライアントとして様々なイベント企画に参画できる点が高く評価されています。提案力が求められていて、自由な発想に基づいて施策を考えられる点も意欲が湧くという定評があります。

ただ、社内評価制度がまだ十分とは言えないという意見もあります。自分から積極的にアピールしていかないと高い評価を得られないため、主体性が求められる企業だとわかります。

アサツーディケイ(ADK)の福利厚生や制度は?

アサツーディケイではグループ全体で福利厚生の充実を図っています。基本的な福利厚生は整っていますが、残業を減らすためにノー残業デーを定めたり、こども参観日を実施して教育を進めたりする工夫もしています。

・年次有給休暇
・育児休業
・介護休業
・各種年金制度
・住宅資金等社内融資
・財形貯蓄制度
・ノー残業デー
・こども参観日
・ラフォーレ俱楽部
・会員制スポーツ施設

アサツーディケイの求人一覧

アサツーディケイの求人としては以下のような例があります。募集状況は常に変わるので、詳しくはdigirekaにご相談ください。

・メディアプランニングディレクター
・デジタルメディアプランナー
・アカウントエグゼクティブ
・社内DX推進プロジェクトマネージャー
・データアナリスト
・デジタルマーケティングディレクター
・デジタルトランスフォーメーションコンサルタント

転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。