電通デジタルの年収、中途求人、採用情報、転職方法、口コミなどを徹底解剖

広告業界で日本最大手である電通グループが運営する、「電通デジタル株式会社」。

2016年に設立されまだ日が浅い会社にも関わらず、グループを牽引する目覚ましい発展を遂げている会社になります。今回は、そんな電通デジタル株式会社の年収や中途求人について解説。

転職先としてはどのような魅力があるのでしょうか。ここでは電通デジタルの中途求人の状況や採用情報、口コミなどについてまとめました。転職方法やメリットも合わせてお話しますので、電通デジタル株式会社へ転職を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

電通デジタルはデータに強い統合的なデジタルソリューションを提供できる企業

電通デジタルは電通グループの完全子会社として、電通グループであった子会社3社が統合され、2016年にデジタルマーケティング専門の会社として2016年7月1日に設立しました。電通グループのデジタルマーケティングをあらゆる角度からになっている企業です。主力分野は以下の四つで、統合ソリューションの提供ができるのが特徴となっています。
・コンサルティング
・開発・実装
・運用・実行の支援
・運用・実行の提供
プライバシーマーク、ISO/IEC 27001を取得していてデータセキュリティに強く、データテクノロジーを最大限に生かしたサービスを提供しています。

広告業のイメージが強い電通グループですが、電通デジタル株式会社は「デジタルで人を幸せに」というコンセプトを元に、電通グループのデジタルマーケティング部門全般を取り扱っています。

社員数は約1500名ですが、毎年100名近くの人材を採用しているため常に変化し続けていると言えるでしょう。

電通デジタルの強みは広告代理店としてのあらゆるパイプラインを使えること

デジタルマーケティング分野における電通デジタルの強みは、1つの分野に特化しているわけではなく、デジタル分野におけるあらゆるパイプラインを持っていることです。
・デジタルトランスフォーメーション
・データ/テクノロジー
・コマース
・クリエイティブ
これらの全てについて業界トップを目指し、リーディングカンパニーとしての道を歩む努力をしています。クライアントは大手企業が多い点からも優位性があるサービスを提供している信頼企業だとわかります。

特に力を注いでいるデジタルトランスフォーメーション分野では「ピープルドリブントランスフォーメーション」を推進しています。顧客、従業員、組織の人の動きに基づく適切なターゲティングを実現することで、効率性が高いマーケティングを可能にしているのが特色です。その基盤となるのがデータベースなので、データ分野における人材強化を進めてきています。

電通デジタルで働くメリット

電通デジタルでは特定分野における専門能力を高めつつ、デジタルマーケティングにおけるあらゆる技術とノウハウを学んで成長できるのがメリットです。統合型のソリューションを提供することを重視してサービスを提供するため、全貌を理解しつつ、自分の専門性を発揮してクライアントに貢献することが求められます。

自分のスキルに自信がある人がさらに飛躍を遂げるにはうってつけでしょう。また、周辺分野の理解を進めてオールラウンダーとして活躍したい人にもメリットが大きいのが電通デジタルです。

電通デジタルの年収

電通デジタルで働くとどのくらいの年収になるかはスキルと経験によって大きく左右されます。中途採用の場合には年収枠は400万円~1500万円というのが標準的で、高度な専門性とデジタルマーケティングにおける幅広い見識があれば高年収を目指せます。
平均としては800万円前後ですが、職種による違いも大きいので注意が必要です。専門性の高さが特に重要視されるため、高い年収で働きたいなら強みにできるスキルを身につけて実績を作っておきましょう。

電通デジタルの平均年収は推定674万円とされており、20代〜30代が中心となる会社では比較的高水準と言える給与でしょう。その電通デジタルの年収決定の1番のポイントは「グレード」になります。

年齢には関係なく、グレードごとのミッションをクリアしその年の給料がを決める方式となるため、実力主義の世界となるため自己研鑽や向上心が求められると言えるでしょう。では、その詳細を解説していきます。

