転職ガイド|Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いを解説

今回は、webマーケティングとデジタルマーケティングの違いについてご紹介します。

未経験でマーケティング業界へ転職を考えたとき、この2つの違いを疑問に思う方は少なくありません。

「マーケティング業界へ転職をしたいけど仕事内容はどう違うの?」

「転職先としてどちらがおすすめ?」

本記事ではこの様な疑問に、マーケティング業界の基礎知識を専門用語を少なくして解説していきます。

マーケティングの業界への転職はdigireka!がおすすめ

マーケティング業界への転職は業界経験者がコンサルタントとして在籍している「digireka!」もおすすめです。

各分野のトッププレイヤーからサポートを受けられる、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現。

今すぐ無料の転職相談をする

ではご紹介していきましょう。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い【概念を図で解説】

まずwebマーケティングとデジタルマーケティング考え方の違いを図を使ってご説明します。

そもそもWebマーケティング・デジタルマーケティングとは、数あるマーケティングの手法の一種です。

マーケティングという大枠の中で、オンラインを介したマーケティング手法を「デジタルマーケティング」と分類します。

さらにその中で、SEOやSNSを使いWebに限定したマーケティングを行うのが「Webマーケティング」とされるのです。

どちらも今や当たり前の様にマーケティング業界へ浸透していますが、この名称が広まったのはまだ10年と経っていない新しい呼び方です。

では手法やターゲットから2つの違いを見ていきましょう。

目的

Webマーケティングとデジタルマーケティングの目的の違いは以下の様になります。

Webマーケティングは、自社サイトに訪問をしてもらいその場で購入してくれる新規ユーザーを獲得することが目的です。

そのためSEO対策やリスティング広告などを活用し、自社サイトへの流入を促すことが目的です。

一方で、デジタルマーケティングは自社サイトへの訪問はもちろん、その後サイト訪問をした顧客育成・見込み顧客の発掘も目的として含まれます。

デジタルマーケティングの方が長い目で見た目的を持つため、広義の施策が必要とされるのです。

ターゲット

次にそれぞれのターゲットについてです。

Webマーケティングは、自社のサイトに訪問した「新規顧客」が対象者となります。

名前などの顧客情報がわからない状態で、SEO対策やリスティングを行い、コンバージョンを獲得、顧客データを集め集客を行います。

それに対してデジタルマーケティングは、新規顧客だけでなく既存の「顧客育成」も目的とされるため、施策を実施するための対象者が増えます。

営業方法

Webマーケティングの営業方法は、GoogleやYahooの検索の上位を狙うSEO(検索エンジン最適化)・Web広告(リスティング広告やディスプレイ広告と言われるもの)などの施策があります。

こういった施策を組み合わせながら、顧客をWebサイトに誘導していきます。

上記に加え、デジタルマーケティングはダイレクトメールやアプリ・動画などを使って集客を行います。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い【転職先とその特徴】

Webマーケティングとデジタルマーケティングの概念と内容の違いがわかったところで「転職先としてはどちらがいいの?」という疑問を解決しましょう。

Webマーケティング企業の場合

結論として、Webマーケティングだけを事業として行う企業はあまり多くはありません。

理由としては「自社のマーケティングを行いたい」と依頼する企業からすると、必然的にデジタルマーケティングへも付随したサービスがある企業の方が需要が高いからです。

そのためWebマーケティング特化の企業は、ベンチャー企業や小規模企業を対象とした、中〜小規模の企業が多い傾向にあります。

転職後の仕事内容は、1人あたりの役割も大きく経験を積むスピードも早くなるため、キャリアアップの面でいうと同期よりも早いステップアップが踏めるのがメリットです。

しかし案件の予算感がデジタルマーケティングに比べ小さい・知識が偏るという点で、専門性が高まる反面、キャリアアップに悩む方もいるでしょう。

デジタルマーケティング企業の場合

一方、デジタルマーケティングを行う企業は幅広いため、大手〜中小企業まで様々な選択肢があり、大手でいうと博報堂・電通・セプテーニなどが例となります。

案件内容もWebマーケティングだけの領域ではないため、案件内容や予算感も大きく、総合的に経験を網羅して学ぶことができるでしょう。

しかし、領域が幅広いからこそ自身の希望する分野へ配属が叶わない場合もあります。

やりたい仕事と配属業務がことなるリスクを考えるのであれば、Webマーケティング企業の様に分野に特化した企業へ転職するのも一つの手段でしょう。

どちらの企業を選ぶにせよ、転職先に求める優先順位と将来的なキャリアプランを客観的に評価することが大切です。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い【年収】

