オムニチャネルとは-その意味と事例記事まとめ-

小売業などを筆頭に、オムニチャネル戦略の重要性が高まっています。テクノロジーの進歩に伴い、データの管理や統合がシームレスに行えるようになりました。これにより、リアル店舗やEC、アプリなどの各顧客との接点チャネルを跨いだ統合的なマーケティング戦略が可能になりました。デジタルデバイスの普及に伴い、もはや対応必須と言っても過言ではないオムニチャネルについてまとめました。

オムニチャネルとは、あらゆるチャネル上で顧客と接点を持つ戦略のこと

オムニチャネル(Omni-Channel)とは、店舗、ネット、モバイル、SNSなどの販売チャネルを統合して、あらゆるチャネル上で顧客と接点を持つ戦略のことです。
全てのチャネルにおいて、ユーザー体験を高めて、顧客の購買機会を最大化するために存在する販売戦略です。EC市場の拡大と、経済環境の変化(スマホの普及、SNSの流行など)に伴う消費者の消費行動の変化により、オムニチャネル戦略の重要性が唱えられています。今や小売・流通企業にとってオンラインとリアル店舗の統合・最適化は欠かせません。

オムニチャネル戦略の事例が分かる記事4選

セブン&アイホールディングスによる「オムニ7」

参照および引用:ebisumartMEDIA【2017年版】セブン&アイのオムニチャネルの最新動向まとめ

2015年11月にセブン&アイホールディングスが運用を開始したオムニチャネル戦略「オムニ7」についてまとめています。コンビニ業界がアマゾンや楽天等巨大EC企業の勢いに押され気味の中、セブンのオムニチャネル戦略発表には業界全体が大きく注目を集めました。結果として、現状は目標から大きく乖離した売上数字となっており、オムニチャネル戦略推進の難易度の高さが伺えます。

青山商事のオムニチャネル推進

参照および引用:ネットショップ担当者フォーラム「【事例】青山商事のオムニチャネル戦略、買い回りの利便性向上で全社売上の拡大に貢献」

紳士服小売り業界大手の青山商事が進めるオムニチャンネル戦略について、ネットショップ担当者フォーラムで記事執筆されています。青山商事は本取り組みにおいて、自社サイト売上比率が年10%程度ずつ上昇し、現在では8割以上を占めるようになるなど、オムニチャネル戦略を成功させています。青山商事のwebサイトを見るだけでも、同社がオムニチャネル戦略に非常に力を入れていることが分かります。

無印良品のオムニチャネル戦略
参照および引用:データのじかん「4期連続最高益の「無印良品」、オムニチャネルの先駆者が気にかける“顧客からの見られ方”。」

国内オムニチャネル戦略の先駆者である無印良品の取り組みについてまとめてあります。4期連続最高益です。顧客とのコミュニケーション接点を増やし、顧客を徹底的にリサーチし、オンラインの売上にはこだわらずに全体最適を目指す姿勢は、見習うべき所です。

オーマイグラスの、業務システム統合によるオムニチャネル推進

参照および引用:ネットショップ担当者フォーラム「オーマイグラスの事例にみるオムニチャネルを成功に導くバックオフィスの仕組みとは?」

オーマイグラスによる、ERP、財務会計、CRM、Eコマースを統合したクラウド型の基幹業務システム「NetSuite」を活用したオムニチャネル推進についてまとめられています。オーマイグラスのみにとどまらず、店舗受け取りサービスや返品サービスを実践している企業にとって、複雑な在庫管理、業務プロセス、顧客接点を統一化させることが必須です。バックエンドのシステムを統合する事で、ECを中心としながらもマルチチャネルにまたがる顧客体験のクオリティを維持向上させることを可能にしている事例です。

まとめ

如何でしたでしょうか?成功事例、失敗事例それぞれを踏まえても、オムニチャネル戦略成功の為には、多大な企業努力を要する事が見て取れます。消費者の購買環境の変化に伴い、オムニチャネル戦略への対応は必須ではありますが、相当のコストと労力がかかってしまいます。経営層を中心とした、全社での取り組みが重要です。

【関連記事】
国内外のDMP一覧!特徴まとめ
大手制作系デジタルエージェンシーについて、まとめました

 

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須お問い合わせ内容

    LINEの友達追加でも転職のご相談ができます。

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。