基本年収は【固定残業代込みの月収+賞与】で計算

電通デジタルの給料は【月額+固定残業代30時間分+賞与】となり、一般企業では多い「固定給」という形です。(2020年時点:公式HP採用情報より)

さらに残業代は30時間を超えた分は随時支払われ、電通デジタルの平均年収は以下のようになります。

職種年収
技術職630万円(入社5年目・30歳)
企画・管理職630万円(入社5年目・30歳)
クリエイター職715万円(入社3年目・35歳)

(doda|株式会社電通デジタルの平均年収、給与情報より)

職種により業務内容が異なるという点もありますが、入社3年目で年収715万円と高収入を得る例もあり、給与形態は年齢や入社年数には影響されないものと考えられるでしょう。

インセンティブでない給与形態にも関わらず年収の差が出るのは「グレート」に影響です。グレートについては次で解説していきましょう。

6段階のグレード制

電通デジタルの年収を決定するグレードは6段階(G1〜G6)に分かれており、年に一度のタイミングでこのグレートがアップすると、年収が上がるという仕組みになります。

年に一度という機会は一般企業に比べ少ないと言えますので、このチャンスを逃さないよう、ミッションクリアや自己研鑽が必要となるでしょう。

新卒や未経験であればグレートはG1からスタート、初任給である月額30万円(基本給+固定残業手当)からの給料となり、経験者であれば実力や経験に伴いグレードが設定されます。

G4以降になると「管理職」という扱いになるため、設定されているミッションの難易度が上がると考えられるでしょう。G5クラスになると想定年収は1000万円以上と言われています。

ハイレベルな環境でレベルアップ・スキルアップができる

電通デジタルでは中途社員・新入社員の採用を常に行っており、社員紹介制度のシステムも導入しています。そのため常に新しい人材が雇用され、刺激が多く、停滞しにくい環境下であると考えられます。

実際に過去4年間の中途入社社員は、全体社員数のの約41%を占めており、その多くが管理職として活躍しているそうです。(公式HPより)

さらに給与制度である「グレード」を上げるために、自己研鑽・切磋琢磨する社員が在籍しているため、常にレベルアップやスキルアップを臨める環境だと言えるでしょう。

逆に言うと、「安定を求めている」「同じ作業をこなしていきたい」と言う方には、電通デジタルでの勤務は苦痛と感じるかもしれません。

電通デジタルに転職するためには?

電通デジタルの中途採用では職種ごとに人材要件を定めています。どのような職種で働きたいかを具体的に考えた上で、必要なスキルの習得や業務の経験を積むことが必要です。

電通デジタルは未経験者の募集をしていることはほとんどありません。人材募集の際には具体的な業務をイメージして人材要件を定義し、必要な経験やスキルを明確に示しています。必要なスキルセットが揃っているとはっきりと示せないと書類選考すら通りづらいので、応募時点から慎重に準備を整えることが重要です。

特に歓迎する経験に該当するものが一つでもあると有利になります。経験や資格が挙げられていることが多いですが、意欲や素養を求めていることもあります。経験があまりない人が電通デジタルに転職するには、このような点を上手にアピールするのが重要です。

最後は電通デジタルへの転職方法についてです。本記事では転職方法として以下の3つをご紹介します。

公式HPから自己応募する
転職エージェントを利用する
社員紹介制度を利用する

公式HPから自己応募する

電通デジタル株式会社の公式HPでは、新卒採用・中途採用ともに応募が可能です。時期により応募していない職種などあるため、随時チェツクをしておきましょう。

転職エージェントを利用する

電通デジタルへ転職する方法として1番おすすめと言える方法が、転職エージェントの利用です。

公式HPからの応募も可能ですが、大手の内定を勝ち取るには、採用傾向や面接対策を念入りに研究する必要があります。

研究するためには確かな情報源が必要となるため、転職エージェントでのサポートは必須と言えるでしょう。数多くの転職エージェントの中でも「キャリアカーバ」や「レバテックキャリア」などIT業界に特化したハイキャリア向けの転職エージェントを利用しましょう。

