広告業界の年収は高いと言われる理由3つ!転職前の注意点も併せて紹介

広告業界=高収入というイメージは本当なのでしょうか?

転職を考える大事なポイントである収入について、今回は「広告業界」にピックアップして解説していきます。

「年収が高いと言われる理由は?」

「年収が高いとやはり仕事はきついの?」

広告業界に対するイメージは本当なのか、転職前に不安を解消できる様に疑問を解消していきましょう。

✔︎ 本記事を読むとわかること

・広告業界の平均年収
・年収が高い理由と転職するときの注意点
・広告業の転職に失敗しない方法

転職前の参考にぜひご覧ください。

広告業界への転職はdigireka!もおすすめ

広告業界の転職は業界経験者がコンサルタントとして在籍している「digireka!」がおすすめです。

各分野のトッププレイヤーからサポートを受けられる、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現。

今すぐ無料の転職相談をする

広告業界の年収は平均年収は高い?

まずは広告業界の平均年収が本当に高いかどうか解説しましょう。

サイト名国税庁doda求人ボックス
年収518万円405万円447万円

各求人サイトの広告業における平均年収は上記の通りです。

「広告業」だけに絞られた調査はないので、サイトにより多少の幅はありますが400〜500万円代が平均となります。

日本の正社員の平均給与は496万円(国税庁調査より)なので、広告業界の年収は【平均〜少し高め】になり爆発的に高いわけではありません。

では広告業界はなぜ年収が高いイメージを持たれるのか次でお話します。

広告業界の年収が高いと言われる理由3つ

広告業界の年収が高い、と言われる原因は下記の3つだと考えられます。

理由①:実際の企業で出ている年収は高水準だから

一つ目の理由としては、平均値はあくまで平均であるという話です。実際に企業で出ている年収はそれぞれであり平均水準を大幅に超えるものもあります。

大手広告代理店である「博報堂」の2022年3月期の平均年収は1000万円(有価証券報告書参照)、サイバーエージェントや電通でも20代で500万円を目指すことは難しくありません。(求人情報参照)

日本国内の広告企業は約1500企業もあり、規模も小規模〜大規模まで様々なため、平均値をとると大手企業の収入よりも低くなるのは当たり前です。

このことから企業次第では平均を大きくうわまわることも可能、1500もの大規模な平均値として見ても高めな給料水準であることから他業界より年収が高いと言われる理由がわかります。

理由②:一案件ごとの売り上げ規模が大きいから

広告制作にかけられる金額は規模により幅広いですが、大規模のものなら数千万円かかる案件もめずらしくはありません。

制作費用の規模から売上価格を考えてみると、正社員に戻る還元率も他業界とくらべ高水準になるのは必然です。

理由①で企業規模により給料水準が違うとお話したのは、こういった案件規模の影響が大きい要員となります。

理由③:高いだけの業務量が求められるから

年収が高い理由としてはやはり業務量も影響してきます

広告業界は忙しいイメージが強いですが、その通りで残業や休日出勤も止むなくされる場合があります。

クライアント次第で納期が狭まったり、仕様変更が何度もでたりと振り回されることも多々あるため、転職前にはある程度の忙しさも覚悟しておく必要があるでしょう。

年収アップを目指す転職者への注意点

広告業界は年収が高いことは事実でこれから年収アップを目指す転職者へはぴったりの業界ですが、注意点もいくつかあるため事前に確認しておきましょう。

企業による違い

前述でもお話しましたが年収の水準は企業によりかなりの差があります。

それは企業規模だけではなくどの工程に携わるかも重要です。

「広告業」とひとくちにいっても、広告制作にあたる企業の種類は非常に多く、広告代理店なのかマスメディアなのかマーケティング会社なのか、そして会社規模で年収は全く異なります。

広告業界だからどこでも年収が高いというわけではなため、高収入を目指すのなどんな企業が年収が高いのかを知っておくといいでしょう。

職種による違い

年収の差は職種によっても異なります。

広告業を支える職種(事務方を除く)は

  • 営業職
  • クリエイティブ職
  • マーケティング職

大きく分けて3種類ありますが、年収の高さだとインセンティブが発生しやすい営業職が一番高水準であり、同時に多忙な職種だと言えるでしょう。

その次はマーケティング職ですが、年収アップにはある程度の経験が必要となるため、未経験の転職や経験が浅い場合、スタートの年収はそこまで高くはありません。

技術重視のクリエイティブ職も待遇はマーケティング職と近しく、スキル次第な部分が大きいです。

職種を決めるのは適正・将来性なども考慮する必要があるため、年収に左右されすぎず、自身の転職軸を元に考えましょう。

うまく年収アップをしたいなら転職エージェントを上手に使おう

広告業に転職して年収アップを叶えたいけど、忙しすぎる企業へ行くのは不安…という方は転職エージェントを活用して上手な転職活動を行いましょう。

転職エージェントってどんなサービス?

転職エージェントとは無料で求人紹介・転職支援を受けられるサービスです。
近年転職エージェントは増加しており、業界特化のものからハイスキル人材専門のものまで幅広く存在します。

【転職エージェントはこんなサービスを受けられる】

  • 無料で希望に合った求人を探してもらえるから仕事の合間に求人情報が届く!
  • 苦手な人も安心!専門アドバイザーから受ける業種ごとの面接対策!
  • 入職時期や給料相談など言いづらい交渉も相談可能!

転職エージェントは「転職のプロ」であるアドバイザーが1人ずつ担当となりサポートすることがほとんどです。

転職を専門としたサービスだからこそ知っている業界ごとの特色をしっかりとマスターして内定率をアップさせましょう。

 
転職は情報が命。経験が全くない未経験業界への転職は専門性の高いアドバイザーを味方につけることが「成功の鍵」となるのです。

転職エージェントは基本のサポートに加え、年収重視のハイキャリア向けに特化したサービス、企業の特性をよく理解した転職のプロからのサポートを受けることが可能です。

「年収を上げたいけどプライベートも充実させたい」

「憧れの企業の退職率や実際の働き方ってどうなんだろう?」

こんな疑問も業界に特化したエージェントだからこそ知れる内容です。情報がなにより大切な転職活動で転職エージェントを利用しない手はありません。

利用には注意点もあるので要注意

転職エージェントは確かに便利なサービスですが、転職後その職場で働くのは自分自身です。

エージェントに任せっぱなしで入職した職場が「思っていたのと違う」と後悔しても誰も責任を取ってはくれません。

紹介された求人情報は鵜呑みにせず、気になる企業は必ず自分自身でもリサーチを行いましょう。

面接対策や書類作成も一度覚えると役に立つスキルとなるため、言われるがままではなく、自主性を忘れずにいることが大切です。

広告業界への転職にはdigireka!がおすすめ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。

経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。

  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

まとめ

今回は広告業界の年収について解説していきました。

広告業界の年収は企業の規模や立ち位置により差があり、転職する職種も左右されます。

転職するなら企業の特性と自身の転職軸をしっかり決めた上で活動をはじめると良いでしょう。

迷う方は転職エージェントも上手に活用して、満足のいく転職を叶えましょう。

合わせて読みたい

広告代理店の仕事は接待が多いというイメージが強い業種です。接待と言えば「サービス残業の様なもの」「気を使うし、お店選びも大変」などマイナスなイメージしかなく、憧れの広告代理店の仕事だとしても躊躇してしまいますね。しかしせっ[…]


転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。