PwCの年収は? 中途求人、採用情報、転職方法、口コミなどを徹底解剖

PwCは大手企業でコンサルティング業務に携わりたい人がよく着目しています。転職先として考えているときには年収の水準や入社するためのポイントを知りたいと思うでしょう。ここではPwCの企業概要を紹介した上で、転職するためのコツを解説します。

PwCは四大監査法人としてコンサルティング/アドバイザリーグループ会社

PwCの日本法人、PwC Japanは四大監査法人の一つであると同時に、総合コンサルティング/アドバイザリーサービスを提供している企業です。グループとして各社が専門性を発揮して多角的なコンサルティングを可能にしています。サービス範囲としては以下の通りです。

・監査およびアシュアランス
・法務
・コンサルティング
・ディールアドバイザリー
・フォレンジック
・税務

PwCグループのネットワークを生かし、国内企業の海外展開や、海外企業の国内進出のサポートもしています。

PwCの強みはあらゆる業種の経営課題の解決に対応できること

PwCは監査法人としてあらゆる業種の企業に対応してきた歴史があります。コンサルティングもアドバイザリーも業種を問わずに的確な対応を取れるのがPwCの強みです。

コンサルティング範囲も広く、ストラテジー、やオペレーションズ、ファイナンスやアカウンティングだけではありません。データアナリティクス、サイバーセキュリティ、リスク管理などもカバーしています。PwCは業種を超えて深い理解を示すことができるため、M&Aにも強いのが特徴です。さまざまな経営課題の解決に多様な道筋を描けることから信頼性の高いコンサルティングサービスとして注目されています。

PwCで働くメリット

PwCは互いの長所を生かし、褒め称える文化が浸透しているのがメリットです。メンバーが強みを持ち、最大限にプロジェクトに活用することでクライアントの期待に応えようという気概があります。自分の強みを生かして成功すれば達成感があり、モチベーションアップになります。

PwCでは各社員にコーチが付いている点も評判が良く、仕事で悩んだときに気軽に相談できます。プライベートや制度の利用などについても相談できるので、公私ともに不安をなくせるのがメリットです。

PwCの年収

PwCの年収は900万円くらいが平均的になっています。ベース給とボーナスの組み合わせになっていて、人事評価制度は明確な形で整っています。タイトルとグレードによってベース給が決定する仕組みで、グレードが一つ動くだけで年収が大きく変動します。

ボーナスが大きいときには2000万円程度まで年収が上がることもあります。業績によって支給額が変動しやすいため、会社全体として利益を上げるように協力することも演習を上げるためのポイントです。

PwCに転職するためには?

PwCに転職するときに重要なのがクライアントの業界を意識することです。PwCでは担当業界を希望して中途採用枠に応募する仕組みが標準的になっています。今まで経験してきて事情をよく知っている業界を希望するのが最もシンプルです。

プロジェクト単位で仕事をするのでコンサルティングに使える際立ったスキルがあれば有利です。しかし、主体的に何をすべきかを考えて行動に起こせること、チームで協調できること、経営課題に創造的な考え方でソリューションを発案できることがより重視されています。コンサルティングの基本とも言えるので、コンサルタントとして少しでも経験を積んでいるのが理想的です。

Vorkers、転職会議、カイシャの評判から読み解くPwCの評判

PwCの口コミではチームとしての一体感があるという評判もありますが、基本的に突出した能力のある個人の集まりとしての組織という話もあります。色々な人が集まっていて、どんなメンバーに恵まれるかによって職場環境に違いが生じるのです。ただ、どちらの場合にも前向きにコンサルティングに取り組む姿勢を持っている人が活躍している様子があります。自分自身の力を磨いていきたい人にとっては働きがいのある職場です。

働き方の自由度が高いのが良いというコメントも多いですが、クライアントに対応するために残業が増えがちだという意見もあります。仕事を中心にしたい人にはy足り害があるでしょう。ただ、プライベートを優先できるかどうかはプロジェクト次第です。

PwCの福利厚生や制度は?

PwCは教育研修と休暇の充実に力を注いでいます。ワークライフバランスを整えやすく、人材としても成長しやすいのが魅力です。代表的な福利厚生は以下の通りです。

・年次有給休暇
・商病休暇
・リフレッシュ休暇
・試験休暇
・育児特別休暇
・出産特別休暇
・介護特別休暇
・子の看護休暇
・公傷休暇
・コアスキル研修
・専門研修
・海外研修
・英語プログラム
・社内英語研修
・退職金制度
・確定拠出型年金
・団体生命保険
・長期所得補償保険
・資格取得支援制度
・契約施設の割引利用
・クラブ活動
・ベビーシッター補助
・保活支援サービス
・カウンセリング制度

PwCの求人一覧

PwCではコンサルタントを中心として様々なポジションの募集をしています。以下に代表歴なポジションを挙げるので参考にして下さい。

・エンターテインメント・メディア事業コンサルタント
・ハイテク業界コンサルタント
・通信業界コンサルタント
・保険業界コンサルタント
・銀行・証券業界コンサルタント
・公共・官公庁コンサルタント
・経営戦略コンサルタント
・商社コンサルタント
・製造業コンサルタント
・アナリティクスコンサルタント
・技術戦略コンサルタント
・サイバーセキュリティコンサルタント
・CIOアドバイザリーコンサルタント

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。