DFOとは-その意味とデータフィード広告、企業について-

アドテクノロジーの発展により様々な広告手法が開発されていますが、近年配信量が増加しているのがデータフィードを用いた広告手法です。
しかし導入・運用は非常にハードルが高く、そのハードルをクリアし、広告配信に向けて最適な状態にする事をDFOと言います。本日はDFOについてまとめました。

「DFO(Data-Feed-Optimization)」とは、データフィード最適化のこと。

そもそもデータフィードとは、ECサイトを代表とする、多くの商材を使うサイトの商品アイテム登録に必要な多数の商品・サービスデータを配信フォーマットに変換したものです。
よりかみ砕いて説明すると、ECサイトなどにおいては、商品データをまとめ
それぞれの配信先(楽天やAmazon、etc)のフォーマットに適合させそのデータを最新に保つ必要があります。
これらを配信フォーマットとして一つにまとめたものを、データフィードと言います。
ちなみに、データフィードは通常、商品をアップする先の媒体が増えれば増えるほど
それぞれに最適化されたデータフィードを作成する必要が生まれ、工数がかかります。
これらの煩わしい作業を自動化するためのツールをDFOツールと呼びます。

データフィード広告とは

複数の広告配信媒体に、データフィードという仕組みを適応させ、データを自動で変換し配信する広告サービスです。

閲覧商品や関連商品を抽出して広告配信が出来るので、広告運用の利便性が向上します。
配信を行う上での最大のメリットはなんと言っても「顧客の興味分野に合った広告を表示することが出来ること」でしょう。

AmazonやZOZOTOWNで商品を閲覧した後、別サイトでも先ほど閲覧した商品が表示されたことがあるように、興味との関連性が高い商品広告を表示されると、ユーザーのクリック率は当然ながら上がります。

これまでの広告は、広告配信側が一方的に配信するのが一般的でした。しかし、データフィード広告が登場したことによって、ユーザー目線で有益なコンテンツを配信できるようになっています。

最近はコンテンツブロッカーなど、広告を抑制するような動きも出てきていますので
今後は双方にニーズのあるような広告配信手法が増えるのではないでしょうか。

DFOツールを提供している会社

コマースリンク株式会社

コマースリンク株式会社はプロダクト開発だけではなく、広告運用代行など企業のデジタルマーケティング領域を幅広くご支援している会社です。
プロダクトはDFOツールである「DFOマネージャー」だけでなく、O2O・来店促進サービスの「monococo(モノココ)」や
自社ECサイトへのアクセス流入を支援する「ショッピングサーチ.jp」などを運営しています。

株式会社ユニヴァ・ペイキャスト

株式会社ユニヴァ・ペイキャストは2001年に設立された決裁代行サービスを中心にデジタルマーケティング支援を行っている企業です。
2014年2月にデジタルマーケティング支援ツール群である「Gryo-n(ジャイロン)」をリリースしており、
その中にDFOツールである「Gryo-n DFM」があります。
データフィード広告の最大手である「Criteo」の認定代理店になっており、同社のスタッフの方が導入から運用までを一括でサポートしてくれます。
また、「Gryo-n DFM」は2015年12月にサービスを開始しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ユーザーのインターネットに関する知識も上がっており、広告がクリックされにくくなった世の中ですが、
今後はデータフィード広告のように、ユーザーの行動をもとに広告を配信することがクリック率を上げるためには重要になってくると思います。
また、広告戦略を考えるデジタルマーケターのキャリアを目指す際は、ユーザーがクリックしてくれるような広告クリエイティブを作成する事が今後重要になってきます。

【関連記事】
CTRとは
データマートとは
広告効果測定のポイントとは?基本を押さえて成果を挙げる方法
データサイエンティストとデータアナリスト、今後市場価値が高まるのは?

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。