ByteDanceの年収は? 中途求人、採用情報、転職方法、口コミなどを徹底解剖

ByteDanceはどのような企業なのかと気になって転職先として考え始めている人もいるのではないでしょうか。求人情報を探しているとByteDanceは魅力的な候補かもしれないと思った人のために、ここでは中途採用に関連する有益な情報を提供します。口コミ情報も盛り込んでいるのでぜひ参考にしてください。

ByteDanceはTikTokで日本市場を獲得したプラットフォームビジネスを展開

ByteDanceは中国で2012年に生まれた企業で、日本法人は2016年に設立されています。ByteDance では2012年の時点からプラットフォームビジネスを手掛けてきました。Toutiao(中国のニュースアプリ)はユーザーの属性に応じたコンテンツを発見して表示するプラットフォームで、中国では大きな市場を獲得しています。

日本では2017年にリリースされたTikTokが市場を広げています。動画配信サービスとしてYouTubeなどと並んでよく用いられているTikTokは短い動画の配信では軽快で人気があります。2018年にはmusical.lyとの統合を果たし、日本だけでなくアジアやアメリカなどで動画市場を獲得するのに成功しています。

ByteDanceの強みは軽いフットワークで市場の課題解決になるプラットフォームを制作できること

ByteDanceはプラットフォームの開拓と最適化の経験が豊富で、若い企業ながら大きなシェアを手に入れています。この基盤になっているのはフットワークの軽さです。臨機応変にプラットフォームを作り上げて市場に積極的なマーケティングを実施してきたのが成功につながっています。

市場調査を徹底して市場を切り開ける国を選び、オフィスを置いて地元の情報を生で手に入れながら開発とマーケティングを進めています。現地情報に基づいて高みを目指す力があるのがByteDanceの強みです。

ByteDanceで働くメリット

ByteDanceでは何が必要なのかを情報にも続いて考え、常に高みを目指すために大きな変化を起こすことが奨励されています。既存のことにこだわらずに自分なりの考えを理論的に導き出せる人にとって活躍の場になるのがByteDanceのメリットです。未経験からでもさまざまな職種に挑戦できるのも特徴で、必ずしも即戦力のエキスパートだけを雇っているわけではありません。若手を育てる文化があるため、第二新卒くらいの人なら新しい分野に挑戦することも可能です。

ByteDanceの年収

ByteDanceではマーケティングやデザインに関わる人材に加え、ITエンジニアの採用も積極的に進めています。年収は職種と経験によって大きく左右されるのが特徴で、中途採用の入社時点では300万円~1200万円くらいです。管理職候補などでなければ300万円~600万円が平均的になっています。

ByteDanceでは360度評価が取り入れられていて、年に二回の昇給機会があります。上司による一方的な評価ではなく、チームメンバーからの評価が大きく反映されるのが特徴です。協調性を持っていて、専門職として自分の果たすべき役割をこなしつつ、メンバーのサポートもできる人は年収が上がりやすいでしょう。

ByteDanceに転職するためには?

ByteDanceに転職するには経験よりも強みを持つことが重要です。多様性を重視する分かが根付いているので、開発やマーケティングで役に立つ強みをアピールできることが重視されています。ByteDanceの持っているプラットフォームを見て改善点があると気付いたあり、マーケティングの仕方を見てもっと良い方法が自分ならできると言えたりすると説得力があるでしょう。

キャリアがあれば即戦力として採用してもらうことも可能です。今まで培ってきた経歴がある人はスキルと実績を整理し、ByteDanceにとって必要な点を洗い出しておきましょう。ByteDance側の視点でキャリアをアピールできれば転職に成功できる可能性が高まります。

Vorkers、転職会議、カイシャの評判から読み解くByteDanceの評判

ByteDanceの評判は必ずしも高いわけではありません。満足度でも中程度よりやや高めという程度の人が多く、中国系の人が多い現場に慣れられないことがよく挙げられています。ただ、モチベーションを上げようという現場の雰囲気が好きだというコメントもあるので、企業文化に合うか合わないかが重要なポイントだと言えます。

ByteDanceでは有休消化率が高く、残業時間も少なめです。ワークライフバランスについてはメリットが大きいという声が上がっているので、プライベートを重視したいならByteDanceは魅力的な候補でしょう。

ByteDanceの福利厚生や制度は?

ByteDanceは中国文化の影響を受けているため、福利厚生が特別に充実しているわけではありません。しかし、以下のように一般的な制度は一通り揃っています。

・年次有給休暇(労働基準法+二日)
・完全週休二日制
・お盆休み
・年末年始休暇
・賞与(年一回)
・交通費(月五万円まで)
・時間外手当
・私服通勤可

ByteDanceの求人一覧

ByteDanceでは適宜必要なスキルを持つ人材を募集しています。2021年7月時点で募集されている職種として代表的なのは以下の通りです。

・グローバルビジネスデベロップメント
・TikTok Growth Product Manager
・Channel Marketing Manager
・B2B Marketing & Communication Manager
・Creative Planner(Copywriter)
・プロダクトマーケティング
・ビジネス開発スペシャリスト
・モーショングラフィックディレクター
・デザイナー
・アートディレクター
・アカウントエグゼクティブ

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。