基本的には無料でサポートを受けることができ、条件により自身に会う転職先の紹介も受けることが可能です。内定率を高めるための方法として、転職エージェントは是非利用をおすすめします。

社員紹介制度を利用する

電通デジタルでは、社員紹介制度(リファラル採用)も行っています。最低年収360万円〜(実力により差異が有)で、社員に友人やツテがある場合のみ利用可能な制度です。自身の経験をアピールしやすく、紹介と言う信用もあるため、転職エージェントや自己応募よりも内定率が高い傾向にあるため、もし利用可能であれば、1番に利用するべき制度と言えるでしょう。

Vorkers、転職会議、カイシャの評判から読み解く電通デジタルの評判

電通デジタルの社員の評判としては、フレキシブルで働きやすいことが高く評価されています。有給休暇の取得をしやすい、年齢を問わずにチャレンジングな仕事を任せてもらえる、裁量を重視しているといった点が魅力です。部署間の連携も進んでいて、コミュニケーションの機会が豊富にある点も評判が良いポイントです。

一方、まだ新しい会社なので組織改編が多く、年度替わりには落ち着かないという声もあります。また、同業と比較すると年収がやや低めだというコメントもあります。教育研修についてもあまり充実していないため、自主的に成長しようという気持ちが求められる企業です。

電通デジタルの福利厚生や制度は?

電通デジタルは電通グループの福利厚生をほぼ踏襲しているので内容が充実しています。特に女性や子育てに関連する福利厚生が充実しているのが特徴です。大手の福利厚生サービスも利用できます。

・年次有給休暇
・リフレッシュ休暇
・連続休暇
・結婚休暇
・産前産後休暇
・育児休業
・子の看護休暇
・配偶者の出産休暇
・介護休業/休暇
・特定積立休暇
・リモート勤務手当
・マッサージルーム
・サークル制度
・ベビーシッター利用支援
・ベネフィットワン
・確定拠出年金制度
・電通健保の福利厚生
・健康相談窓口

ベネフィットワンや確定拠出年金は大手企業であれば珍しい福利厚生ではありません。しかし、マッサージやベビーシッターの利用を福利厚生の一環として活用できるのは、社員としても非常にありがたい制度と言えるでしょう。

さらにコロナ対策としてリモート勤務の導入も行っており、働きやすさが整備されている労働環境だと考えられます。

電通デジタルの求人一覧

・運用型広告コンサルタント
・データアナリスト
・データサイエンティスト
・デジタルアカウントプランナー
・クリエーティブディレクター
・AIエンジニア
・事業戦略コンサルタント
・統合マーケティングコンサルタント
・UXコンサルタント/デザイナー
・ITコンサルタント
・データサイエンティスト
・Webディレクター
・オウンドメディアプランナー/プロデューサー
・デジタルマーケティングコンサルタント
・オンライン・オフライン統合プロデューサー
・統合デジタルコミュニケーションプロデューサー/プランナー
・O2Oプロモーションプロデューサー/プランナー
・戦略コンサルタント(Eコマース)
・ビジネスデザイナー(Eコマース)
・オープンポジション(Eコマース)
・EC広告コンサルタント

まとめ:電通デジタルへは自己分析の上、転職に望もう!

今回は電通デジタルの年収・転職方法についてまとめました。電通デジタルは、入職の難易度ももちろん、社員の向上心も高い会社であるため、入職には自身の仕事スタイルや考え方にあっているか自己分析を行った上で、転職活動に臨みましょう。転職を決意したあとは、転職エージェントでしっかりと情報収集をした上で、面接に臨むことをおすすめします。また、デジタルマーケティング業界では現在急成長の企業や大手企業が多数あるため、転職活動では視野を広くもち、さまざまな企業と比較しながら転職先を決定することで、理想の転職を叶えましょう。

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。