Webマーケティング企業の場合

まずWebマーケターの年収について解説します。

求人サイトや転職市場を調査すると、Webマーケターの平均年収はおよそ300万円~800万円といったところ。

なぜそこまで幅があるのかと言うと、選ぶ業界や職能(プレイヤーか管理者か)によって異なるためです。

たとえば利益率の低い業界では、給与水準がそもそも低くなります。

反対に、利益率の高い業界であれば役職がなくても給与が高いケースもあります。

もし年収を上げたいのであれば、利益率が高い、流通規模が大きい、成長産業のWebマーケターとしてのキャリアを選んでいくと良いでしょう。

詳しくは>>Webマーケターの年収とは?職種別に徹底解説!にて詳しく解説しています。

デジタルマーケティング企業の場合

次にデジタルマーケターの年収について解説します。

求人サイトや転職市場を調査すると、デジタルマーケター平均年収はおよそ400万円~1000万円です。

こちらもWebマーケター同様に、業界や職能によって異なるので年収に幅があります。

デジタルマーケター募集と言いつつ、実態はWebマーケティングという求人も数多くあり、こういった企業の給与水準は低い傾向があるので注意しましょう。

狙い目はやはり成長産業のデジタルマーケターでしょう。

アプリや動画、サイネージ、ネットCMなど流通金額が大きい産業であれば給与水準も高い傾向があるので、そういったキャリアもおすすめです。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの転職はdigireka!がおすすめ

マーケティング業界への転職は、業界特化の転職サポートを行う「digireka!」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。

経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。

  1. マーケティング業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントはマーケティング業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

マーケティング業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

まとめ

今回はWebマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて解説しました。

未経験者からすると「Web」と「デジタル」は似たような認識で区別がつきずらいワードになるため、転職先として考えたときに困惑してしまうこともあるでしょう。

実際はマーケティングという枠の中での手法の違いであること、デジタルマーケティングの方が幅広い集客方法を使用することが違いとして挙げられます。

それぞれでキャリアプランや年収も異なるため、転職する際は混同しない様、注意が必要となるでしょう。


関連記事

どんな企業でも同じ業種の中では「あるある」というものが存在します。それは一見華やかな仕事に見える広告業界も同様で、笑い話や「本当に!?」と驚くような【あるあるエピソード】があるそうです。今回は実際に筆者が聞いたことのある広[…]

転職という選択肢が頭によぎった方へ

広告業界への転職は、業界の転職に特化した「digireka!(デジレカ)」がおすすめです。

【業界特化の転職サービス「digireka!」って?】

転職支援サービス「digireka!」は、業界経験者がコンサルタントとして在籍。経験豊富なエージェントの的確なサポートを提供する転職支援サービスです。
  1. 広告業界の転職へdigireka!がおすすめな理由

    業界特化の高い専門性を持つサービス
    エージェントは業界経験者で安心
    面談後の決定率は40%!digirekaだけが持つ非公開求人も有!

広告代理店・クリエイティブエージェンシー・アドテクベンダー等のトッププレイヤーからサポートを受けられることを強みとし、他の転職エージェントにはない「キャリア支援」を実現します。

digireka! で受けられる無料のサポートはこちら!

  • 求人紹介
  • 転職のプロによる書類添削
  • 企業の採用傾向を踏まえた面接対策(数回〜10回以上状況により対応)
  • 転職対策対策講座
  • 入職手続き・企業への交渉

広告業界は近年人気の転職先であり、競争率も高まりつつあります。

人生の転機ともなる転職を後悔のないものにするためにも、転職サポートは「digireka!」へ是非おまかせください!

最新情報をチェックしよう!
>digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)| デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka(デジレカ)」

digireka(デジレカ)は、マーケティング企業出身者や広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。